menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

東京都写真美術館「日本の新進作家」展 - 身体・土地・記憶の関係に着目、山元彩香や潘逸舟ら5組が出品

東京都写真美術館では、展覧会「記憶は地に沁み、風を越え 日本の新進作家 vol. 18」を、2021年11月6日(土)から2022年1月23日(日)まで開催する。

身体、土地と風景、記憶の関係性

山元彩香《Untitled #286, Mzimba, Malawi》〈We are Made of Grass, Soil, Trees, and Flowers〉より 2019年
山元彩香《Untitled #286, Mzimba, Malawi》〈We are Made of Grass, Soil, Trees, and Flowers〉より 2019年
© Yamamoto Ayaka, courtesy of Taka Ishii Gallery Photography/ Film

写真・映像分野の新進作家を紹介している「日本の新進作家」展。その18回目となる本展では、「記憶は地に沁み、風を越え」をテーマに、身体、土地と風景、そしてその記憶が取り結ぶ関係性を多彩な視点から探る作家5組6人を取り上げる。

5組6人の作家が出品

吉田志穂〈砂の下の鯨〉より 2016年
吉田志穂〈砂の下の鯨〉より 2016年
©Yoshida Shiho, courtesy of Yumiko Chiba Associates

本展に出品するのは、吉田志穂、潘逸舟小森はるか+瀬尾夏美、池田宏、山元彩香。吉田志穂は、インターネットでの画像検索によって場所をリサーチし、実際にその場所に訪れて撮影するというデジタルとアナログを往来する手法によって、風景やイメージの多層的な時空間を表現している。潘逸舟は、自身のパフォーマンスによる映像などを通して、他者と自己の関係性を探求してきた。

小森はるか+瀬尾夏美《山つなみ、雨間の語らい》2021年 インスタレーション
小森はるか+瀬尾夏美《山つなみ、雨間の語らい》2021年 インスタレーション
©Komori Haruka+Seo Natsumi

また、アートユニットの小森はるか+瀬尾夏美は、2011年3月、東北の被災地にボランティアとして赴いたことを契機に活動を開始し、自然災害とそこに暮らす人びと、そしてその伝承や語りを作品化してきた。

池田宏《Coppe, 千歳市 2015年9月》〈AINU〉より 2015年
池田宏《Coppe, 千歳市 2015年9月》〈AINU〉より 2015年
©Ikeda Hiroshi

池田宏は10年以上にわたってアイヌの人びとを撮影しており、先住民族という類型化では語ることができない個人の姿を捉えている。さらに山元彩香は、馴染みのない国や地域に赴き、そこで出会った少女を撮影し、その身体に潜む土地の記憶や身体の空虚さを捉えようと試みてきた。

土地・風景や他者との関わりを探る

潘逸舟《トウモロコシ畑を編む》2021年 2チャンネルヴィデオ
潘逸舟《トウモロコシ畑を編む》2021年 2チャンネルヴィデオ
©Han Ishu, courtesy of ANOMALY

グローバル化とボーダーレス化の様相が変容し続ける社会においても、歴史や風習、伝承など、それぞれの地域や土地がもつ記憶はさまざまな形で残り続ける。その一方で人びとの想いは、ときに風のごとく軽やかにあらゆる境界を超えて、他者と向き合うことへと誘う。本展では、そうしたなかで土地や風景とどのように対話し、他者といかにして関わりあうことができるのかを考えることができそうだ。

展覧会概要

展覧会「記憶は地に沁み、風を越え 日本の新進作家 vol. 18」
会期:2021年11月6日(土)〜2022年1月23日(日)
会場:東京都写真美術館 3階展示室
住所:東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
開館時間:10:00〜18:00(木・金曜日は20:00まで)
※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日(月曜日が祝休日の場合開館し、翌平日休館)、年末年始(12月28日(火)〜1月4日(火)、ただし1月2日(日)・3日(月)は臨時開館)
観覧料:一般 700円、大学・専門学校生 560円、中高生・65歳以上 350円
※小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害者手帳の所持者と介護者(2名まで)は無料
※1月2日(日)・3日(月)は無料、開館記念日のため1月21日(金)は無料
※オンラインによる事前予約が可能(詳細は美術館ホームページを参照)
※内容は変更となる場合あり(最新情報については美術館ホームページを確認のこと)

■出品作家
吉田志穂、潘逸舟、小森はるか+瀬尾夏美、池田宏、山元彩香

【問い合わせ先】
東京都写真美術館
TEL:03-3280-0099

Photos(6枚)

東京都写真美術館「日本の新進作家」展 - 身体・土地・記憶の関係に着目、山元彩香や潘逸舟ら5組が出品|写真1 東京都写真美術館「日本の新進作家」展 - 身体・土地・記憶の関係に着目、山元彩香や潘逸舟ら5組が出品|写真2 東京都写真美術館「日本の新進作家」展 - 身体・土地・記憶の関係に着目、山元彩香や潘逸舟ら5組が出品|写真3 東京都写真美術館「日本の新進作家」展 - 身体・土地・記憶の関係に着目、山元彩香や潘逸舟ら5組が出品|写真4 東京都写真美術館「日本の新進作家」展 - 身体・土地・記憶の関係に着目、山元彩香や潘逸舟ら5組が出品|写真5 東京都写真美術館「日本の新進作家」展 - 身体・土地・記憶の関係に着目、山元彩香や潘逸舟ら5組が出品|写真6

Photos(6枚)

東京都写真美術館「日本の新進作家」展 - 身体・土地・記憶の関係に着目、山元彩香や潘逸舟ら5組が出品|写真1 東京都写真美術館「日本の新進作家」展 - 身体・土地・記憶の関係に着目、山元彩香や潘逸舟ら5組が出品|写真2 東京都写真美術館「日本の新進作家」展 - 身体・土地・記憶の関係に着目、山元彩香や潘逸舟ら5組が出品|写真3 東京都写真美術館「日本の新進作家」展 - 身体・土地・記憶の関係に着目、山元彩香や潘逸舟ら5組が出品|写真4 東京都写真美術館「日本の新進作家」展 - 身体・土地・記憶の関係に着目、山元彩香や潘逸舟ら5組が出品|写真5 東京都写真美術館「日本の新進作家」展 - 身体・土地・記憶の関係に着目、山元彩香や潘逸舟ら5組が出品|写真6

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

展覧会「バンクシーって誰?展」東京・大阪ほかで、世界各地のストリートアート再現&コレクター秘蔵作品も
2021.8.21(土)~2021.12.5(日)
展覧会「バンクシーって誰?展」東京・大阪ほかで、世界各地のストリートアート再現&コレクター秘蔵作品も
東京都内人気アフタヌーンティー&スイーツビュッフェ[高級ホテル編]おすすめイベント情報カレンダー
東京都内人気アフタヌーンティー&スイーツビュッフェ[高級ホテル編]おすすめイベント情報カレンダー
池内晶子の個展が府中市美術館で - 絹糸をつないでつくる、しなやかで繊細な空間
2021.12.18(土)~2022.2.27(日) 開催予定
池内晶子の個展が府中市美術館で - 絹糸をつないでつくる、しなやかで繊細な空間
彫刻家・横溝美由紀の個展、ポーラ ミュージアム アネックスで - 半透明の彫刻インスタレーションなどを展示
2021.12.10(金)~2022.1.30(日)
彫刻家・横溝美由紀の個展、ポーラ ミュージアム アネックスで - 半透明の彫刻インスタレーションなどを展示
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
2021.12.7(火)~2022.2.20(日)
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開

スケジュール

国立歴史民俗博物館「冬の華・サザンカ」日本の園芸文化を象徴する伝統植物“サザンカ”約140品種
2021.11.30(火)~2022.1.30(日)
国立歴史民俗博物館「冬の華・サザンカ」日本の園芸文化を象徴する伝統植物“サザンカ”約140品種
「ディズニー キャッツ&ドッグス展」松屋銀座で、“犬&猫”の名作アニメーション原画など300点以上
2021.12.1(水)~2021.12.25(土)
「ディズニー キャッツ&ドッグス展」松屋銀座で、“犬&猫”の名作アニメーション原画など300点以上
東海最大規模の万華鏡展「ザ万華鏡」名古屋栄三越で、LEDライトを使った万華鏡など作品400点以上
2021.12.1(水)~2021.12.6(月)
東海最大規模の万華鏡展「ザ万華鏡」名古屋栄三越で、LEDライトを使った万華鏡など作品400点以上
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」神戸&東京で - リアルな“金魚”超絶技巧アート、作品約300点を紹介
2021.12.2(木)~2022.1.31(月)
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」神戸&東京で - リアルな“金魚”超絶技巧アート、作品約300点を紹介
「GENKYO 横尾忠則」東京都現代美術館で - 最大規模の個展、絵画など500点以上から探る全貌
2021.12.4(土)~2022.1.23(日)
「GENKYO 横尾忠則」東京都現代美術館で - 最大規模の個展、絵画など500点以上から探る全貌
 スケジュール一覧