menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

ロマン・ポランスキー最新作、映画『オフィサー・アンド・スパイ』史実に基づく歴史サスペンス

映画『オフィサー・アンド・スパイ』が、2022年6月3日(金)にTOHOシネマズ シャンテほかにて公開される。

ロマン・ポランスキー最新作、ベネチア国際映画祭銀獅子賞作品

『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真2

映画『オフィサー・アンド・スパイ』は、アカデミー賞監督賞を受賞した『戦場のピアニスト』で知られる巨匠、ロマン・ポランスキーによる最新作。第76回ベネチア国際映画祭 銀獅子賞(審査員大賞)、第45回セザール賞3部門(監督/脚色/衣装)に輝いた作品が、ついに日本に上陸する。

史実に基づく歴史サスペンス

ストーリーは、反ユダヤ感情が高まる19世紀末、フランスで実際に起きた歴史的冤罪事件“ドレフュス事件”を映画化するというもの。巨大権力と闘った男の“不屈の信念”と“命がけの逆転劇”を、壮大なスケールで描き出す歴史サスペンスだ。

機密文書の改竄、証拠捏造、世論操作...など、今の時代にも通底する権力による陰謀事件を背景に、真実と正義を貫いた人々にフィーチャーし、混沌の時代を生きる私たちに、“いかに生きるべきか”という問いを投げかける。

『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真5

<ドレフュス事件とは?>
1894年、フランス。ユダヤ系のドレフュス大尉がドイツのスパイとして終身刑に処せられる。1896年に真犯人が現れるが軍部が隠匿。これに対し小説家ゾラや知識人らが弾劾運動を展開し政治的大事件となった。1899年、ドレフュスは大統領の恩赦により釈放。1906年に無罪が確定した。2021年10月には本国で、その生涯に敬意を表するドレフュス博物館が開館。マクロン大統領も来訪し「記憶伝承の場」と世界に訴えた。

ジャン・デュジャルダンやルイ・ガレルが出演

キャストは、『アーティスト』のオスカー俳優ジャン・デュジャルダンや『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』のルイ・ガレルなど。その他にも、フランスを代表するキャストが集結している。

『オフィサー・アンド・スパイ』登場人物

『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真3

■主人公・ピカール中佐…ジャン・デュジャルダン
対敵情報活動を率いる。ドレフュスの無実を示す衝撃的な証拠を発見し、上官に対処を求めるものの、国家のスキャンダルを回避するために左遷させられてしまうが、巨大権力に抗い信念を貫こうとする。

『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真4

■ドレフュス大尉…ルイ・ガレル
ドイツのスパイと見なされ、終身刑を宣告。身に覚えのない罪で悪魔島に幽閉される。

『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真12

〈ドレフュス派〉
・ラボリ…メルヴィル・プポー:ドレフュスを救うため立ち上がる弁護士。
・ルブロワ…ヴァンサン・ペレーズ:軍の中で孤立していくピカールを支える友人であり、弁護士。やり手の弁護士としてエミール・ゾラらを救おうと奔走する。

『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真15

〈反ドレフュス派〉
・ベルティヨン…マチュー・アマルリック:ドレフュス有罪の証拠とされた密書の鑑定人を務めた筆跡鑑定家。
・アンリ少佐…グレゴリー・ガドゥボワ:偽の証拠でドレフュスを貶め、ピカールと決闘に挑む。

Photos(19枚)

『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真2 『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真3 『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真4 『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真5 『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真6 『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真7 『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真8 『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真9 『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真10 『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真11 『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真12 『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真13 『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真14 『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真15 『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真16 『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真17 『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真18 『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真19 『オフィサー・アンド・スパイ』場面カット|写真20

キーワードから探す