menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展」パナソニック汐留美術館で、近現代作家137名の陶芸作品を紹介

展覧会「未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展」が、東京のパナソニック汐留美術館にて、2022年1月15日(土)から3月21日(月・祝)まで開催される。

近現代作家による陶芸作品を一挙紹介

松井康成《練上嘯裂文大壺》1979年 茨城県陶芸美術館蔵
松井康成《練上嘯裂文大壺》1979年 茨城県陶芸美術館蔵

日本の工芸技術「陶芸」は、時代とともに技法や表現が多様化し、現代に至るまで多岐にわたる展開を遂げてきた。とりわけ昭和戦後期以降には陶芸家の創作活動が活発化し、意欲的な作品が次々と発表されている。

和田的《白器 ダイ/台》2017年 茨城県陶芸美術館蔵
和田的《白器 ダイ/台》2017年 茨城県陶芸美術館蔵

陶芸をはじめ、さまざまな工芸技術の保存と活用を目的として文化財保護法が施行されたのは、1950年のこと。その5年後には、重要無形文化財保持者、いわゆる人間国宝を中心に、各分野の伝統工芸作家や技術者からなる「日本工芸会」が発足。そして1973年には、同会の陶芸作家による陶芸部会展が開催され、現在に至るまで続いている。

三代德田八十吉《耀彩鉢 創生》1991年 東京国立近代美術館蔵
三代德田八十吉《耀彩鉢 創生》1991年 東京国立近代美術館蔵

日本工芸会陶芸部会50周年を記念して開催される「未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展」は、同会で活躍した作家の秀作とともに、その活動の歴史を紹介。人間国宝をはじめ、近現代作家137名・139点の作品を一堂に展覧予定だ。

伝統工芸の技と多彩な表現

荒川豊蔵《志野茶垸》1957年 東京国立近代美術館蔵
荒川豊蔵《志野茶垸》1957年 東京国立近代美術館蔵

本展では、日本工芸会初期に活躍した作家の作品や、伝統陶芸の多彩な技と表現の広がりを示す作品を紹介。初の人間国宝となった荒川豊蔵、石黒宗麿、富本憲吉、濱田庄司をはじめ歴代の人間国宝作品に加えて、窯業地ならではの素材と伝統を継承した三代德田八十吉といった作家の作品、そして樂直入らによる茶の湯のうつわも展示する。

現代作家の作品も

隠﨑隆一《備前広口花器》2012年 個人蔵
隠﨑隆一《備前広口花器》2012年 個人蔵

また、伝統的な技術・技法を駆使する現代作家にもフォーカス。前田昭博や十四代今泉今右衛門らの作品を紹介するほか、新たな素材と独自の技法を展開する隠﨑隆一といった作家の作品、和田的ら新進気鋭の若手作家の作品も目にすることができる。

展覧会概要

展覧会「未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展」
会期:2022年1月15日(土)~3月21日(月・祝)
会場:パナソニック汐留美術館
住所:東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル 4F
開館時間:10:00〜18:00(2月4日(金)、3月4日(金)は20:00まで)
※入館は閉館30分前まで
休館日:水曜日(2月23日(水・祝)は開館)
入館料:一般 1,000円、65歳以上 900円、大学生 700円、中学生・高校生 500円、小学生以下 無料
※障がい者手帳の提示者、および付添者1名までは無料
※日時指定予約が可能(詳細は美術館ホームページを確認を参照)
※最新情報については美術館ホームページを確認のこと

※画像写真の無断転載を禁ずる。

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600 (ハローダイヤル)

Photos(5枚)

「未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展」パナソニック汐留美術館で、近現代作家137名の陶芸作品を紹介|写真1 「未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展」パナソニック汐留美術館で、近現代作家137名の陶芸作品を紹介|写真2 「未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展」パナソニック汐留美術館で、近現代作家137名の陶芸作品を紹介|写真3 「未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展」パナソニック汐留美術館で、近現代作家137名の陶芸作品を紹介|写真4 「未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展」パナソニック汐留美術館で、近現代作家137名の陶芸作品を紹介|写真5

Photos(5枚)

「未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展」パナソニック汐留美術館で、近現代作家137名の陶芸作品を紹介|写真1 「未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展」パナソニック汐留美術館で、近現代作家137名の陶芸作品を紹介|写真2 「未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展」パナソニック汐留美術館で、近現代作家137名の陶芸作品を紹介|写真3 「未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展」パナソニック汐留美術館で、近現代作家137名の陶芸作品を紹介|写真4 「未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展」パナソニック汐留美術館で、近現代作家137名の陶芸作品を紹介|写真5

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

風景画の巨匠・吉田博の展覧会、静岡市美術館で - 雄大な自然を捉えた多色摺木版を一挙公開
2021.10.23(土)~2021.11.28(日)
風景画の巨匠・吉田博の展覧会、静岡市美術館で - 雄大な自然を捉えた多色摺木版を一挙公開
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報
日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開
2021.11.13(土)~2022.1.23(日) 開催予定
日本画家・奥村土牛の展覧会が山種美術館で - 《醍醐》や《鳴門》など、代表作を一挙公開
特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」豊田市民芸館で - 民藝運動を推進した作家の作品と軌跡を紹介
2021.10.26(火)~2022.1.30(日)
特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」豊田市民芸館で - 民藝運動を推進した作家の作品と軌跡を紹介
特別展「鈴木其一・夏秋渓流図屏風」根津美術館で、異色の代表作《夏秋渓流図屏風》誕生の秘密をひもとく
2021.11.3(水)~2021.12.19(日) 開催予定
特別展「鈴木其一・夏秋渓流図屏風」根津美術館で、異色の代表作《夏秋渓流図屏風》誕生の秘密をひもとく

スケジュール

「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察
2021.10.23(土)~2022.1.23(日)
「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察
パリで活躍した画家・荻須高徳の展覧会、美術館「えき」KYOTOで - 街並みを描いた油彩画などを展示
2021.10.23(土)~2021.12.19(日)
パリで活躍した画家・荻須高徳の展覧会、美術館「えき」KYOTOで - 街並みを描いた油彩画などを展示
写真家ロベール・ドアノー“パリの音楽”をテーマとした展覧会、美術館「えき」KYOTOで
2021.10.23(土)~2021.12.22(水)
写真家ロベール・ドアノー“パリの音楽”をテーマとした展覧会、美術館「えき」KYOTOで
戦後日本のデザイン運動の先駆け「デザインコミッティー」の展覧会、川崎市岡本太郎美術館で
2021.10.23(土)~2022.1.16(日)
戦後日本のデザイン運動の先駆け「デザインコミッティー」の展覧会、川崎市岡本太郎美術館で
建築家・白井晟一の展覧会、渋谷区立松濤美術館で - 初期〜晩年の建築や書・デザインの仕事を紹介
2021.10.23(土)~2021.12.12(日)
建築家・白井晟一の展覧会、渋谷区立松濤美術館で - 初期〜晩年の建築や書・デザインの仕事を紹介
 スケジュール一覧