menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   映画   >   インタビュー

映画『一度死んでみた』広瀬すず&吉沢亮にインタビュー - 認め合う役者としての幅広さ

    Page:
  • 1
  • 2

2020年3月20日(金・祝)公開の映画『一度死んでみた』に出演する、女優・広瀬すずと俳優・吉沢亮にインタビュー。広瀬は紀伊國屋演劇賞、吉沢は日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞するなど、両者とも益々勢いを増す活躍を見せている。

映画『一度死んでみた』は、父のことが死ぬほど嫌いな女子大生と、「2日間だけ死んじゃう薬」で仮死状態になってしまった父親を巡って巻き起こる騒動をコミカルに描いた親子の物語。次々に笑いとギャグの応酬が繰り広げられる怒涛のハートフルコメディ映画だ。

今回2人が演じるのは、反抗期こじらせ中の“デスメタル女子”の七瀬(広瀬すず)と、潔いほど存在感の無い“ゴースト社員”の松岡(吉沢亮)。2019年の連続テレビ小説「なつぞら」でも共演した2人が、一癖も二癖もあるキャラクターを演じてお互いに感じたこととは?

映画『一度死んでみた』について

CMプランナーの澤本嘉光さんのオリジナル脚本、au「三太郎」シリーズ等を手掛けるCMディレクターである浜崎慎治さんの初映画監督となる異色の作品でしたが、普段の映画撮影と比較していかがでしたか。

広瀬:普段の映画の現場にCMの現場の要素が加わったような現場でした。何テイクも何パターンもOKカットを重ねて撮ることってあまり普段の映画の現場ではないので、そういう点で独特でした。

吉沢:確かにCMの撮影現場っぽいところはありました。映画はワンカットのシーンを繋げて一つの作品が完成するイメージですが、この作品の現場はCMみたいにワンカットごとが一つの作品というイメージ。

全カット全力で笑いを取りに行く!みたいな雰囲気がCMっぽいというか、普通の映画とはちょっと違った印象でした。

広瀬さん演じた“デスメタル女子”七瀬と、吉沢さん演じた“ゴースト社員”松岡と、非常にユニークな配役でしたが、現場を通して感じたお互いの役柄の印象を教えてください。

吉沢:僕たち、「なつぞら」(※)の撮影と掛け持ちをしていたんですけど、「なつぞら」のなっちゃん(広瀬すずの役柄)を純粋に見れなかったほど、この作品ですずちゃんが演じたキャラクターは強烈でした(笑)

逆にこんなに爆発しているすずちゃんは印象になかったから、こんな顔もできるのかって結構怖くなってしまったくらい。

広瀬:確かに「なつぞら」で私が演じた役柄は、本当にピュアなシーンが多かったから、この作品とは真逆でしたよね。(笑)

この作品での“凄い顔”が見られているから、逆に無垢な女の子を吉沢くんの前で演じることに気恥ずかしさがあったかもしれないです。

吉沢:2つの現場でのギャップがとにかくすごかったからね。

広瀬:はい(笑)そういう点からすると、吉沢くんが「なつぞら」で演じられていた天陽くんと、今回演じられていた松岡は、常に一定の落ち着いたトーンがある役という意味では似ていたかもしれないですね。

それでも、それぞれの現場で対面した時の声というか、吉沢くんから感じる“音”が全く違っているのを感じていました。

(※)連続テレビ小説「なつぞら」…2019年に放送されていたNHK第100作目の連続テレビ小説。戦後の日本アニメ草創期を描いた作品で、広瀬は主人公・奥原なつ、吉沢はなつに絵心を教えた青年画家・山田天陽を演じた。

広瀬さんはコメディ映画初出演。吉沢さんは「銀魂」シリーズなどでコメディシーンを経験されていますが、何かアドバイスなどありましたか?

吉沢:何もないです(笑) コメディ初挑戦とはいいつつ、全然そんな空気はなくて。凄い弾けてるし面白いし。改めて色んなジャンルに挑戦できる幅広い役者さんだなと感じていました。

広瀬:ありがとうございます。でもアドバイスして欲しかったな~(笑)

そんな広瀬さんは、本作の役で“反抗期こじらせ女子”の一面もありましたが、お2人は反抗期はありましたか?

吉沢:僕は無かったです。母親がめちゃくちゃ怖かったので、全く逆らえませんでした(笑)
男4人兄弟なんですけど、多分誰も反抗期は来てないです。

広瀬:同じく反抗期は無かったです。ちょうど反抗期が来る時期の中学2年生ぐらいの時に私自身お仕事を始めて、静岡から東京へ通っていたので両親のサポート無しでは生活できない状況にあったからだと思います。

でも、イライラして家に帰った時の父への当たりは強かったかもしれない(笑)たまったものを父にぶつけて、母は常に味方に付けているみたいなせこいことをやってました。

Photos(16枚)

映画『一度死んでみた』広瀬すず&吉沢亮にインタビュー - 認め合う役者としての幅広さ 画像1 映画『一度死んでみた』広瀬すず&吉沢亮にインタビュー - 認め合う役者としての幅広さ 画像2 映画『一度死んでみた』広瀬すず&吉沢亮にインタビュー - 認め合う役者としての幅広さ 画像3 映画『一度死んでみた』広瀬すず&吉沢亮にインタビュー - 認め合う役者としての幅広さ 画像4 映画『一度死んでみた』広瀬すず&吉沢亮にインタビュー - 認め合う役者としての幅広さ 画像5 映画『一度死んでみた』広瀬すず&吉沢亮にインタビュー - 認め合う役者としての幅広さ 画像6 映画『一度死んでみた』広瀬すず&吉沢亮にインタビュー - 認め合う役者としての幅広さ 画像7 映画『一度死んでみた』広瀬すず&吉沢亮にインタビュー - 認め合う役者としての幅広さ 画像8 映画『一度死んでみた』広瀬すず&吉沢亮にインタビュー - 認め合う役者としての幅広さ 画像9 映画『一度死んでみた』広瀬すず&吉沢亮にインタビュー - 認め合う役者としての幅広さ 画像10 映画『一度死んでみた』広瀬すず&吉沢亮にインタビュー - 認め合う役者としての幅広さ 画像11 映画『一度死んでみた』広瀬すず&吉沢亮にインタビュー - 認め合う役者としての幅広さ 画像12 映画『一度死んでみた』広瀬すず&吉沢亮にインタビュー - 認め合う役者としての幅広さ 画像13 映画『一度死んでみた』広瀬すず&吉沢亮にインタビュー - 認め合う役者としての幅広さ 画像14 映画『一度死んでみた』広瀬すず&吉沢亮にインタビュー - 認め合う役者としての幅広さ 画像15 映画『一度死んでみた』広瀬すず&吉沢亮にインタビュー - 認め合う役者としての幅広さ 画像16

関連ニュース

キーワードから探す

関連用語

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
新作コンビニスイーツ特集 - 人気・おすすめ商品を一挙紹介 [セブン・ファミマ・ローソン]
新作コンビニスイーツ特集 - 人気・おすすめ商品を一挙紹介 [セブン・ファミマ・ローソン]
【映画】2020年 邦画作品を一挙紹介 - 人気漫画の実写化からオリジナルまで注目作が満載
【映画】2020年 邦画作品を一挙紹介 - 人気漫画の実写化からオリジナルまで注目作が満載
2020年公開映画<洋画の話題作>ノーラン新作、キングスマンやミニオン続編など
2020年公開映画<洋画の話題作>ノーラン新作、キングスマンやミニオン続編など
[2020年]夏スイーツ特集 - ホテルのかき氷からコンビニアイスまで一挙紹介
[2020年]夏スイーツ特集 - ホテルのかき氷からコンビニアイスまで一挙紹介

スケジュール

映画『ルース・エドガー』完璧な優等生の“知られざる真実”をめぐるヒューマンサスペンス
6月5日(金)公開
映画『ルース・エドガー』完璧な優等生の“知られざる真実”をめぐるヒューマンサスペンス
映画『ハリエット』奴隷解放に命をかけた黒人女性、その激動の人生を描く
6月5日(金)公開
映画『ハリエット』奴隷解放に命をかけた黒人女性、その激動の人生を描く
映画館「アップリンク京都」烏丸御池駅直結、計4スクリーン構成のミニシアターが新生“新風館”に
6月11日(木)オープン
映画館「アップリンク京都」烏丸御池駅直結、計4スクリーン構成のミニシアターが新生“新風館”に
映画館「キノシネマ」が福岡・天神の商業施設カイタックスクエアガーデン内に、ミニシアター系を中心に上映
6月11日(木)オープン
映画館「キノシネマ」が福岡・天神の商業施設カイタックスクエアガーデン内に、ミニシアター系を中心に上映
映画『グッド・ボーイズ』“初キス・パーティー”参加は叶うのか?少年3人による爆笑コメディー
6月12日(金)公開
映画『グッド・ボーイズ』“初キス・パーティー”参加は叶うのか?少年3人による爆笑コメディー
 スケジュール一覧