menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   ライフスタイル・カルチャー   >   イベント

特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」東京都江戸東京博物館で、日本スポーツ文化・五輪の歴史を辿る

特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」が、2019年7月6日(土)から8月25日(日)まで東京都江戸東京博物館にて開催される。

2020年東京五輪に向けて日本のスポーツ文化を振り返る

「1964年東京オリンピック記録カラー映像」 師岡宏次、東京エイト/撮影 1964年(昭和39) 東京都江戸東京博物館蔵
「1964年東京オリンピック記録カラー映像」 師岡宏次、東京エイト/撮影 1964年(昭和39) 東京都江戸東京博物館蔵

特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」は、2020年に控えた東京で2度目となるオリンピック・パラリンピックに向けて、日本におけるスポーツとオリンピックの歴史を振り返り紐解く展覧会。

「極暑あそび」 歌川豊国(三代)/画 1852年(嘉永5) 早稲田大学演劇博物館蔵 [展示期間:7月6日(土)~28日(日)]
「極暑あそび」 歌川豊国(三代)/画 1852年(嘉永5) 早稲田大学演劇博物館蔵 [展示期間:7月6日(土)~28日(日)]

江戸時代に行われた運動・競技の文化にまでさかのぼり、絵画や道具類などの資料を通して当時の様子を探り、近代以降に西洋から取り入れられたスポーツの受容の軌跡を辿る。さらに、スポーツの祭典であるオリンピックへの出場・開催を目指した人々の栄光と挫折、1964年東京オリンピック・パラリンピック開催までの歴史、2020年開催の東京大会の見所も紹介する。

〈江戸時代〉武士の馬術・大相撲が観覧の対象に

「小野川 谷風 引分の図」 勝川春英/画 1791年(寛政3)頃 東京都江戸東京博物館蔵
「小野川 谷風 引分の図」 勝川春英/画 1791年(寛政3)頃 東京都江戸東京博物館蔵

江戸時代には、いわゆる近代の「スポーツ」とは異なる運動や競技が盛んに行われていた。武士が学んだ馬術や弓術・剣術は、時に観覧の対象として楽しまれることもあった。また、庶民の間では大相撲の興行が人気を集めたり、かつての宮廷行事であった蹴鞠が、町人の間で好まれ、将軍がその鍛錬の成果を上覧したりと、様々な競技が娯楽として親しまれていた。

〈近代以降〉西洋のスポーツを受容&第1回東京五輪へ

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20) 国立歴史民俗博物館蔵 [展示期間:7月6日(土)~28日(日)]
「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20) 国立歴史民俗博物館蔵 [展示期間:7月6日(土)~28日(日)]

明治時代を迎えると、西洋から野球やサッカー、テニスなど様々なスポーツが取り入れられる。1912年には、オリンピックストックホルム大会に、日本が初出場。参加した金栗四三と三島弥彦は、メダルにこそ届かなかったが、国際大会への出場という道を切り開き、その後のスポーツ普及にも大きな足跡を残した。

日本代表選手公式ユニフォーム 1964年(昭和39) 東京都江戸東京博物館蔵
日本代表選手公式ユニフォーム 1964年(昭和39) 東京都江戸東京博物館蔵

第1回目の東京オリンピックは、当初1940年の開催が決定していたが、日中戦争の開戦と国際関係の悪化から中止に。スポーツ自体の実施も難しくなり、日本のオリンピック・スポーツを取り巻く状況は挫折の時期を迎える。満を持して東京オリンピックが開催されたのは、終戦、復興を経て高度経済成長期に推移した1964年。当時の公式ユニフォームや実際に使用されたマラソンシューズ、記録映像などから当時の雰囲気を振り返る。

詳細

特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」
会期:2019年7月6日(土)~8月25日(日)
会場:東京都江戸東京博物館 1階特別展示室
住所:東京都墨田区横網1-4-1
開館時間:9:30~17:30
※土曜日は19:30まで、7月19日・26日、8月2日・9日・16日・23日(各金曜日)は21:00まで
※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日(ただし7月15日、8月12日は開館)、7月16日(火)
※会期中に一部展示品の入れ替えあり。
観覧料:
〈特別展専用券〉一般 1,000円(800円)、大学生・専門学校生 500円(400円)、中学生[都外]・高校生・65歳以上 500円(400円)
〈特別展・常設展 共通券〉 一般 1,280円(1,020円)、大学生・専門学校生 780円(620円)、中学生[都外]・高校生・65歳以上 640円(510円) ※()内は20名以上の団体料金。
〈特別展前売券〉一般 800円、大学生・専門学校生 300円、中学生[都外]・高校生・65歳以上 300円
※価格は全て税込
※都内の中学生・小学生以下は無料。
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳持参者と、その付き添い(2名まで)は無料。
※前売券は4月27日(土)から7月5日(金)まで販売。7月6日(土)から会期中は当日料金でチケットを販売。
※画像写真の無断転載禁止。

【問い合わせ先】
東京都江戸東京博物館
TEL:03-3626-9974(代表)

Photos(15枚)

特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」東京都江戸東京博物館で、日本スポーツ文化・五輪の歴史を辿る 画像1 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」東京都江戸東京博物館で、日本スポーツ文化・五輪の歴史を辿る 画像2 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」東京都江戸東京博物館で、日本スポーツ文化・五輪の歴史を辿る 画像3 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」東京都江戸東京博物館で、日本スポーツ文化・五輪の歴史を辿る 画像4 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」東京都江戸東京博物館で、日本スポーツ文化・五輪の歴史を辿る 画像5 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」東京都江戸東京博物館で、日本スポーツ文化・五輪の歴史を辿る 画像6 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」東京都江戸東京博物館で、日本スポーツ文化・五輪の歴史を辿る 画像7 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」東京都江戸東京博物館で、日本スポーツ文化・五輪の歴史を辿る 画像8 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」東京都江戸東京博物館で、日本スポーツ文化・五輪の歴史を辿る 画像9 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」東京都江戸東京博物館で、日本スポーツ文化・五輪の歴史を辿る 画像10 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」東京都江戸東京博物館で、日本スポーツ文化・五輪の歴史を辿る 画像11 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」東京都江戸東京博物館で、日本スポーツ文化・五輪の歴史を辿る 画像12 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」東京都江戸東京博物館で、日本スポーツ文化・五輪の歴史を辿る 画像13 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」東京都江戸東京博物館で、日本スポーツ文化・五輪の歴史を辿る 画像14 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」東京都江戸東京博物館で、日本スポーツ文化・五輪の歴史を辿る 画像15

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
京都観光におすすめ“絶景”神社&お寺特集 - 清水寺や平等院など世界遺産も
京都観光におすすめ“絶景”神社&お寺特集 - 清水寺や平等院など世界遺産も
おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
[2020年]夏スイーツ特集 - ホテルのかき氷からコンビニアイスまで一挙紹介
[2020年]夏スイーツ特集 - ホテルのかき氷からコンビニアイスまで一挙紹介

スケジュール

ネイバーフッドからミニバイクのような電動アシスト自転車、スーパー73とコラボ
7月4日(土)発売
ネイバーフッドからミニバイクのような電動アシスト自転車、スーパー73とコラボ
ヴィンテージアクセサリーパーツの専門店「レミース」夏にぴったり“涼し気”パーツを販売
7月4日(土)開催
ヴィンテージアクセサリーパーツの専門店「レミース」夏にぴったり“涼し気”パーツを販売
中川政七商店の“フルーツや野菜”で染めた「花ふきん」赤かぶやブルーベリー染めの“おいしい”ふきん
7月7日(火)発売
中川政七商店の“フルーツや野菜”で染めた「花ふきん」赤かぶやブルーベリー染めの“おいしい”ふきん
アフタヌーンティー・リビング×エビアンの雑貨、フレンチアルプスの大自然をイメージしたアートをデザイン
7月8日(水)発売
アフタヌーンティー・リビング×エビアンの雑貨、フレンチアルプスの大自然をイメージしたアートをデザイン
池袋サンシャイン水族館に新クラゲエリア「海月空感」横幅約14メートル、国内最大級のミズクラゲ水槽
7月9日(木)オープン
池袋サンシャイン水族館に新クラゲエリア「海月空感」横幅約14メートル、国内最大級のミズクラゲ水槽
 スケジュール一覧