menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『耳をすませば』松坂桃李&清野菜名主演で実写化、雫と聖司の物語に10年後のオリジナルストーリー

『耳をすませば』が10年後のオリジナルストーリーも加えて、清野菜名、松坂桃李のW主演で実写映画化。2022年10月14日(金)に公開される。

雫&聖司の青春ラブストーリーを実写映画化『耳をすませば』

『耳をすませば』場面カット|写真5

『耳をすませば』は、1989年に柊あおいが少女コミック誌『りぼん』で発表した青春恋愛漫画。1995年には、その漫画をスタジオジブリがアニメ映画化し、大ヒットを記録した。読書が大好きな中学生・雫が、夢に向かって生きる聖司に想いを寄せていく姿を描いた、ピュアなラブストーリーが多くの人々の心を惹きつけた。

原作の世界観に10年後のオリジナルストーリーを追加

この度、実写映画化される『耳をすませば』では、原作の世界観を忠実に再現する“あの頃(過去)”と、オリジナルで加わる“10年後(現在)”を二重構造で描く。中学生の時に約束を交わした雫と聖司が大人になった今、離ればなれになりながらもお互いを想い続け、夢に向かって突き進む様子が描かれる。また、劇中歌には「翼をください」を起用。

あれから10年、お互いを思い続ける二人は今?

『耳をすませば』場面カット|写真2

月島雫(清野菜名)

読書が大好きだった中学生時代。小説家になるという夢を持っていた。そんな中、同級生・天沢聖司と出会う。最初の印象は最悪だったが、夢を追う聖司に次第に惹かれていった。それから10年が過ぎ、24歳になった。恋も夢も中途半端なまま大人になった雫。夢もあきらめ、出版社で児童小説の編集者になっていた。そんな彼女が、忘れていた“あの頃の気持ち”を取り戻す…。

『耳をすませば』場面カット|写真3

天沢聖司(松坂桃李)

小説家になるという雫の夢を知り、聖司もまた彼女に想いを寄せ始める。そして2人は「お互いきっと、夢を叶えよう」と誓い合う。そして、10年の月日が流れ…大人になった“今”の聖司は、ヴァイオリンの夢を追い続けてイタリアで暮らす。

『耳をすませば』場面カット|写真7

杉村⻯也(山田裕貴)

野球部に所属し、幼馴染である雫へ好意を寄せていた。10年後は、山田裕貴が担当。

『耳をすませば』場面カット|写真8

原田夕子(内田理央)

杉村へ恋心を抱いていた雫の親友。10年後は、内田理央が演じる。

バロン

劇中には、象徴的なキャラクターである猫の男爵の人形「バロン」の姿も。彼は時がたっても二人を暖かく見守り続けているようだ。そのほか、『耳をすませば』おなじみの「地球屋」「図書カード」「自転車」なども登場する。

『耳をすませば』場面カット|写真6

中学生時代の雫....安原琉那

映画『耳をすませば』が映画初出演となる安原琉那が演じる。

Photos(15枚)

『耳をすませば』場面カット|写真2 『耳をすませば』場面カット|写真3 『耳をすませば』場面カット|写真4 『耳をすませば』場面カット|写真5 『耳をすませば』場面カット|写真6 『耳をすませば』場面カット|写真7 『耳をすませば』場面カット|写真8 『耳をすませば』場面カット|写真9 『耳をすませば』場面カット|写真10 『耳をすませば』場面カット|写真11 『耳をすませば』場面カット|写真12 『耳をすませば』場面カット|写真13 『耳をすませば』場面カット|写真14 『耳をすませば』場面カット|写真15 『耳をすませば』場面カット|写真16

キーワードから探す