menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点

三菱一号館美術館の展覧会「開館10周年記念 画家が見たこども展 ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン」が、2020年6月9日(火)より、日時指定予約制で再開。会期は9月22日(火・祝)まで延長された。

「子ども」と都市生活・近代芸術の関係

ピエール・ボナール《家族の情景》1893年 リトグラフ/紙 三菱一号館美術館蔵
ピエール・ボナール《家族の情景》1893年 リトグラフ/紙 三菱一号館美術館蔵

「画家が見たこども展 ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン」では、19世紀末パリの前衛芸術家グループ「ナビ派」の画家たちが追求した親密なテーマの中から「子ども」にフォーカス。都市生活や近代芸術と「子ども」との関係に迫る。

「ナビ派」を中心とした油彩や版画など約100点が集結

モーリス・ドニ《赤いエプロンドレスを着た子ども》1897年 油彩/厚紙 個人蔵
モーリス・ドニ《赤いエプロンドレスを着た子ども》1897年 油彩/厚紙 個人蔵

会場には、国内外の美術館や、三菱一号館美術館の所蔵コレクションからピックアップした、ボナール、ヴァロットン、ドニ、ヴュイヤールらナビ派を中心とした油彩・版画・素描・挿絵本・写真等約100点が展示される。

ゴーガンやファン・ゴッホから影響

フィンセント・ファン・ゴッホ《マルセル・ルーランの肖像》1888年 油彩/カンヴァス ファン・ゴッホ美術館蔵
Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
フィンセント・ファン・ゴッホ《マルセル・ルーランの肖像》1888年 油彩/カンヴァス ファン・ゴッホ美術館蔵
Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

印象派に続く世代の芸術家グループである「ナビ派」は、ゴーガンの総合主義や、対象を太い線で囲み、その中を平らな色面で塗るクロワゾニスム、ファン・ゴッホに影響を受けている。主なメンバーには、ポール・セリュジエ、ピエール・ボナール、モーリス・ドニ、エドゥアール・ヴュイヤール、後に加わったフェリックス・ヴァロットンが挙げられる。それぞれの作品には、子どもたちの優しさ、生命力、興奮、ある種の小悪魔性が入り混じった、豊かな風景が描き出されている。

広場で遊ぶ子どもや親密な室内の風景など

ピエール・ボナール《乳母たちの散歩、辻馬車の列》1897年 リトグラフ/紙 ボナール美術館蔵 
Acquis avec l’aide du Fram © Yves Inchierman
ピエール・ボナール《乳母たちの散歩、辻馬車の列》1897年 リトグラフ/紙 ボナール美術館蔵
Acquis avec l’aide du Fram © Yves Inchierman

ピエール・ボナールは、街中で遊ぶ子どもたちを屛風仕立てのリトグラフ作品に描いた。コンコルド広場の中央で躍動感いっぱいに遊ぶ子どもたちと、画面奥で静かに佇む乳母の対比に注目だ。ヴュイヤールは、街中や公園で遊ぶ子どもたちだけでなく、身近な家族の風景や室内の様子も好んで描き、自らを「アンティミスト(親密派)」と称している。

エドゥアール・ヴュイヤール《赤いスカーフの子ども》1891年頃 油彩/厚紙 ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵
National Gallery of Art, Washington, Ailsa Mellon Bruce Collection, 1970.17.90
エドゥアール・ヴュイヤール《赤いスカーフの子ども》1891年頃 油彩/厚紙 ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵
National Gallery of Art, Washington, Ailsa Mellon Bruce Collection, 1970.17.90

子どもを持たなかったボナール、ヴュイヤール、ヴァロットンとは違い、9人の子どもに恵まれ自身の作品のモチーフにしたモーリス・ドニ、黄昏時に町を散策し、夕暮れの公園で遊ぶ子どもたちを描いたヴァロットンの作品も登場。それぞれ異なる風景の中に「子ども」を描いているのが見て取れる。

【詳細】
展覧会「開館10周年記念 画家が見たこども展 ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン」
会期:2020年2月15日(土)~9月22日(火・祝)〈日時指定予約制〉
※2月28日(金)から臨時休館していたが、6月9日(火)より再開
※当初6月7日(日)までの会期を予定していたが、延長して開催
開館時間:10:00〜18:00
場所:三菱一号館美術館
住所:東京都千代田区丸の内2-6-2
休館日:月曜日(但し、祝日・振替休日、6月29日、7月27日、8月31日は開館)
入場料:一般 1,700円、高校・大学生 1,000円、小・中学生 無料
※価格はすべて税込
※障がい者手帳持参者は半額、付添1名まで無料
※美術館ウェブサイト・チケットページより購入(6月5日(金)17:00に公開)
※すでにチケットを持っている場合も、上記システムで来場の日時指定を行う必要あり
※日時指定予約制にともない、学生割引と障碍者手帳割引を除く各種割引は利用不可
※来館に際しての注意事項、およびチケットの払い戻しに関しては、公式サイトを確認のこと
※予定は変更となる場合あり

【問い合わせ先】
03-5777-8600(ハローダイヤル)

Photos(20枚)

「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真1 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真2 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真3 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真4 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真5 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真6 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真7 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真8 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真9 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真10 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真11 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真12 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真13 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真14 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真15 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真16 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真17 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真18 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真19 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真20

Photos(20枚)

「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真1 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真2 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真3 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真4 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真5 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真6 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真7 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真8 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真9 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真10 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真11 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真12 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真13 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真14 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真15 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真16 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真17 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真18 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真19 「画家が見たこども展」三菱一号館美術館で、ボナールなど「ナビ派」が描く油彩や版画約100点|写真20

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

原宿の古着屋ベスト30選 -ブランド古着やストリートなどメンズ&レディースの人気店を網羅
原宿の古着屋ベスト30選 -ブランド古着やストリートなどメンズ&レディースの人気店を網羅
展覧会「THE HEROES ⼑剣×浮世絵」東京ほかで、ボストン美術館所蔵の武者絵&名⼑を一挙公開
2022.1.21(金)~2022.3.25(金)
展覧会「THE HEROES ⼑剣×浮世絵」東京ほかで、ボストン美術館所蔵の武者絵&名⼑を一挙公開
特別展「よみがえる正倉院宝物」サントリー美術館で、忠実に再現された琵琶や調度品など約70件
2022.1.26(水)~2022.3.27(日)
特別展「よみがえる正倉院宝物」サントリー美術館で、忠実に再現された琵琶や調度品など約70件
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
2022.1.28(金)~2022.3.25(金)
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
立川・プレイ ミュージアムで「どうぶつかいぎ展」8人の芸術家が絵本『動物会議』を現代に“再解釈”
2022.2.5(土)~2022.4.10(日) 開催予定
立川・プレイ ミュージアムで「どうぶつかいぎ展」8人の芸術家が絵本『動物会議』を現代に“再解釈”

スケジュール

堀清英の写真展が銀座シャネル・ネクサス・ホールで、アレン・ギンズバーグ着想の作品や初公開の新作など
2022.1.19(水)~2022.2.20(日)
堀清英の写真展が銀座シャネル・ネクサス・ホールで、アレン・ギンズバーグ着想の作品や初公開の新作など
企画展「シンガポール・スタイル1850-1950」福岡で、東南アジアで開花したファッションの変遷
2022.1.19(水)~2022.3.27(日)
企画展「シンガポール・スタイル1850-1950」福岡で、東南アジアで開花したファッションの変遷
展覧会「THE HEROES ⼑剣×浮世絵」東京ほかで、ボストン美術館所蔵の武者絵&名⼑を一挙公開
2022.1.21(金)~2022.3.25(金)
展覧会「THE HEROES ⼑剣×浮世絵」東京ほかで、ボストン美術館所蔵の武者絵&名⼑を一挙公開
「ムーミンコミックス展」長崎県美術館で、トーベ・ヤンソンのスケッチや弟ラルスの原画など約280点
2022.1.21(金)~2022.3.27(日)
「ムーミンコミックス展」長崎県美術館で、トーベ・ヤンソンのスケッチや弟ラルスの原画など約280点
企画展「ミニマル/コンセプチュアル」愛知県美術館で、60-70年代の美術動向を18作家の活動から紹介
2022.1.22(土)~2022.3.13(日)
企画展「ミニマル/コンセプチュアル」愛知県美術館で、60-70年代の美術動向を18作家の活動から紹介
 スケジュール一覧