menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

彫刻家フランソワ・ポンポンの回顧展が名古屋市美術館ほかで -《シロクマ》などの動物彫刻を展示

特別展「フランソワ・ポンポン展」が、愛知の名古屋市美術館にて、2021年9月18日(土)から11月14日(日)まで開催される。その後、群馬、千葉ほかを巡回予定だ。

《シロクマ》彫刻を手がけたフランソワ・ポンポンの回顧展

フランソワ・ポンポン《シロクマ》1923-1933年 群馬県立館林美術館蔵
フランソワ・ポンポン《シロクマ》1923-1933年 群馬県立館林美術館蔵

フランソワ・ポンポンは、20世紀初頭のアール・デコ期に人気を集めた動物彫刻家だ。なかでも、オルセー美術館にある実物大の巨大彫刻《シロクマ》でよく知られるが、そのほかにも多彩な動物をモデルに、シンプルでなめらかな造形の彫刻を数多く手がけた。

フランソワ・ポンポン《ペリカン》1924年 ディジョン美術館蔵(パリ、国立自然史博物館より寄託)
フランソワ・ポンポン《ペリカン》1924年 ディジョン美術館蔵(パリ、国立自然史博物館より寄託)
©︎Musee des Beaux-Arts de Dijon/Francois Jay

特別展「フランソワ・ポンポン展」は、ポンポンの制作の全貌を紹介する回顧展。初期作品から、晩年の代表作《シロクマ》を生みだして評価を得るまでの足跡を、約90点の作品からたどる。

卓上サイズの《シロクマ》を展示

ポンポンが彫刻家としての名声を確立したのは、1922年、67歳の時。長さ2.5mの石膏彫刻《シロクマ》をサロンに出品し、しなやかで力強い生命感と堂々とした安定感を持ったこの作品が高く評価されたのだった。本展では、愛好者向けに作られた卓上サイズの《シロクマ》を目にすることができる。

多彩な動物彫刻

フランソワ・ポンポン《ヒグマ》1918-1926年 群馬県立館林美術館蔵
フランソワ・ポンポン《ヒグマ》1918-1926年 群馬県立館林美術館蔵

《シロクマ》で注目を浴びたポンポンではあるが、鳩や猫、犬などの身近な動物から、豚や牛といった家畜、そしてヒグマやキリンなどの動物園で目にすることが多い異国の動物まで、その生態の仔細な観察に基づいて、彫刻を制作した。

フランソワ・ポンポン《ワシミミズク》1927-1930年 パリ、オルセー美術館蔵
フランソワ・ポンポン《ワシミミズク》1927-1930年 パリ、オルセー美術館蔵
©︎RMN-Grand Palais (musee d'Orsay) / A. Morin / Gallimard / distributed by AMF

本展では、初期作品から、動物の観察から生まれた《牝豚》や《鳩「ニコラ」》、細部をそぎ落としてなめらかな造形で作られた《ワシミミズク》や《ヒグマ》、《キリン》といった彫刻まで、多彩な動物彫刻を目にすることができる。

革新的な造形性

ポンポンの彫刻作品は、写実的な表現が主流であった従来の動物彫刻とはまったく異なり、シンプルな造形に基づく点で革新的なものであった。本展でも、かたちの単純化と様式化が際立ち、ポンポンの作品のなかでも20世紀の抽象彫刻にもっとも接近した作例を目にすることができる。

展覧会概要

特別展「フランソワ・ポンポン展」
会期: 2021年9月18日(土)~11月14日(日)
会場:名古屋市美術館
住所:愛知県名古屋市中区栄2-17-25
開館時間:9:30~17:00
休館日:月曜日(9月20日(月・祝)は開館)、9月21日(火)
観覧料:一般 1,600円(1,400円)、高校・大学生 1,000円(800円)、中学生以下 無料
※障害のある方、難病患者の方は、手帳または受給者証の提示により、本人と付添者2名まで当日料金の半額で観覧可
※障害者等割引券(取り扱いはチケットぴあのみ)の購入者は、当日受付で証明(障害者手帳など)を提示のこと
※名古屋市交通局発行の「ドニチエコきっぷ」「一日乗車券」を当日利用した来館者は100円割引
※「名古屋市美術館常設展定期観覧券」の提示で当日券から200円割引
※いずれもほかの割引との併用不可
※「フランソワ・ポンポン展」の観覧券で常設展も観覧可

■巡回情報
・群馬県立館林美術館
会期:2021年11月23日(火・祝)〜2022年1月26日(水)
住所:群馬県館林市日向町2003
・佐倉市立美術館
会期:2022年2月3日(木)〜3月29日(火)
住所:千葉県佐倉市新町210
 ほか

■終了した会場
・京都市京セラ美術館
会期:2021年7月10日(土)〜9月5日(日)
住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124

【問い合わせ先】
名古屋市美術館
TEL:052-212-0001

Photos(7枚)

彫刻家フランソワ・ポンポンの回顧展が名古屋市美術館ほかで -《シロクマ》などの動物彫刻を展示|写真1 彫刻家フランソワ・ポンポンの回顧展が名古屋市美術館ほかで -《シロクマ》などの動物彫刻を展示|写真2 彫刻家フランソワ・ポンポンの回顧展が名古屋市美術館ほかで -《シロクマ》などの動物彫刻を展示|写真3 彫刻家フランソワ・ポンポンの回顧展が名古屋市美術館ほかで -《シロクマ》などの動物彫刻を展示|写真4 彫刻家フランソワ・ポンポンの回顧展が名古屋市美術館ほかで -《シロクマ》などの動物彫刻を展示|写真5 彫刻家フランソワ・ポンポンの回顧展が名古屋市美術館ほかで -《シロクマ》などの動物彫刻を展示|写真6 彫刻家フランソワ・ポンポンの回顧展が名古屋市美術館ほかで -《シロクマ》などの動物彫刻を展示|写真7

Photos(7枚)

彫刻家フランソワ・ポンポンの回顧展が名古屋市美術館ほかで -《シロクマ》などの動物彫刻を展示|写真1 彫刻家フランソワ・ポンポンの回顧展が名古屋市美術館ほかで -《シロクマ》などの動物彫刻を展示|写真2 彫刻家フランソワ・ポンポンの回顧展が名古屋市美術館ほかで -《シロクマ》などの動物彫刻を展示|写真3 彫刻家フランソワ・ポンポンの回顧展が名古屋市美術館ほかで -《シロクマ》などの動物彫刻を展示|写真4 彫刻家フランソワ・ポンポンの回顧展が名古屋市美術館ほかで -《シロクマ》などの動物彫刻を展示|写真5 彫刻家フランソワ・ポンポンの回顧展が名古屋市美術館ほかで -《シロクマ》などの動物彫刻を展示|写真6 彫刻家フランソワ・ポンポンの回顧展が名古屋市美術館ほかで -《シロクマ》などの動物彫刻を展示|写真7

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
「グランマ・モーゼス展」名古屋・東京ほかで - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点
2021.9.14(火)~2021.11.7(日)
「グランマ・モーゼス展」名古屋・東京ほかで - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点
東京都現代美術館で”ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展、ヴィデオ彫刻「デュシャンピアナ」などを展示
2021.11.13(土)~2022.2.23(水) 開催予定
東京都現代美術館で”ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展、ヴィデオ彫刻「デュシャンピアナ」などを展示
「メトロポリタン美術館展」大阪&東京で、フェルメールやルノワールなどの名品でたどる西洋絵画の500年
2021.11.13(土)~2022.1.16(日) 開催予定
「メトロポリタン美術館展」大阪&東京で、フェルメールやルノワールなどの名品でたどる西洋絵画の500年
「ユージーン・スタジオ」国内美術館初の個展、東京都現代美術館で - “未来”を探る絵画や彫刻など
2021.11.20(土)~2022.2.23(水) 開催予定
「ユージーン・スタジオ」国内美術館初の個展、東京都現代美術館で - “未来”を探る絵画や彫刻など

スケジュール

「民藝の100年」東京国立近代美術館で - “日常の美”が潜む道具類など展示、「編集」手法にも着目
2021.10.26(火)~2022.2.13(日)
「民藝の100年」東京国立近代美術館で - “日常の美”が潜む道具類など展示、「編集」手法にも着目
企画展「上田薫とリアルな絵画」茨城県近代美術館で - 上田薫と現代の作家による“リアル”な絵画を紹介
2021.10.26(火)~2021.12.12(日)
企画展「上田薫とリアルな絵画」茨城県近代美術館で - 上田薫と現代の作家による“リアル”な絵画を紹介
特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」豊田市民芸館で - 民藝運動を推進した作家の作品と軌跡を紹介
2021.10.26(火)~2022.1.30(日)
特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」豊田市民芸館で - 民藝運動を推進した作家の作品と軌跡を紹介
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
2021.10.29(金)~2022.1.23(日)
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
2021.10.29(金)~2022.2.27(日)
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
 スケジュール一覧