menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動”

展覧会「分離派建築会100年展 建築は芸術か?」が、東京・パナソニック汐留美術館にて、2020年10月10日(土)から12月15日(火)まで開催。その後、2021年1月6日(水)から3月7日(日)まで、京都国立近代美術館に巡回する。

分離派建築会、その「建築の芸術」

山田守 「東京中央電信局竣工」 1925(大正14)年 郵政博物館
山田守 「東京中央電信局竣工」 1925(大正14)年 郵政博物館

大正時代、日本初とされる建築運動が起こった。分離派建築会だ。東京帝国大学の同期6人によって立ち上げられ、のちに新たに3人が加わったこの建築運動は1928年まで展開され、明治の様式建築を1930年以降のモダニズム建築へと接続することに貢献した。

瀧澤眞弓 「《山の家》模型」 1921(大正10)年 再制作:1986年 瀧澤眞弓監修
瀧澤眞弓 「《山の家》模型」 1921(大正10)年 再制作:1986年 瀧澤眞弓監修

展覧会「分離派建築会100年展 建築は芸術か?」では、図面や模型、写真、映像など160点の作品を通して、分離派建築会が追い求めた建築の芸術と、日本近代建築の歩みのなかで果たした役割を明らかにする。

「過去の建築圏からの分離」

瀧澤眞弓 卒業設計 「山岳倶楽部 正面図」 1920(大正9)年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻
瀧澤眞弓 卒業設計 「山岳倶楽部 正面図」 1920(大正9)年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻

明治末期から大正にかけて、西洋の様式建築の学習はほとんど達成され、日本独自の建築のあり方が模索されていた。1920年、東京帝国大学建築学科の卒業を控える同期6人、石本喜久治、瀧澤眞弓、堀口捨己、 森田慶一、矢田茂、山田守は、「過去の建築圏からの分離」を宣言して分離派建築会を結成、第一回作品展を開催した。会場では、同展で発表された卒業設計から、「山岳倶楽部 正面図」や「国際労働協会 正面図」などの大作を展示する。

「田園」の夢

堀口捨己 「紫烟荘」 1928(昭和3)年  『紫烟荘図集』(洪洋社)所収、東京都市大学図書館
堀口捨己 「紫烟荘」 1928(昭和3)年 『紫烟荘図集』(洪洋社)所収、東京都市大学図書館

分離派建築会は、都市の大衆文化から離れた農村に新たな生活を夢見た。それを建築に落とし込んだ例は、「田園」をテーマに堀口捨己が手掛けた洋館「紫烟荘」が茅葺屋根を持つことなどに見られる。また、瀧澤眞弓が同郷の画家・山本鼎の農民美術運動のために設計した研究所《山の家》の模型を、農民美術の作品とともに紹介する。

震災からの復興──構造と意匠

森田慶一 「京都大学楽友会館」 1925(大正14)年 撮影:2020(令和2)年、若林勇人
森田慶一 「京都大学楽友会館」 1925(大正14)年 撮影:2020(令和2)年、若林勇人

1923年に起こった関東大震災は、東京に甚大な被害をもたらした。そこからの復興に携わるなかで、分離派建築会会員も実制作の機会を得ることとなる。本展では、山田守が設計した東京中央電信局や、石本喜久治による東京朝日新聞社などの公共的建築、そして森田慶一による京都大学楽友会館などを紹介し、“構造の合理性と建築美”をめぐる葛藤を探る。

建築から家具へ

堀口捨己 「小出邸応接間 肘掛け椅子」 1925(大正14)年/復元:1997(平成9)年 江戸東京たてもの園
堀口捨己 「小出邸応接間 肘掛け椅子」 1925(大正14)年/復元:1997(平成9)年 江戸東京たてもの園

昭和になり、分離派建築会は白木屋百貨店などの都市建築を手掛ける一方で、モダニズムの合理的デザインを吸収し、実生活への関心も深化を見せる。会場では、堀口捨己の設計による家具の展示を通して、建築と家具に通底する、線や面を強調した「構成」に光をあてる。

展覧会概要

展覧会「分離派建築会100年展 建築は芸術か?」
会期:2020年10月10日(土)~12月15日(火) 会期中に一部展示替えあり
[前期 10月10日(土)〜11月10日(火) / 後期 11月12日(木)〜12月15日(火)]
会場:パナソニック汐留美術館
住所:東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル 4F
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:水曜日
入館料:一般 800円、65歳以上 700円、大学生 600円、中・高校生 400円、小学生以下 無料
※障がい者手帳の提示者および付添者1名は無料

■巡回情報 京都展
会期:2021年1月6日(水)〜3月7日(日)
会場:京都国立近代美術館
住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町26-1

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600(NTTハローダイヤル)

Photos(10枚)

「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像1 「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像2 「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像3 「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像4 「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像5 「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像6 「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像7 「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像8 「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像9 「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像10

Photos(10枚)

「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像1 「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像2 「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像3 「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像4 「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像5 「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像6 「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像7 「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像8 「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像9 「分離派建築会100年展」東京・京都で - 図版・模型など160点から再検証する“日本初の建築運動” 画像10

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
東京都内のおすすめ展覧会特集 - 美術館・博物館で楽しめるアート作品&開催スケジュール
東京都内のおすすめ展覧会特集 - 美術館・博物館で楽しめるアート作品&開催スケジュール
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
ファッション・モードの展覧会2020〈関東・関西〉美術館での開催スケジュール&展示作品を紹介
ファッション・モードの展覧会2020〈関東・関西〉美術館での開催スケジュール&展示作品を紹介
日本美術の展覧会〈東京・京都・大阪ほか〉美術館での開催スケジュール&伊藤若冲の日本画など展示作品も
日本美術の展覧会〈東京・京都・大阪ほか〉美術館での開催スケジュール&伊藤若冲の日本画など展示作品も

スケジュール

写真家・石元泰博の展覧会が東京都写真美術で - “生命体としての都市”を探る
2020.9.29(火)~2020.11.23(月)
写真家・石元泰博の展覧会が東京都写真美術で - “生命体としての都市”を探る
東京・岡本太郎記念館で「対峙する眼」展 - 岡本太郎の絵画の“向かい合ういのち”に焦点
2020.9.30(水)~2021.1.31(日)
東京・岡本太郎記念館で「対峙する眼」展 - 岡本太郎の絵画の“向かい合ういのち”に焦点
東京・サントリー美術館「日本美術の裏の裏」展 - 生活を彩る美の“愉しみ方”、日本画や着物など展示
2020.9.30(水)~2020.11.29(日)
東京・サントリー美術館「日本美術の裏の裏」展 - 生活を彩る美の“愉しみ方”、日本画や着物など展示
文化学園服飾博物館の展覧会「世界の藍」約40カ国の衣装や布から見る“多彩な藍染の世界”
2020.10.2(金)~2020.12.18(金)
文化学園服飾博物館の展覧会「世界の藍」約40カ国の衣装や布から見る“多彩な藍染の世界”
絵本『ねずみくんのチョッキ』初の大規模展覧会が横浜赤レンガ倉庫で、絵本原画やスケッチなど約150点
2020.10.3(土)~2020.11.29(日)
絵本『ねずみくんのチョッキ』初の大規模展覧会が横浜赤レンガ倉庫で、絵本原画やスケッチなど約150点
 スケジュール一覧