menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介

展覧会「丹下健三 1938-1970 戦前からオリンピック・万博まで」が、東京の文化庁国立近現代建築資料館にて、2021年7月21日(水)から10月10日(日)まで開催される。

建築家・丹下健三、その前半生を回顧

国立代々木競技場 1964年頃 撮影:石元泰博、高知県立美術館 ©︎高知県、石元泰博フォトセンター
国立代々木競技場 1964年頃 撮影:石元泰博、高知県立美術館 ©︎高知県、石元泰博フォトセンター

丹下健三は、日本を代表する建築家のひとりである。第二次世界大戦後から高度成長期にかけて数多くのナショナル・プロジェクトに携わり、とりわけ1964年の東京オリンピックと1970年日本万国博物館(大阪万博)の開催時には、双方で主導的な役割を果たした。

成城の自邸(増改築案) 1964年頃 個人蔵
成城の自邸(増改築案) 1964年頃 個人蔵

「丹下健三 1938-1970 戦前からオリンピック・万博まで」は、東京オリンピックや大阪万博に至る、丹下の足跡をたどる展覧会だ。広島平和記念公園および記念館、国立代々木競技場などのナショナル・プロジェクトだけでなく、自邸の増築案や構造資料といったこれまで紹介されてこなかった資料を展示し、丹下の前半生を紹介する。

5つのキーワードに基づき丹下建築を紹介

香川県庁舎を見つめる丹下健三 個人蔵
香川県庁舎を見つめる丹下健三 個人蔵

本展は、6つのセクションから構成。そのうち、セクション1〜5では、それぞれ「戦争と平和」「近代と伝統」「戦後民主主義と庁舎建築」「大空間への挑戦」「高度経済成長と情報化社会への応答」というキーワードのもとに丹下の活動を紹介する。

東京カテドラル聖マリア大聖堂 1964年 撮影:石元泰博、高知県立美術館 ©︎高知県、石元泰博フォトセンター
東京カテドラル聖マリア大聖堂 1964年 撮影:石元泰博、高知県立美術館 ©︎高知県、石元泰博フォトセンター

たとえば「戦争と平和」では、戦争を生き延びた市民と戦争で亡くなった人びとを結びつける建築を模索した戦後の丹下に焦点を合わせ、国際的に評価される契機となった広島平和記念公園を、当時のプレゼンテーション資料を通して紹介。一方、「大空間への挑戦」では、東京カテドラル聖マリア大聖堂などを取り上げ、シェル構造に基づく大胆な造形への試みに光をあてる。

国立代々木競技場(配置図) 1962年 <i>The Kenzō Tange Archive [Yoyogi Gymnasium]</i> Gift of Mrs. Takako Tange, 2011. Courtesy of the Frances Loeb Library, Harvard University Graduate School of Design.
国立代々木競技場(配置図) 1962年 The Kenzō Tange Archive [Yoyogi Gymnasium] Gift of Mrs. Takako Tange, 2011. Courtesy of the Frances Loeb Library, Harvard University Graduate School of Design.

そしてセクション6では、「五つのキーワードの統合」をテーマに、丹下の最高傑作と評価されてきた国立代々木競技場を紹介。配置図や模型、石元泰博による写真などを展示するとともに、これまでのセクションで紹介してきた5つの手法が、国立代々木競技場において見事に統合され、現在も維持されていることを示す。

展覧会概要

展覧会「丹下健三 1938-1970 戦前からオリンピック・万博まで」
会期:2021年7月21日(水)〜10月10日(日) 会期中無休
会場:文化庁国立近現代建築資料館
住所:東京都文京区湯島4-6-15 湯島地方合同庁舎内
開館時間:10:00~16:30
入場料:無料
※旧岩崎邸庭園から入館する場合は、庭園観覧料400円が必要(予約制、詳細は公式サイトを参照)
※土日および祝日は旧岩崎邸庭園からの入館のみ
※開催中、記載事項には変更の可能性あり(来館時にはホームページにて最新情報を確認のこと)

【問い合わせ先】
文化庁国立近現代建築資料館
TEL:03-3812-3401

Photos(9枚)

建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介|写真1 建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介|写真2 建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介|写真3 建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介|写真4 建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介|写真5 建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介|写真6 建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介|写真7 建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介|写真8 建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介|写真9

Photos(9枚)

建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介|写真1 建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介|写真2 建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介|写真3 建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介|写真4 建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介|写真5 建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介|写真6 建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介|写真7 建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介|写真8 建築家・丹下健三の展覧会、国立近現代建築資料館で - 国立代々木競技場などの前半生の活動を紹介|写真9

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

関西の美術館&博物館情報〈大阪・京都・兵庫ほか〉展覧会の開催スケジュール
関西の美術館&博物館情報〈大阪・京都・兵庫ほか〉展覧会の開催スケジュール
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
金沢のおすすめ美術館・博物館情報 - 観光と一緒に楽しみたいアートスポット、展覧会スケジュールも
金沢のおすすめ美術館・博物館情報 - 観光と一緒に楽しみたいアートスポット、展覧会スケジュールも

スケジュール

「こわいな!恐怖の美術館」展が熊本市現代美術館で、“恐怖や不安”と向き合うアートや“お化け屋敷”体験
2021.9.25(土)~2021.12.5(日)
「こわいな!恐怖の美術館」展が熊本市現代美術館で、“恐怖や不安”と向き合うアートや“お化け屋敷”体験
展覧会「都市と私のあいだ」寺田倉庫・ワットミュージアムで - 畠山直哉ら写真家が捉える“都市”の姿
2021.9.25(土)~2022.2.13(日)
展覧会「都市と私のあいだ」寺田倉庫・ワットミュージアムで - 畠山直哉ら写真家が捉える“都市”の姿
企画展「版画の見かた」町田市立国際版画美術館で、技法・表現・歴史に着目して“版画鑑賞のポイント”を紹介
2021.9.25(土)~2021.12.5(日)
企画展「版画の見かた」町田市立国際版画美術館で、技法・表現・歴史に着目して“版画鑑賞のポイント”を紹介
京都市京セラ美術館初の大規模建築展「モダン建築の京都」- 古都に息づく明治〜昭和の名建築を紹介
2021.9.25(土)~2021.12.26(日)
京都市京セラ美術館初の大規模建築展「モダン建築の京都」- 古都に息づく明治〜昭和の名建築を紹介
安藤忠雄の平面作品に着目した展覧会、寺田倉庫・ワットミュージアムで - 初期建築作品のスケッチなど
2021.9.25(土)~2022.2.13(日)
安藤忠雄の平面作品に着目した展覧会、寺田倉庫・ワットミュージアムで - 初期建築作品のスケッチなど
 スケジュール一覧