menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   アート   >   イベント

「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点

「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」が、東京のパナソニック汐留美術館にて、2019年10月5日(土)から12月15日(日)まで開催される。

ラウル・デュフィが手掛けた絵画とテキスタイルデザイン

《ニースの窓辺》 1928年 油彩/キャンバス 島根県立美術館蔵
《ニースの窓辺》 1928年 油彩/キャンバス 島根県立美術館蔵

「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」では、華やかで明るい色彩と軽やかなタッチの絵画作品を数多く残し、テキスタイルデザイナーとしても活躍した画家、ラウル・デュフィに着目。モダンな絵画作品や、モードの帝王ポール・ポワレ(Paul Poiret)が洋服に使用した絹織物を含む、デュフィのテキスタイルデザイン関連作品や資料全152点を展示する。

明るい色彩・軽やかなタッチの絵画

《公式レセプション》 1942年 油彩/キャンバス 大谷コレクション
《公式レセプション》 1942年 油彩/キャンバス 大谷コレクション

絵画作品は、美術学校時代の優品≪グラン・ブルヴァールのカーニヴァル≫から晩年の≪花束≫まで、代表的な作例16点を出品。画業の形成期に、印象派やフォーヴィスム、セザンヌの影響を受けながらも、表現の革新を続けたデュフィは、1920年前後に南仏のヴァンスに滞在し、制作に没頭。その過程で、明るい色調と軽快な輪郭線など、独自の画風を獲得。まぶしい陽光を思わせる海や、コンサートホール、着飾る人物など、楽しみや歓びに満ちた表現が見て取れる。

ポール・ポワレとテキスタイル共同開発

イヴニング・コート 《ペルシア》 ドレス・デザイン原案 ポール・ポワレ(1911年) 制作 モンジ・ギバン 2007年 絹 デュフィ・ビアンキーニ蔵
イヴニング・コート 《ペルシア》 ドレス・デザイン原案 ポール・ポワレ(1911年) 制作 モンジ・ギバン 2007年 絹 デュフィ・ビアンキーニ蔵

『動物詩集またはオルフェウスの行列』のために制作した挿絵≪オルフェウスの行列≫に見られるような、デュフィのグラフィックを高く評価したのが、ファッション・デザイナーのポール・ポワレ。ポール・ポワレはテキスタイル制作所を設立し、デュフィと布地の共同開発をスタート。

《オルフェウスの行列》 1913年 絹織物 デュフィ・ビアンキーニ蔵
《オルフェウスの行列》 1913年 絹織物 デュフィ・ビアンキーニ蔵

さらに、テキスタイル・デザインの仕事に関心を高めていたデュフィは、リヨンにあるビアンキーニ=フェリエ社と1912年に契約し、布地の図案を提供するようになる。《貝殻と海の馬》や、《象〔デザイン原画〕》といった生地が、ポール・ポワレの衣装に使用された。そこで生まれたテキスタイルの仕事を通して、色彩と輪郭線が依存しあわず、共に自律して画面上で調和する、デュフィならではの絵画手法を獲得した。

花柄やモダンな幾何学柄などのテキスタイル

《夏〔デザイン原画〕》 1925年 グワッシュ/紙 デュフィ・ビアンキーニ蔵
《夏〔デザイン原画〕》 1925年 グワッシュ/紙 デュフィ・ビアンキーニ蔵

花模様や昆虫などの自然を表現したテキスタイルから、近代的な幾何学柄や都市生活を思わせる、モダンで装飾的な模様まで、多岐にわたる柄の織物やプリントファブリック、原画などが一堂に会する。

クリスチャン・ラクロワのドレスなど衣装も

さらに、デュフィ・デザインのテキスタイルを使用した衣装作品20点にも注目。ポール・ポワレ原案のドレスをモンジ・ギバンが現代的に解釈した衣装や、クリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix)、オリヴィエ・ラピドスがデュフィ・デザインの布地を使用して仕立てたドレス、英国の舞台衣装デザイナー、アンソニー・パウエルによる「マイ・フェア・レディ」の衣装などを揃える。

【詳細】
ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン
会期:2019年10月5日(土)~12月15日(日)
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
※11月1日(金)、12月6日(金)は夜間開館、20:00まで(入館は19:30まで)
場所:パナソニック汐留美術館
住所:東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
休館日:水曜日
入館料:一般 1,000円/65歳以上 900円/大学生 700円/中・高校生 500円/小学生以下 無料
※20名以上の団体は100円割引
※障がい者手帳提示者、および付添者1名まで無料で入館可能。

■巡回
・松本市美術館「ラウル・デュフィ展- 絵画とファッション(仮称)」
会期:2020年1月25日(土)~3月29日(日)
住所:長野県松本市中央4-2-22

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600(NTTハローダイヤル)

Photos(12枚)

「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像1 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像2 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像3 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像4 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像5 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像6 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像7 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像8 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像9 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像10 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像11 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像12

Photos(12枚)

「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像1 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像2 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像3 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像4 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像5 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像6 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像7 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像8 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像9 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像10 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像11 「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点 画像12

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

原宿の古着屋ベスト33選-人気店や名店を網羅
原宿の古着屋ベスト33選-人気店や名店を網羅
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
東京都内・都内近郊おでかけ情報 - デートや観光にも最適なおすすめイベントスケジュール
東京都内・都内近郊おでかけ情報 - デートや観光にも最適なおすすめイベントスケジュール
渋谷・原宿・表参道周辺のおでかけ美術館・ギャラリー&公園イベント情報スケジュール
渋谷・原宿・表参道周辺のおでかけ美術館・ギャラリー&公園イベント情報スケジュール

スケジュール

クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現
10月18日(金)~2020年1月5日(日)開催
クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現
エルメス 銀座で「みえないかかわり」 イズマイル・バリー展、光と陰の戯れを観察するインスタレーション
10月18日(金)~2020年1月13日(月)開催
エルメス 銀座で「みえないかかわり」 イズマイル・バリー展、光と陰の戯れを観察するインスタレーション
展覧会「西洋近代美術にみる 神話の世界」京都で、ピカソやルノワールが描いた神々の絵画や彫刻
10月18日(金)~11月17日(日)開催
展覧会「西洋近代美術にみる 神話の世界」京都で、ピカソやルノワールが描いた神々の絵画や彫刻
日本最大級のデザイン・アートの祭典「デザイナート・トーキョー 2019」都内全体が“ミュージアム”に
10月18日(金)~10月27日(日)開催
日本最大級のデザイン・アートの祭典「デザイナート・トーキョー 2019」都内全体が“ミュージアム”に
「ハプスブルク展」国立西洋美術館で - ハプスブルク家の美術品を紹介、マリー・アントワネットの肖像も
10月19日(土)~2020年1月26日(日)開催
「ハプスブルク展」国立西洋美術館で - ハプスブルク家の美術品を紹介、マリー・アントワネットの肖像も
 スケジュール一覧