menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

企画展「コレクション 4つの水紋」埼玉県立近代美術館で - シニャックら4作家を中心に所蔵作品を紹介

企画展「コレクション 4つの水紋」が、埼玉県立近代美術館にて、2021年1月23日(土)から3月21日(日)まで開催される。なお、同館は2月8日(月)まで臨時休館。

水面に広がる干渉縞のように──

クロード・モネ《ジヴェルニーの積みわら、夕日》1888-89年 埼玉県立近代美術館蔵
クロード・モネ《ジヴェルニーの積みわら、夕日》1888-89年 埼玉県立近代美術館蔵

1982年の開館以来、「印象派以降の西洋絵画」と「埼玉県ゆかりの近現代作家の作品」を中心に収集を続けてきた埼玉県立近代美術館。そのコレクションの一部は、美術館が位置する北浦和公園内や館内に常設されており、とりわけ館内には、積極的に収集を続けているデザイン椅子に座りつつ鑑賞できる場も設けてきた。

小村雪岱《青柳》1924年頃 埼玉県立近代美術館蔵
小村雪岱《青柳》1924年頃 埼玉県立近代美術館蔵

企画展「コレクション 4つの水紋」では、“新規収蔵作家”であるポール・シニャック、“埼玉ゆかり” の画家・奥原晴湖、“椅子のモダンデザイン”に携わったシャルロット・ぺリアン、そして“屋外彫刻”を手掛けた重村三雄の4作家を中心に、同館のコレクションを幅広く紹介。水面に広がる複数の波紋が互いに干渉しあって模様を織りなすように、これら4作家に呼応させつつ多彩な所蔵作品にアプローチする。

新収蔵作家 ポール・シニャック

ポール・シニャック《アニエールの河岸》1885年 埼玉県立近代美術館蔵
ポール・シニャック《アニエールの河岸》1885年 埼玉県立近代美術館蔵

印象派に感銘を受けて画家として出発したポール・シニャックは、光学的理論に基づいた点描による色彩表現を追求した新印象派画家として、川や海といった水辺の風景画を数多く残した。本章では、印象派から新印象派への過渡期に制作された《アニエールの河岸》を中心に、モーリス・ドニ《トレストリニェルの岩場》や菱田春草《湖上釣舟》など、「水辺」と「点描」をキーワードとした作品展示を行う。

埼玉に生きた画家 奥原晴湖

奥原晴湖《仙境群鶴》右幅 1905年 埼玉県立近代美術館蔵
奥原晴湖《仙境群鶴》右幅 1905年 埼玉県立近代美術館蔵

幕末から明治期の東京で人気を博した南画家・奥原晴湖は、その後半生を埼玉・熊谷で過ごした。南画の特徴は、画中に詩を書き入れる形式。晴湖は書画一体の山水画を手掛ける一方で、《仙境群鶴》などに見るように、細部に至るまで緻密に描きこんだ花鳥画も得意としていた。ここでは、南画を特徴付ける「絵画と言葉」、そして「細部」をテーマに、佐伯祐三《門と広告》や増田三男《金彩浜辺ノ詩箱》などを展示する。

椅子の美術館より シャルロット・ぺリアン

シャルロット・ぺリアン、ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ《LC4 シェーズロング》デザイン:1928年 埼玉県立近代美術館蔵
シャルロット・ぺリアン、ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ《LC4 シェーズロング》デザイン:1928年 埼玉県立近代美術館蔵

埼玉県立近代美術館は「椅子の美術館」という愛称でも親しまれ、館内の随所にモダンデザインの椅子を展示してきた。本章では、“世界一有名な寝椅子”とも呼ばれるシャルロット・ぺリアンの《LC4 シェーズロング》を中心に、レオナール・フジタによる《横たわる裸婦と猫》など、「横たわる」動作にちなんだ作品を展示。また、柳宗理《バタフライスツール》をはじめ、ぺリアンと同時代に生きた作家の作品も楽しめる。

公園のなかから 重村三雄

重村三雄《立ち話》1993年 埼玉県立近代美術館蔵
重村三雄《立ち話》1993年 埼玉県立近代美術館蔵

美術館の階段裏に設置された人物群《階段》は、館外の公園からその姿を垣間見られる作品だ。作者の重村三雄はもともと油絵を手掛けていたものの、FRP(繊維強化プラスティック)という素材と出合ったことから、対象を直接型取りした作品を制作するようになる。人物や樹木などをモチーフとした重村の作品は迫真的なまでにリアルである一方、それだけに対象の不在を感じさせるという逆説を孕んでいる。ここでは「素材」と「不在」をキーワードに、吉野辰海《双頭犬》や小村雪岱《青柳》などの作品を紹介する。

展覧会概要

企画展「コレクション 4つの水紋」
会期:2021年1月23日(土)〜3月21日(日) 会期中に一部展示替えあり
[前期 1月23日(土)〜2月21日(日) / 後期 2月23日(火・祝)〜3月21日(日)]
※臨時休館期間:2020年12月24日(木)~2021年2月8日(月)
会場:埼玉県立近代美術館 2階展示室
住所:埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
休館日:月曜日、2020年12月24日(木)~2021年2月8日(月)
開館時間:10:00〜17:30(展示室への入場は17:00まで)
観覧料:一般 1,000円(800円)、大高生 800円(640円)
※( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下、障害者手帳などの提示者(付添1名を含む)は無料
※併せてMOMASコレクション(1階展示室)も観覧可
※休館または会期などの変更の可能性あり(最新情報は美術館ホームページにて確認)

【問い合わせ先】
埼玉県立近代美術館
TEL:048-824-0111 (代表)

Photos(7枚)

企画展「コレクション 4つの水紋」埼玉県立近代美術館で - シニャックら4作家を中心に所蔵作品を紹介 画像1 企画展「コレクション 4つの水紋」埼玉県立近代美術館で - シニャックら4作家を中心に所蔵作品を紹介 画像2 企画展「コレクション 4つの水紋」埼玉県立近代美術館で - シニャックら4作家を中心に所蔵作品を紹介 画像3 企画展「コレクション 4つの水紋」埼玉県立近代美術館で - シニャックら4作家を中心に所蔵作品を紹介 画像4 企画展「コレクション 4つの水紋」埼玉県立近代美術館で - シニャックら4作家を中心に所蔵作品を紹介 画像5 企画展「コレクション 4つの水紋」埼玉県立近代美術館で - シニャックら4作家を中心に所蔵作品を紹介 画像6 企画展「コレクション 4つの水紋」埼玉県立近代美術館で - シニャックら4作家を中心に所蔵作品を紹介 画像7

Photos(7枚)

企画展「コレクション 4つの水紋」埼玉県立近代美術館で - シニャックら4作家を中心に所蔵作品を紹介 画像1 企画展「コレクション 4つの水紋」埼玉県立近代美術館で - シニャックら4作家を中心に所蔵作品を紹介 画像2 企画展「コレクション 4つの水紋」埼玉県立近代美術館で - シニャックら4作家を中心に所蔵作品を紹介 画像3 企画展「コレクション 4つの水紋」埼玉県立近代美術館で - シニャックら4作家を中心に所蔵作品を紹介 画像4 企画展「コレクション 4つの水紋」埼玉県立近代美術館で - シニャックら4作家を中心に所蔵作品を紹介 画像5 企画展「コレクション 4つの水紋」埼玉県立近代美術館で - シニャックら4作家を中心に所蔵作品を紹介 画像6 企画展「コレクション 4つの水紋」埼玉県立近代美術館で - シニャックら4作家を中心に所蔵作品を紹介 画像7

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報

スケジュール

「るろうに剣心展」東京・京都・新潟で、原画含む200点&剣心vs志々雄の描き下ろしイラストも
2021.1.22(金)~2021.3.7(日)
「るろうに剣心展」東京・京都・新潟で、原画含む200点&剣心vs志々雄の描き下ろしイラストも
建築家・隈研吾の大規模個展が東京・長崎・高知で - 模型や映像などから探る隈建築の“公共性”
2021.1.22(金)~2021.3.28(日)
建築家・隈研吾の大規模個展が東京・長崎・高知で - 模型や映像などから探る隈建築の“公共性”
銀座メゾンエルメス フォーラムで「輝板膜タペータム」落合多武展"絵画・彫刻・写真"を組み合わせて展示
2021.1.22(金)~2021.4.11(日)
銀座メゾンエルメス フォーラムで「輝板膜タペータム」落合多武展"絵画・彫刻・写真"を組み合わせて展示
日本の代表的建築家・菊竹清訓の展覧会、島根県立美術館で - “山陰の建築”を中心に紹介
2021.1.22(金)~2021.3.22(月)
日本の代表的建築家・菊竹清訓の展覧会、島根県立美術館で - “山陰の建築”を中心に紹介
H.R.ギーガー×空山基の展覧会が心斎橋パルコで開催、記念書籍や限定ベアブリックも
2021.1.23(土)~2021.2.7(日)
H.R.ギーガー×空山基の展覧会が心斎橋パルコで開催、記念書籍や限定ベアブリックも
 スケジュール一覧