menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

エドガー・ライト初のドキュメンタリー映画『スパークス・ブラザーズ』謎多きバンドの真実に迫る

エドガー・ライト監督、初のドキュメンタリー映画『スパークス・ブラザーズ』が、2022年4月8日(金)に公開される。

エドガー・ライト初のドキュメンタリー映画

スパークスとエドガー・ライト監督
スパークスとエドガー・ライト監督

映画『スパークス・ブラザーズ』は、『ベイビー・ドライバー』『ラストナイト・イン・ソーホー』で知られるエドガー・ライト監督の最新作にして、初のドキュメンタリー映画。題材となるのは、兄ロンと弟ラッセルのメイル兄弟からなるポップバンド、スパークスだ。

謎多きバンド・スパークスの真実に迫る

『スパークス・ブラザーズ』場面カット|写真1

スパークスと言えば、日本でも根強い支持を得る人気ポップバンド。直近では、2022年4月1日(金)公開のレオス・カラックス監督最新作『アネット』で原案・音楽を務めたことも話題となったが、いまだ謎の多いバンドでもある。

『スパークス・ブラザーズ』場面カット|写真2

そんなスパークスが、デビューから半世紀に渡って歩んできた道筋を明らかにするのが、映画『スパークス・ブラザーズ』。メンバーのロン&メイルや豪華アーティストたちのインタビュー、貴重なアーカイブ映像と共に、スパークスの真実に迫る。

豪華アーティスト80組がスパークスを語る

スパークスの魅力を語るのは、グラミー賞アーティストのベックや、スパークスとコラボレーションも果たしたフランツ・フェルディナンドのフロントマン アレックス・カプラノス、2021年にロックの殿堂入りを果たしたトッド・ラングレン、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシスト・フリーなど80組ものアーティスト。2021年12月に日本最後の劇場ロードショーでも話題となった『ダンサー・イン・ザ・ダーク』で主演を務めるアイスランド出身歌手ビョークも、声で出演する。

“熱狂的ファン”エドガー・ライト監督本人も出演

エドガー・ライト監督本人も、“FANBOY(熱狂的ファン)”としてインタビュー出演。「初めて彼らを知ったのは1979年の活動期間だ。トップ・オブ・ザ・ポップス(BBCでOAされていた生放送音楽番組)で見た。シンプルでダイナミックだった。ラッセルは歌、ロンはシンセで当時流行の髪形でプレーしていたのを覚えている」と当時テレビ越しにうけた衝撃を語っている。

また、エドガー・ライトは、オフィシャルインタビューにて「危機が何度も訪れたけどスパークスは運に頼らず才能で乗り切ったんだ。もうダメだというギリギリの場面で、2 人の飽くなき熱意に心動かされた人に助けられもした。自分たちの手で、スパークスは自分たちを何度も生まれ変わらせてきたんだ。意志の力だけでソレをやり遂げ続ける2 人に引き付けられてやまないよ!」ともコメント。熱狂的ファンである彼が、スパークスが辿ってきた道のりをどのように切り取るのか、注目したい。

各映画賞で高評価

『スパークス・ブラザーズ』場面カット|写真4

映画『スパークス・ブラザーズ』は、2021年サンダンス映画祭でワールドプレミアを飾り、海外の批評家から高い評価を得た。ハリウッド映画批評家協会賞ドキュメンタリー映画賞にノミネートされたほか、5つの映画賞のドキュメンタリー映画部門にノミネートされている。(シカゴ映画批評家協会賞/ラスヴェガス映画批評家協会賞/デトロイト映画批評家協会賞/ポトランド映画批評家協会賞/フェニックス・オンライン映画批評家協会賞)

【詳細】
映画『スパークス・ブラザーズ』
公開日:2022年4月8日(金)
監督:エドガー・ライト
出演:スパークス(ロン・メイル、ラッセル・メイル)、ベック、アレックス・カプラノス、トッド・ラングレン、フリー、ビョーク、エドガー・ライト
※ビョークは声の出演。
原題:The Sparks Brothers
配給:パルコ ユニバーサル映画
宣伝:スキップ

© 2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

Photos(8枚)

『スパークス・ブラザーズ』場面カット|写真1 『スパークス・ブラザーズ』場面カット|写真2 『スパークス・ブラザーズ』場面カット|写真3 『スパークス・ブラザーズ』場面カット|写真4 『スパークス・ブラザーズ』場面カット|写真5 『スパークス・ブラザーズ』場面カット|写真6 『スパークス・ブラザーズ』場面カット|写真7 『スパークス・ブラザーズ』場面カット|写真8

Photos(8枚)

キーワードから探す