menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『月の満ち欠け』直木賞受賞の恋愛小説を実写化、⼤泉洋×有村架純×⽬⿊蓮×柴咲コウ

直⽊賞受賞の小説『⽉の満ち⽋け』が実写映画化。⼤泉洋を主演に迎え、2022年12月2日(金)に公開される。

直⽊賞受賞作品『⽉の満ち⽋け』が実写映画化

『月の満ち⽋け』場面カット|写真2

『⽉の満ち⽋け』は、2017年に第157回直⽊賞を受賞した、累計発⾏部数26万部を超えるベストセラー⼩説。1983年『永遠の1/2』で第7回すばる⽂学賞を受賞して作家デビューしてから、『ジャンプ』『Y』『⾝の上話』など数々の名作を⽣み出し、2021年は『鳩の撃退法』の映画化でも話題となった佐藤正午による珠⽟のラブストーリーだ。

<映画『⽉の満ち⽋け』あらすじ>
⽣まれ変わっても、あなたに逢いたい―――

⼩⼭内堅は、愛する妻・梢と家庭を築き、仕事も順調、どこから⾒ても順⾵満帆だった。だが、不慮の事故で梢と娘・瑠璃を同時に失ったことで幸せな⽇常は⼀変。深い悲しみに沈む⼩⼭内のもとに、三⾓哲彦と名乗る男が訪ねてくる。事故のあった⽇、⼩⼭内の娘・瑠璃が⾯識のないはずの⾃分に会いに来ようとしていたという。そして、彼⼥と同じ名前をもち、⾃分がかつて愛した“瑠璃”という⼥性について語りだす。それは数⼗年の時を超えて明かされる、はかなくも鮮烈な、許されざる恋の物語だった。⼀⾒何の関係もない夫婦とかつての恋⼈たち。その⼆組をつなぐ、誰も想像もしえなかった数奇で壮⼤な愛の軌跡とは――。

主演は⼤泉洋、有村架純・⽬⿊蓮・柴咲コウも出演

『月の満ち⽋け』場面カット|写真1

■主⼈公・⼩⼭内堅...⼤泉洋

愛する妻⼦を失い、幸せな⽇常から⼀転、数奇な運命に巻き込まれる主⼈公。主演を務めるのは、俳優として、NHK⼤河ドラマ「鎌倉殿の13⼈」、映画『騙し絵の⽛』、NETFLIX作品「浅草キッド」など多数の作品に出演する傍ら、2年連続NHK紅⽩歌合戦の司会を務めるなど、国民的人気を獲得している⼤泉洋。主⼈公の28歳から55歳を演じるという難しい役どころに挑む。

■正⽊瑠璃...有村架純

⼩⼭内の娘と同じ名前を持つ謎の⼥性。演じるのは、『花束みたいな恋をした』『前科者』『映画 太陽の子』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』など、話題作への出演が絶えない有村架純

■三⾓哲彦...⽬⿊蓮(Snow Man)

正⽊瑠璃と許されざる恋に落ちる⼤学⽣。Snow Man(スノーマン)の⽬⿊蓮が担当する。⽬⿊蓮は『おそ松さん』の公開も控えるが、グループとしてではなく、ソロでの映画出演は『⽉の満ち⽋け』が初。⼀途に⼀⼈の⼥性を愛す20歳の⼤学⽣と、39歳の⼤⼈になった姿を、フレッシュな演技で魅せる。

■⼩⼭内梢...柴咲コウ

⼩⼭内の最愛の妻。深い愛を持って家族を⾒守るが、数年前に事故で他界してしまう。演じるのは、『ホリック xxxHOLiC』『沈黙のパレード』が待機している柴咲コウ。⼤泉洋との共演は3度目のタッグとなる。

監督は廣⽊隆⼀×脚本は橋本裕志

監督は、『ストロボエッジ』『余命⼀か⽉の花嫁』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の廣⽊隆⼀。脚本は『ビリギャル』『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』『そして、バトンは渡された』の橋本裕志が務める。

【詳細】
映画『⽉の満ち⽋け』
公開時期:2022年12月2日(金)
原作:佐藤正午「⽉の満ち⽋け」(岩波書店刊)
出演:⼤泉洋、有村架純、⽬⿊蓮(Snow Man)、柴咲コウ
監督:廣⽊隆⼀
脚本:橋本裕志
製作:「⽉の満ち⽋け」製作委員会
配給:松⽵株式会社

©2022「⽉の満ち⽋け」製作委員会

Photos(2枚)

『月の満ち⽋け』場面カット|写真1 『月の満ち⽋け』場面カット|写真2

Photos(2枚)

『月の満ち⽋け』場面カット|写真1 『月の満ち⽋け』場面カット|写真2

キーワードから探す