menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『あの頃。』松坂桃李が“ハロプロオタク”に、アイドル愛と青春を描くコミックエッセイ実写化

映画『あの頃。』が、2021年2月19日(金)に公開される。主演は松坂桃李。

ハロプロ愛を描いた青春コミックエッセイ実写化

『あの頃。』場面カット|写真1

原作は、“神聖かまってちゃん”の元マネージャー・劔樹人の自伝的青春コミックエッセイ『あの頃。 男子かしまし物語』(イースト・プレス刊)。ハロー!プロジェクトのアイドルへの熱い愛と、大切な仲間たちとの出会いと別れを描いた物語を、『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』など、次々と話題作をリリースしている監督・今泉力哉が実写化に挑む。

脚本は、これまで『南瓜とマヨネーズ』『素敵なダイナマイトスキャンダル』「ひとりキャンプで食って寝る」などで監督・脚本を手掛けてきた冨永昌敬が手がける。

主演は松坂桃李

『あの頃。』場面カット|写真2

ハロー!プロジェクトのアイドルにどっぷりハマり、“ハロプロオタク”と化する主人公・劔樹人(つるぎみきと)を演じるのは、『娼年』『新聞記者』『蜜蜂と遠雷』などの話題作に出演し続けている松坂桃李。

劔は、大学院受験に失敗し、地獄のようなバンド活動を続けながら、金なし彼女なしの底辺の生活を送っていた。しかし、ある日松浦亜弥のMVを観たことをきっかけにアイドルにのめり込み、やがて仲間たちと共に遅すぎる青春の日々を謳歌することになる。

『あの頃。』場面カット|写真3

松坂は出演に際し、「誰しもが持っているであろう"あの頃"。その時間にどんな思いがあって、どんな出来事があって今の自分が生きているのか。原作者の劔さんのお話を伺った時、自分も"あの頃"に触れた時、ふと感じ入るものがありました。」とコメントしている。

仲野太賀や山中崇ら実力派俳優陣

『あの頃。』場面カット|写真4

剣が出会う個性豊かなオタク仲間たちにも注目。『今日から俺は!!劇場版』で好演した仲野太賀や山中崇、本作が映画初出演となるお笑いコンビ「ロッチ」コカドケンタロウなど、個性豊かな俳優陣が集結した。

コズミン(仲野太賀):藤本美貴の魅力を熱く語るプライドが高くてひねくれ者
ロビ(山中崇):石川梨華推しでリーダー格
西野(若葉竜也):痛車や自作のオタグッズを制作するオタク
ナカウチ(芹澤興人):劒がオタク仲間と出会うきっかけを作るCDショップの店員
イトウ(コカドケンタロウ):ハロプロ全般を推すオタク

『あの頃。』場面カット|写真13

その他にも、劔の後輩であり、いつの日か恋心を抱くようになる女子大生・靖子役を中田青渚が演じるほか、大下ヒロトや木口健太、片山友希、西田尚美が出演。さらに、ぱいぱいでか美、どんぐり、いまおかしんじ、増子直純(怒髪天)、MONO NO AWARE、ニーネといった超個性的な面々も集結している。

“松浦亜弥役”に山﨑夢羽

『あの頃。』場面カット|写真11

Photos(14枚)

『あの頃。』場面カット|写真1 『あの頃。』場面カット|写真2 『あの頃。』場面カット|写真3 『あの頃。』場面カット|写真4 『あの頃。』場面カット|写真5 『あの頃。』場面カット|写真6 『あの頃。』場面カット|写真7 『あの頃。』場面カット|写真8 『あの頃。』場面カット|写真9 『あの頃。』場面カット|写真10 『あの頃。』場面カット|写真11 『あの頃。』場面カット|写真12 『あの頃。』場面カット|写真13 『あの頃。』場面カット|写真14

Photos(14枚)

キーワードから探す