menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

“ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展が東京・大阪・新潟で、デュシャンに触発されたヴィデオ彫刻など

企画展「Viva Video! 久保田成子展」が、新潟県立近代美術館にて、2021年3月20日(土・祝)から6月6日(日)まで開催。その後、2021年6月29日(火)から9月23日(木・祝)まで大阪の国立国際美術館に、2021年11月13日(土)から2022年2月23日(水・祝)まで東京都現代美術館に巡回する。

ヴィデオ・アートの先駆者、久保田成子

Shigeko Kubota Portrait © Tom Haar, 1972
Courtesy of Tom Haar and Shigeko Kubota Video Art Foundation
Shigeko Kubota Portrait © Tom Haar, 1972
Courtesy of Tom Haar and Shigeko Kubota Video Art Foundation

久保田成子(くぼたしげこ)は、20世紀後半にニューヨークを拠点に活躍したアーティストだ。前衛芸術家集団「フルクサス」で活動したのち、映像と彫刻を組み合わせた“ヴィデオ彫刻”で一躍有名になった久保田は、ヴィデオ黎明期におけるヴィデオ・アートの先駆者と見なされている。

《メタ・マルセル:窓(花)》(部分) 1983年 Photo by Peter Moore
Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation; © Estate of Shigeko Kubota
《メタ・マルセル:窓(花)》(部分) 1983年 Photo by Peter Moore
Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation; © Estate of Shigeko Kubota

企画展「Viva Video! 久保田成子展」は、日本では約30年ぶりとなる、没後初の大規模個展だ。久保田の活動を代表するヴィデオ彫刻や映像作品に加えて、ドローイング、初公開となる資料などから、初期から晩年までの久保田の創作活動を多角的に展覧する。

ヴィデオ彫刻以前の創作活動

1964年の渡米後、「フルクサス」に参加して表現の幅を広げた久保田。1970年代には、パートナーとなるヴィデオ・アーティストのナムジュン・パイクとの共同生活から、ヴィデオを使った作品を手掛けるようになった。本展では、シングルチャンネル・ヴィデオ作品《ブロークン・ダイアリー:ヨーロッパを一日ハーフインチで》といった初期のヴィデオ・アート作品など、ヴィデオ彫刻以前の活動も紹介する。

ヴィデオ彫刻の代表作や日本初公開作品

《デュシャンピアナ:階段を降りる裸体》1976年 Photo by Peter Moore
Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation; © Estate of Shigeko Kubota
《デュシャンピアナ:階段を降りる裸体》1976年 Photo by Peter Moore
Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation; © Estate of Shigeko Kubota

1968年、久保田はマルセル・デュシャンと偶然に出会い、これを契機としてデュシャンへのオマージュ「デュシャンピアナ」シリーズを発表。久保田の代名詞となるヴィデオ彫刻が生みだされることとなった。会場では、デュシャンを代表する絵画を映像として再解釈した《デュシャンピアナ:階段を降りる裸体》など、ヴィデオ彫刻の代表作を一堂に展示する。

《韓国の墓》1993年 Installation View (Maya Stendhal Gallery, 2007年) Photo by Ian C. Roberts
《韓国の墓》1993年 Installation View (Maya Stendhal Gallery, 2007年) Photo by Ian C. Roberts

また、日本初公開となるヴィデオ彫刻も展示。1991年の冬季オリンピックで銀メダルを獲得したフィギュアスケート選手・伊藤みどりをモデルにした《スケート選手》や、夫パイクの故郷の墓をモチーフにした《韓国の墓》などを目にすることができる。

ヴィデオ彫刻の拡張

《河》1981年 Photo by Peter Moore
Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation; © Estate of Shigeko Kubota
《河》1981年 Photo by Peter Moore
Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation; © Estate of Shigeko Kubota

久保田は1980年頃から作品のなかに水やモーター、プロジェクションによる動きといった要素を取り込むようになる。本展では、ヴィデオ彫刻が次第に空間的・時間的に拡張していく様子も紹介する。

展覧会概要

企画展「Viva Video! 久保田成子展」
会期:2021年3月20日(土・祝)~6月6日(日)
会場:新潟県立近代美術館 企画展示室
住所:新潟県長岡市千秋3-278-14
TEL:0258-28-4111
開館時間:9:00~17:00(観覧券の販売16:30まで)
休館日:月曜日(5月3日(月・祝)のぞく)
観覧料:大人 1,000円(800円)、大学生・高校生 800円(600円)、中学生以下 無料
※( )内は有料20名以上の団体
※ 障害者手帳・療育手帳の所持者は観覧料免除
※開催内容には変更が生じる場合あり(最新情報は美術館ホームページなどにて確認)

■巡回情報
・国立国際美術館 (大阪府大阪市北区中之島4-2-55)
会期:2021年6月29日(火)〜9月23日(木・祝)
・東京都現代美術館 (東京都江東区三好4-1-1(木場公園内))
会期:2021年11月13日(土)〜2022年2月23日(水・祝)

Photos(8枚)

“ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展が東京・大阪・新潟で、デュシャンに触発されたヴィデオ彫刻など 画像1 “ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展が東京・大阪・新潟で、デュシャンに触発されたヴィデオ彫刻など 画像2 “ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展が東京・大阪・新潟で、デュシャンに触発されたヴィデオ彫刻など 画像3 “ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展が東京・大阪・新潟で、デュシャンに触発されたヴィデオ彫刻など 画像4 “ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展が東京・大阪・新潟で、デュシャンに触発されたヴィデオ彫刻など 画像5 “ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展が東京・大阪・新潟で、デュシャンに触発されたヴィデオ彫刻など 画像6 “ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展が東京・大阪・新潟で、デュシャンに触発されたヴィデオ彫刻など 画像7 “ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展が東京・大阪・新潟で、デュシャンに触発されたヴィデオ彫刻など 画像8

Photos(8枚)

“ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展が東京・大阪・新潟で、デュシャンに触発されたヴィデオ彫刻など 画像1 “ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展が東京・大阪・新潟で、デュシャンに触発されたヴィデオ彫刻など 画像2 “ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展が東京・大阪・新潟で、デュシャンに触発されたヴィデオ彫刻など 画像3 “ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展が東京・大阪・新潟で、デュシャンに触発されたヴィデオ彫刻など 画像4 “ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展が東京・大阪・新潟で、デュシャンに触発されたヴィデオ彫刻など 画像5 “ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展が東京・大阪・新潟で、デュシャンに触発されたヴィデオ彫刻など 画像6 “ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展が東京・大阪・新潟で、デュシャンに触発されたヴィデオ彫刻など 画像7 “ヴィデオ・アートの先駆者”久保田成子展が東京・大阪・新潟で、デュシャンに触発されたヴィデオ彫刻など 画像8

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

南紀白浜「アドベンチャーワールド」7頭のパンダ家族がいる動物園×水族館×遊園地、アクセス方法も
南紀白浜「アドベンチャーワールド」7頭のパンダ家族がいる動物園×水族館×遊園地、アクセス方法も
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報

スケジュール

フランシス・ベーコン展が渋谷区立松濤美術館で - ドローイングなど約130点から迫る“制作の秘密”
2021.4.20(火)~2021.6.13(日)
フランシス・ベーコン展が渋谷区立松濤美術館で - ドローイングなど約130点から迫る“制作の秘密”
洋画家・南薫造の回顧展が東京・広島・福岡で - “日本の印象派”油彩画などから迫る全貌
2021.4.20(火)~2021.6.13(日)
洋画家・南薫造の回顧展が東京・広島・福岡で - “日本の印象派”油彩画などから迫る全貌
特別展「よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」奈良国立博物館で、精巧な模造品約100点
2021.4.20(火)~2021.6.13(日)
特別展「よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」奈良国立博物館で、精巧な模造品約100点
展覧会「しりあがりサン北斎サン 」すみだ北斎美術館で - 北斎のパロディ作品を浮世絵などと紹介
2021.4.20(火)~2021.6.27(日)
展覧会「しりあがりサン北斎サン 」すみだ北斎美術館で - 北斎のパロディ作品を浮世絵などと紹介
20世紀パリ“麗しき版画本”の展覧会、目黒区美術館で - シャガールやデュフィなど約500点を展示
2021.4.21(水)~2021.6.6(日)
20世紀パリ“麗しき版画本”の展覧会、目黒区美術館で - シャガールやデュフィなど約500点を展示
 スケジュール一覧