menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. トピック

「チームラボフォレスト 福岡」館内デジタルアートが冬仕様に、冬色に輝く“つぶつぶ”アートなど

チームラボ(teamLab)の常設ミュージアム「チームラボフォレスト 福岡 - SBI証券」は、冬限定の展示を2021年11月20日(土)よりスタートする。

「チームラボフォレスト」の作品が“冬仕様”に

「チームラボフォレスト 福岡」館内デジタルアートが冬仕様に、冬色に輝く“つぶつぶ”アートなど|写真1

チームラボが手がけるミュージアム「チームラボフォレスト」は、自らの身体で探索し、発見して楽しむ“学びの空間”の「捕まえて集める森」と、身体ごと没入して楽しめる「運動の森」から構成されるインタラクティブアートのミュージアム。

「チームラボフォレスト 福岡」館内デジタルアートが冬仕様に、冬色に輝く“つぶつぶ”アートなど|写真2

コンピュータプログラムによってリアルタイムで更新・変化を続けるチームラボの作品は、季節ごとに様相が変わるのが特徴の1つ。「チームラボフォレスト」館内の多彩な作品が、冬季限定で冬の演出や色彩に切り替わる。

冬の色彩をまとった“つぶつぶ”のインタラクティブアートなど

ふわふわな地形のつぶつぶの地層 - A Whole Year per Year / <i>Soft Terrain and Granular Topography - A Whole Year per Year</i>
teamLab, 2020-, Interactive Digital Installation, Sound: teamLab
ふわふわな地形のつぶつぶの地層 - A Whole Year per Year / Soft Terrain and Granular Topography - A Whole Year per Year
teamLab, 2020-, Interactive Digital Installation, Sound: teamLab

《ふわふわな地形のつぶつぶの地層 - A Whole Year per Year》は、様々な色の粒が降り注ぎ、重なり合って地層模様を描いていく作品。人がいる場所に向けて粒が集まり、歩くと粒が弾けて混ざり地層模様が変化していく。インタラクティブな動きを見せる無数の“つぶつぶ”が冬の色彩をまとい、季節と連動した雰囲気を作り出していく。

群蝶、儚い命 - A Whole Year per Year / <i>Flutter of Butterflies, Ephemeral Life - A Whole Year per Year</i>
teamLab, 2020, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
群蝶、儚い命 - A Whole Year per Year / Flutter of Butterflies, Ephemeral Life - A Whole Year per Year
teamLab, 2020, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

また、群蝶が季節ごとに色を変えながら舞う《群蝶、儚い命 - A Whole Year per Year》も冬の色彩に。プログラムによって随時描かれ続けているため、瞬間ごとに変化を続けており、見る度に異なる表情や空間に出会うことのできる作品だ。

冬の花で形作った動物たちのアート

花と共に生きる動物たち II - A Whole Year per Year / <i>Animals of Flowers, Symbiotic Lives II - A Whole Year per Year</i>
teamLab, 2019, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi
花と共に生きる動物たち II - A Whole Year per Year / Animals of Flowers, Symbiotic Lives II - A Whole Year per Year
teamLab, 2019, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

さらに、色鮮やかな花々がうつろいながら咲き、動物たちを形作っていく《うごめく谷の花と共に生きる生き物たち - A Whole Year per Year》や《花と共に生きる動物たち II - A Whole Year per Year》は、登場する花々を冬の花に一新。神秘的な世界観を体感することができる。

【詳細】
チームラボフォレスト 冬限定展示
展開開始日:2021年11月20日(土)~
場所:チームラボフォレスト 福岡 - SBI証券
住所:福岡県福岡市中央区地行浜2-2-6 ボス イーゾ フクオカ 5階(福岡PayPayドーム隣)
料金:おとな(高校生以上) 2,200円、こども(中学生以下) 800円
※保護者同伴に限り3歳以下無料
※別途団体割引と障がい者割引料金あり
チケット取り扱い:ボス イーゾ フクオカ公式ホームページ

Photos(7枚)

「チームラボフォレスト 福岡」館内デジタルアートが冬仕様に、冬色に輝く“つぶつぶ”アートなど|写真1 「チームラボフォレスト 福岡」館内デジタルアートが冬仕様に、冬色に輝く“つぶつぶ”アートなど|写真2 「チームラボフォレスト 福岡」館内デジタルアートが冬仕様に、冬色に輝く“つぶつぶ”アートなど|写真3 「チームラボフォレスト 福岡」館内デジタルアートが冬仕様に、冬色に輝く“つぶつぶ”アートなど|写真4 「チームラボフォレスト 福岡」館内デジタルアートが冬仕様に、冬色に輝く“つぶつぶ”アートなど|写真5 「チームラボフォレスト 福岡」館内デジタルアートが冬仕様に、冬色に輝く“つぶつぶ”アートなど|写真6 「チームラボフォレスト 福岡」館内デジタルアートが冬仕様に、冬色に輝く“つぶつぶ”アートなど|写真7

Photos(7枚)

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

「大阪中之島美術館」2022年2月に開館 - 近代・現代美術を中心に6,000点超の作品を所蔵
2022.2.2(水) オープン予定
「大阪中之島美術館」2022年2月に開館 - 近代・現代美術を中心に6,000点超の作品を所蔵
企画展「ミニマル/コンセプチュアル」愛知県美術館で、60-70年代の美術動向を18作家の活動から紹介
2022.1.22(土)~2022.3.13(日)
企画展「ミニマル/コンセプチュアル」愛知県美術館で、60-70年代の美術動向を18作家の活動から紹介
特別展「よみがえる正倉院宝物」サントリー美術館で、忠実に再現された琵琶や調度品など約70件
2022.1.26(水)~2022.3.27(日)
特別展「よみがえる正倉院宝物」サントリー美術館で、忠実に再現された琵琶や調度品など約70件
国立国際美術館「感覚の領域 今、「経験する」ということ」“多様な感覚”に着目し、7人の現代美術家を紹介
2022.2.8(火)~2022.5.22(日) 開催予定
国立国際美術館「感覚の領域 今、「経験する」ということ」“多様な感覚”に着目し、7人の現代美術家を紹介
“ダニエル・アーシャム×ポケモン”東京5会場で展覧会 - ショートアニメや彫刻、ペインティングも
2022.2.5(土)~2022.2.26(土) 開催予定
“ダニエル・アーシャム×ポケモン”東京5会場で展覧会 - ショートアニメや彫刻、ペインティングも

スケジュール

堀清英の写真展が銀座シャネル・ネクサス・ホールで、アレン・ギンズバーグ着想の作品や初公開の新作など
2022.1.19(水)~2022.2.20(日)
堀清英の写真展が銀座シャネル・ネクサス・ホールで、アレン・ギンズバーグ着想の作品や初公開の新作など
企画展「シンガポール・スタイル1850-1950」福岡で、東南アジアで開花したファッションの変遷
2022.1.19(水)~2022.3.27(日)
企画展「シンガポール・スタイル1850-1950」福岡で、東南アジアで開花したファッションの変遷
展覧会「THE HEROES ⼑剣×浮世絵」東京ほかで、ボストン美術館所蔵の武者絵&名⼑を一挙公開
2022.1.21(金)~2022.3.25(金)
展覧会「THE HEROES ⼑剣×浮世絵」東京ほかで、ボストン美術館所蔵の武者絵&名⼑を一挙公開
「ムーミンコミックス展」長崎県美術館で、トーベ・ヤンソンのスケッチや弟ラルスの原画など約280点
2022.1.21(金)~2022.3.27(日)
「ムーミンコミックス展」長崎県美術館で、トーベ・ヤンソンのスケッチや弟ラルスの原画など約280点
企画展「ミニマル/コンセプチュアル」愛知県美術館で、60-70年代の美術動向を18作家の活動から紹介
2022.1.22(土)~2022.3.13(日)
企画展「ミニマル/コンセプチュアル」愛知県美術館で、60-70年代の美術動向を18作家の活動から紹介
 スケジュール一覧