menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

マーベル映画『ブラック・ウィドウ』アベンジャーズ衝撃のラストに繋がる!?ナターシャの過去を描く

マーベル・スタジオ最新作、映画『ブラック・ウィドウ』が、2021年7月9日(金)に公開。劇場及びディズニープラス プレミア アクセスで同時公開される。

ブラック・ウィドウ初となる単独作品

『ブラック・ウィドウ』場面カット|写真1

『ブラック・ウィドウ』は、アベンジャーズの一員 ブラック・ウィドウ(またの名をナターシャ・ロマノフ)にフォーカスを当てたファン待望の単体映画。

元ロシアのスパイであるブラック・ウィドウは、その美貌とは裏腹に、非常に優れた戦闘能力を持つ人物。スパイにして超一流の暗殺者だ。

シリーズ完結作『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、衝撃の決断をとったブラック・ウィドウだが、今回は『シビルウォー/キャプテン・アメリカ』後の時系列に物語を遡り、彼女の迫力溢れる勇姿を映し出す。

■時系列の確認はこちら

アベンジャーズ衝撃のラストはなぜ?ブラック・ウィドウの過去と秘密が明らかに

本作では、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の直後の時代、アベンジャーズから離れ、逃亡中の空白の時間にフォーカス。物語の舞台は、ブラック・ウィドウの因縁の地であるブタペストを中心に展開するという。

ブラック・ウィドウは、アイアンマンやキャプテン・アメリカ等アベンジャーズを“家族”と呼ぶほど大切にし、その一員として戦ってきたが、『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、世界を驚かせる衝撃の決断を下した。孤独な暗殺者だった彼女は、なぜアベンジャーズというヒーローになったのか?そしてなぜ、衝撃の決断にいたったのか――。

また、その決断に至るまでに、大きな影響を与えたのが、新キャラクターであり、ブラック・ウィドウの妹分とされているエレーナをはじめ彼女の過去を知る、アベンジャーズとは別のもう一つの“家族”。彼らとの再会が彼女に及ぼしたもの、再開の裏にあった何者かに仕組まれた真実が何なのか――、ブラック・ウィドウが背負い続けてきた過去と秘密を明らかにする。

最強の敵「タスクマスター」を相手に迫力アクションも

ブラック・ウィドウは“妹”エレーナとの会話から、 かつて彼女達自身も厳しい訓練を受けた“レッドルーム”がいまだ多くの女性達を鍛錬し、 洗脳状態に置いていることを知る。妹をそこに残したまま、ヒーローになった自分を後悔するブラック・ウィドウだが、“母”メリーナ、そして“父”アレクセイら“家族”との再会によってついにその過去と正面から対峙することとなる。

そんな“家族”を執拗に追うのは、“レッドルーム”が生み出した女性暗殺者集団“ウィドウズ”と、その支配者で、どんな能力でも一瞬にしてコピーしてしまう最強の敵「タスクマスター」。

黒いマスクとスーツを身にまとった正体不明、性別すら謎のこの刺客は、キャプテン・アメリカの盾を操る能力、 ホークアイの百発百中の弓の技、ブラックパンサーの爪を使った戦闘スキルをコピーし、ブラック・ウィドウに容赦なく襲い掛かる。

超人的なパワーや超強力な武器を持たないブラック・ウィドウは、頭脳を使った地上戦を得意としてきたが、本作では「タスクマスター」を相手にド派手な空中戦も繰り広げる。アベンジャーズに引けを取らない、ブラック・ウィドウの迫力満点のアクションは必見だ。

豪華キャスト集結

『ブラック・ウィドウ』場面カット|写真3

アベンジャーズを家族と呼んでいたブラック・ウィドウが、かつて大切にしていたもう一つの“家族”。主人公ブラック・ウィドウを演じるスカーレット・ヨハンソンをはじめ、豪華キャストが揃った。

主人公ブラック・ウィドウ:スカーレット・ヨハンソン

主人公ブラック・ウィドウを演じるのは、これまでのシリーズ同様スカーレット・ヨハンソン。公開されたビジュアルでは、新たなコスチュームに身を包み、力強いルックスを披露している。

なおスカーレット・ヨハンソンは「本作では人生のとても暗い場所にいるナターシャが描かれる。彼女は自分自身と格闘していて、どうしたら良いか分からずに呆然と立ち尽くしているような状況なの。そういうときこそ、人は自分自身と向き合わなければいけないのよ。」と語っている。

ブラック・ウィドウの“妹”エレーナ:フローレンス・ピュー

映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』での演技が高く評価され、第92回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたフローレンスピューが演じるのは、ブラック・ウィドウが“妹”と呼び、彼女と同等の戦闘能力を持つエレーナ。姉と久々の再会を果たすなり銃を向け合う複雑な関係だが、ユーモア溢れるやりとりには“家族の絆”が垣間見える。

天才科学者の“母”メリーナ:レイチェル・ワイズ

実力派女優レイチェル・ワイズ演じるのは、天才科学者の“母”メリーナ。彼女もブラック・ウィドウやエレーナ同様に厳しい訓練を受けた暗殺者であると同時に、2人も知らない極秘研究に携わっているといわれ、まだ多くの謎が残る存在だ。

レイチェル・ワイズは、以前、自身の役柄をブラック・ウィドウでもあると語っており、本作ではコードネームとして使われる“ブラック・ウィドウ”が複数登場するとの噂もある。そのほか、フローレンス・ピューはブラック・ウィドウと同じく“ウィドウ”と呼ばれるスパイたちではないかと推測されている。

“父”アレクセイ=レッド・ガーディアン:デヴィッド・ハーバー

“父”アレクセイ=レッド・ガーディアンを演じるのは、TV シリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のデヴィッド・ハーバー。原作コミックではロシアのキャプテン・アメリカと呼ばれる、ヒーローらしからぬぽっちゃりボティが魅力的なキャラクターだ。キャプテン・アメリカに熱いライバル心を燃やす一方、家族の再会を喜ぶユニークな側面もみせる。

監督に、ケイト・ショートランド

監督を務めるのは、ケイト・ショートランド。過去には、『さよなら、アドルフ』で第85回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した人物である。

ブラック・ウィドウ日本語版声優は米倉涼子が続投

『ブラック・ウィドウ』場面カット|写真2

Photos(3枚)

『ブラック・ウィドウ』場面カット|写真1 『ブラック・ウィドウ』場面カット|写真2 『ブラック・ウィドウ』場面カット|写真3

Photos(3枚)

『ブラック・ウィドウ』場面カット|写真1 『ブラック・ウィドウ』場面カット|写真2 『ブラック・ウィドウ』場面カット|写真3

キーワードから探す