menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

スリラー映画『炎の少女チャーリー』超能力少女を描くスティーヴン・キングの傑作、ブラムハウスが新解釈

スリラー映画『炎の少女チャーリー』が、2022年6月17日(金)より公開される。

スティーヴン・キングの傑作をブラムハウスが新解釈

『炎の少女チャーリー』場面カット|写真1

スリラー映画『炎の少女チャーリー』は、『透明人間』『アス』『ゲット・アウト』など人気作を次々に生み出しているハリウッドの製作会社ブラムハウス・プロダクションズによる最新作。1984年にも映画化された、スリラーの巨匠スティーヴン・キングの傑作小説『ファイアスターター』を原作に、最新技術を駆使してリメイクした。

超能力少女映画の“原点”をリメイク

当時の天才子役ドリュー・バリモアがチャーリー役を演じた1984年公開のオリジナル版は、超能力少女映画(パイロキネシス)の“原点”とも言える作品。公開から現代にいたるまで、Netflix作品『ストレンジャー・シングス』やアーティストのミュージック・ビデオなど、様々な作品に影響を与えている。時代を超えてオマージュされる名作に、ブラムハウス・プロダクションズがどのような“新解釈”を加えたのか、注目だ。

<映画『炎の少女チャーリー』あらすじ>
アンディとヴィッキーには、生まれながらに不思議な能力を持つチャーリーという娘がいた。彼女が成長するにつれ、その能力は覚醒し始め、多感な10代を迎えるころには、感情の揺らぎに呼応するようになりチャーリー自身もコントロールできないパワーへと変化していた。

父親アンディはその能力を懸命に隠し続けようとしたが、政府の秘密組織“ザ・ショップ”はついにチャーリーの存在に気づき、軍事利用しようとスパイを差し向ける。逃亡する親子と追跡する工作員。かくしてチャーリーの特殊能力と秘密組織の壮大なバトルが繰り広げられるのだった―。彼女の持つ能力は果たして神か悪魔か…?

キャスト

■チャーリー...ライアン・キーラ・アームストロング

生まれながらに不思議な能力を持ち、戸惑いつつも次第に覚醒していく少女チャーリー。『ブラック・ウィドウ』や『トゥモロー・ウォー』といった大作で、子役として活躍するライアン・キーラ・アームストロングが抜擢された。

■アンディ...ザック・エフロン

チャーリーの父親。成長と共に自分の力を制御できなくなっていく娘を懸命に守る。『グレイテスト・ショーマン』や『テッド・バンディ』など、幅広い作品に出演するザック・エフロンが担当。

監督は『ザ・ヴィジル~夜伽~』の新鋭キース・トーマス。脚本は『ハロウィン KILLS』のスコット・ティームズが務める。

【詳細】
映画『炎の少女チャーリー』
公開日:2022年6月17日(金)
原題:Firestarter
監督:キース・トーマス
出演:ザック・エフロン、ライアン・キーラ・アームストロング、シドニー・レモン、カートウッド・スミス、ジョン・ビーズリー、マイケル・グレイアイズ、グロリア・ルーベン
原作:スティーヴン・キング「ファイアスターター」
音楽:ジョン・カーペンター、コディー・カーペンター、ダニエル・デイヴィス
製作:ジェイソン・ブラム、アキバ・ゴールズマン
製作総指揮:ライアン・テュレック、グレゴリー・レッサンズ、スコット・ティームズ、マーサ・デ・ラウレンティス、J.D.リフシッツ、ラファエル・マーグレス
提供:ユニバーサル・ピクチャーズ
配給:東宝東和

© 2022 UNIVERSAL STUDIOS. ALL Rights Reserved.

Photos(1枚)

『炎の少女チャーリー』場面カット|写真1

Photos(1枚)

『炎の少女チャーリー』場面カット|写真1

キーワードから探す

関連用語