menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』“鹿革ジャケット”への愛情ゆえ殺人に走る、狂気の物語

映画『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』が、2019年11月17日(日)より、シネマート新宿およびシネマート心斎橋にて開催される「のむコレ3」にて公開される。

お前は着るな、俺がキル!

『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』場面カット|写真3

夢にまで見た鹿革(ディアスキン)100%のジャケットを手に入れた中年の男ジョルジュは、ジャケットを愛するあまり、いつしかジャケットと会話を交わせるまでに至っていた。完璧なジャケットとそれを着る自分を撮影しよう、そう思った彼は、さらなる高みを目指すべく放浪の旅に出る。

『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』場面カット|写真1

旅先のバーでジョルジュは映画監督を夢見るウエイトレス、ドゥニースと出会う。なんとか彼女を説得し、ジャケット映画の制作を始めるジョルジュではあったが、ジャケットへの愛情は狂気すらはらんで高まってゆく。

『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』場面カット|写真2

ある時ジョルジュは、ジャケットの切なる願いを聞く「世界で唯一のジャケットになりたい──」そこで彼は、”ジャケットを着る世界で唯一の男となる”ことを決意。映画撮影と称して次々に殺人を犯す、“死のジャケット狩り”を始めるのだった......。

フランス人監督カンタン・デュピューの描くファッションスリラー

本作は、フランス人監督カンタン・デュピューの最新作。殺人タイヤを主人公とした『ラバー』をはじめ、奇抜な作品を生み出してきたデュピューが、鹿革ジャケットへの深い愛情ゆえ殺人に走った男の狂気を描く。

また、主人公のジョルジュは、『アーティスト』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したジャン・デュジャルダンが演じる。さらに彼の映画製作を手伝う女性を、カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリに輝いた『BPM ビート・パー・ミニット』などで知られる女優、アデル・エネルが務める。

詳細

『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』
公開日:2019年11月17日(日)より、シネマート新宿&心斎橋にてロードショー
原題:Le daim
監督・脚本・撮影・編集:カンタン・デュピュー
出演:ジャン・デュジャルダン、アデル・エネル、アルベール・デルピー、マリー・ビュネル
配給:トランスフォーマー
2019年 / フランス / 77分

■「のむコレ3」上映スケジュール
・シネマート新宿
日程:2019年11月17日(日)・25日(月)・29日(金)、12月2日(月)・3日(火)
住所:東京都新宿区新宿3丁目13-3 新宿文化ビル 6F・7F
・シネマート心斎橋
日程:2019年11月24日(日)、12月6日(金)、2020年1月5日(日)
住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目6-14 ビッグステップビル 4F

©2019 ATELIER DE PRODUCTION ARTE FRANCE CINEMA NEXUS FACTORY & UMEDIA GARIDI FILMS

Photos(4枚)

『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』場面カット|写真1 『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』場面カット|写真2 『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』場面カット|写真3 『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』場面カット|写真4

Photos(4枚)

『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』場面カット|写真1 『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』場面カット|写真2 『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』場面カット|写真3 『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』場面カット|写真4

キーワードから探す