menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

池田亮司の大規模展覧会、弘前れんが倉庫美術館で - 映像と音響が交わる没入型作品を展開

青森の弘前れんが倉庫美術館では、2022年度 春夏プログラム「池田亮司展」を、2022年4月16日(土)から8月28日(日)まで開催する。

池田亮司の大規模展覧会

池田亮司《data-verse 1》2019年
Courtesy of the Artist and Audemars Piguet
Photo: Julien Gremaud  ©Ryoji Ikeda
池田亮司《data-verse 1》2019年
Courtesy of the Artist and Audemars Piguet
Photo: Julien Gremaud ©Ryoji Ikeda

池田亮司は、1966年に生まれ、現在はフランス・パリと日本を拠点に活動する作曲家・アーティストだ。電子音楽の作曲を起点としつつ、音、イメージ、物質ばかりでなく、物理現象や数学的概念などの要素を精緻に構成することで、鑑賞者の感覚を揺さぶる没入型の作品を展開してきた。

2000年以降、池田はデータを主題とする表現を模索しており、とりわけDNA情報や素粒子、宇宙といった科学領域のデータに着目して作品に取り入れてきた。たとえば「data-verse」シリーズでは、NASAをはじめとする科学機関の公開データを収集し、加工・変換などの操作を経て構成された作品が、高解像度映像として展示室内に投影される。このように池田は、視覚的・聴覚的に体感できる作品によって、普段は意識されない膨大なデータの世界へと鑑賞者を誘う。

池田亮司《point of no return》2018年
Courtesy of Taipei Fine Arts Museum, 2019
Photo: LU Kuo-wei  ©TFAM
池田亮司《point of no return》2018年
Courtesy of Taipei Fine Arts Museum, 2019
Photo: LU Kuo-wei ©TFAM

弘前れんが倉庫美術館の「池田亮司展」は、2009年以来となる国内美術館での大規模展覧会。高さ15mの吹き抜けの大空間にプロジェクションを行うなど、煉瓦倉庫を改修した弘前れんが倉庫美術館ならではの建築空間と作品が共鳴・共振する展示を展開し、池田の活動を概観してゆく。

展覧会概要

2022年度 春夏プログラム「池田亮司展」
会期:2022年4月16日(土)〜8月28日(日)
会場:弘前れんが倉庫美術館
住所:青森県弘前市吉野町2-1
開館時間:9:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:火曜日(4月26日(火)、5月3日(火・祝)、8月2日(火)は開館)
観覧料:一般 1,300円(1,200円)、大学生・専門学校生 1,000円(900円)
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下、弘前市内の留学生、満65歳以上の弘前市民、ひろさき多子家族応援パスポートの所持者、障がい者と付添者1名は無料

【問い合わせ先】
弘前れんが倉庫美術館
TEL:0172-32-8950

Photos(2枚)

池田亮司の大規模展覧会、弘前れんが倉庫美術館で - 映像と音響が交わる没入型作品を展開|写真1 池田亮司の大規模展覧会、弘前れんが倉庫美術館で - 映像と音響が交わる没入型作品を展開|写真2

Photos(2枚)

池田亮司の大規模展覧会、弘前れんが倉庫美術館で - 映像と音響が交わる没入型作品を展開|写真1 池田亮司の大規模展覧会、弘前れんが倉庫美術館で - 映像と音響が交わる没入型作品を展開|写真2

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット