menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

21_21 DESIGN SIGHT“100年後の世界”を考える展覧会 - 未来への多彩な視座を紹介

企画展「2121年 Futures In-Sight」展が、東京の21_21 DESIGN SIGHTにて、2021年12月21日(火)から2022年5月8日(日)まで開催される。

“未来を考える”多彩な視座を可視化

「Future Compass」(デザイン:上西祐理/撮影:秋山まどか)
「Future Compass」(デザイン:上西祐理/撮影:秋山まどか)

企画展「2121年 Futures In-Sight」展は、100年後の未来を思い描くとともに、現在を生きる人びとの所作や創り出すものに内在する未来への視座を、デザイナーやアーティスト、思想家、エンジニア、研究者など、多様な参加者とともに可視化してゆく展覧会だ。

廣川玉枝「SOMARTA KIMONO COUTURE Collection」
廣川玉枝「SOMARTA KIMONO COUTURE Collection」
©SOMA DESIGN

テクノロジーと未来にまつわる書籍や雑誌を手がけてきた編集者・松島倫明をディレクターに迎える本展には、多岐にわたるジャンルの作家が参加。グラフィックデザイナーの佐藤卓やプロダクトデザイナーの深澤直人、アートコレクティブのHUMAN AWESOME ERROR、ソマルタ(SOMARTA)を手がける廣川玉枝、「食」による表現を試みるアーティストの諏訪綾子らの名前が連なる。

佐藤卓「循環商品(仮題)」
佐藤卓「循環商品(仮題)」

本展では、「Future Compass(未来の羅針盤)」というツールを契機に、「未来」を考えるという姿勢自体を提示。身近な存在からまだ見ぬ他者、それらをめぐるさまざまな時間軸を考えるなかで生まれた多彩な視座を集め、ひとつには収束しない“複数形の未来”について考察してゆく。

展覧会概要

企画展「2121年 Futures In-Sight」展
会期:2021年12月21日(火)〜2022年5月8日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1・2
住所:東京都港区赤坂 9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
開館時間:10:00〜19:00(入場は18:30まで)
休館日:火曜日(12月21日(火)、5月3日(火・祝)は開館)、年末年始(12月28日(火)〜1月4日(火))
入館料:一般 1,200円、大学生 800円、高校生 500円、中学生以下 無料
※入場予約制の可能性あり

■参加作家
青木竜太、安藤瑠美、e-lamp.(山本愛優美)、石川凜、we+、evala、大塚桃奈(WHY)、岡崎智弘、岡島礼奈、木原共、Qosmo × 朝日新聞社メディア研究開発センター、佐藤卓、Synflux、諏訪綾子、生環境構築史、東京藝術大学 Sputniko! Lab(M2 岩藤愛実)、長嶋りかこ、PARTY、HUMAN AWESOME ERROR、廣川玉枝、深澤直人、舩橋真俊、Placy、細尾真孝、mui Lab ほか

【問い合わせ先】
21_21 DESIGN SIGHT
TEL:03-3475-2121

Photos(6枚)

21_21 DESIGN SIGHT“100年後の世界”を考える展覧会 - 未来への多彩な視座を紹介|写真1 21_21 DESIGN SIGHT“100年後の世界”を考える展覧会 - 未来への多彩な視座を紹介|写真2 21_21 DESIGN SIGHT“100年後の世界”を考える展覧会 - 未来への多彩な視座を紹介|写真3 21_21 DESIGN SIGHT“100年後の世界”を考える展覧会 - 未来への多彩な視座を紹介|写真4 21_21 DESIGN SIGHT“100年後の世界”を考える展覧会 - 未来への多彩な視座を紹介|写真5 21_21 DESIGN SIGHT“100年後の世界”を考える展覧会 - 未来への多彩な視座を紹介|写真6

Photos(6枚)

21_21 DESIGN SIGHT“100年後の世界”を考える展覧会 - 未来への多彩な視座を紹介|写真1 21_21 DESIGN SIGHT“100年後の世界”を考える展覧会 - 未来への多彩な視座を紹介|写真2 21_21 DESIGN SIGHT“100年後の世界”を考える展覧会 - 未来への多彩な視座を紹介|写真3 21_21 DESIGN SIGHT“100年後の世界”を考える展覧会 - 未来への多彩な視座を紹介|写真4 21_21 DESIGN SIGHT“100年後の世界”を考える展覧会 - 未来への多彩な視座を紹介|写真5 21_21 DESIGN SIGHT“100年後の世界”を考える展覧会 - 未来への多彩な視座を紹介|写真6

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

展覧会「バンクシーって誰?展」東京・大阪ほかで、世界各地のストリートアート再現&コレクター秘蔵作品も
2021.8.21(土)~2021.12.5(日)
展覧会「バンクシーって誰?展」東京・大阪ほかで、世界各地のストリートアート再現&コレクター秘蔵作品も
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
2021.12.7(火)~2022.1.30(日)
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
彫刻家・横溝美由紀の個展、ポーラ ミュージアム アネックスで - 半透明の彫刻インスタレーションなどを展示
2021.12.10(金)~2022.1.30(日)
彫刻家・横溝美由紀の個展、ポーラ ミュージアム アネックスで - 半透明の彫刻インスタレーションなどを展示
菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点
2021.12.18(土)~2022.2.20(日) 開催予定
菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点
〈2022年〉東京・神奈川など関東おすすめ展覧会スケジュール、美術館&博物館のアート展情報
〈2022年〉東京・神奈川など関東おすすめ展覧会スケジュール、美術館&博物館のアート展情報

スケジュール

特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
2021.12.4(土)~2022.2.6(日)
特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
2021.12.7(火)~2021.12.19(日)
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
2021.12.7(火)~2022.1.30(日)
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
2021.12.7(火)~2022.2.20(日)
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
スタジオジブリの原点を辿る「アニメージュとジブリ展」宮城・大阪などで、“編集者”鈴木敏夫の仕事に迫る
2021.12.9(木)~2022.1.10(月)
スタジオジブリの原点を辿る「アニメージュとジブリ展」宮城・大阪などで、“編集者”鈴木敏夫の仕事に迫る
 スケジュール一覧