menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

マーベル映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』解き放たれた闇の力&神の国・アスガルドに危機が迫る

映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』は、『マイティ・ソー』の続編にあたるマーベル作品。前作に引き続き、主演はクリス・ヘムズワースが担当。

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』場面カット|写真5

あらすじ

物語の舞台となるのはは、最強ヒーローチームアベンジャーズの結束から1年後。イギリス・ロンドンで原因不明の重力異常が発生し、ソー(クリス・ヘムズワース)の恋人で天文学者のジェーンが調査に向かうが、そこで彼女は地球滅亡の鍵となるインフィニティ・ストーンの1つ“エーテル”を宿してしまう。

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』場面カット|写真1

恋人の一大事に地球に駆け付けたソーは、愛する彼女を救おうとジェーンを連れて神々の世界アスガルドへと戻る。しかしそれが引き金となって、家族や故郷を危機的状況に。残された最後の救いの綱となるのは、ソーの血のつながらない弟で宿敵でもあるロキの力だった。果たしてロキは敵なのか、味方なのか?ジェーンとアスガルドの運命を動かす物語が始まる。

“エーテル”が生まれたきっかけ

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』場面カット|写真2

そもそも“エーテル”とは、世界征服を目論むダークエルフの長・マレキスがつくりあげたとされるもの。5000年程前アスガルドの地下に封印することに成功したが、時空の歪みによってジェーンがその地下へと飛ばされてしまい、自らの身体に吸収してしまったのだった。この“エレキス”の封印が解かれたことで、宇宙彼方で眠りについていたマレキスが覚醒。邪悪な力がアスガルドを覆いつくしていくーー。

メインキャラクター

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』場面カット|写真4

ジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)
天文学者であり、ソーの恋人。インフィニティ・ストーンの1つ“エーテル”を吸収したことで、敵から狙われることに。
マレキス
ダークエルフの長で、世界を闇で覆いつくすことをを目論んでいる。5000年前にソーの祖父によって阻止されたが、インフィニティ・ストーンの存在に気付き、再び覚醒する。
王妃フリッガ(レネ・ルッソ)
ソーの母。マレキスに狙われたジェーンをかばうために、殺されてしまう。
ロキ(トム・ヒドルストン)
ソーの義弟であり、宿敵。唯一情けをかけてくれたフリッガが、自分の悪事が死に追いやってしまったことを深く後悔する。ソーとジェーンの助けに回るのか?

【詳細】

発売情報

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』場面カット|写真6

MovieNEX発売中/デジタル配信中
発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2018 MARVEL

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』
監督:アラン・テイラー
脚本:クリストファー・ヨスト、クリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリー
出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、アンソニー・ホプキンス、ステラン・スカルスガルド、カット・デニングス、イドリス・エルバ、クリストファー・エクルストン。アドウェール・アキノエ=アグバ、エレイ・スティーヴンソン、ザッカリー・リーヴァイ。浅野忠信、ジェイミー・アレクサンダー、レネ・ルッソ

Photos(6枚)

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』場面カット|写真1 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』場面カット|写真2 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』場面カット|写真3 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』場面カット|写真4 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』場面カット|写真5 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』場面カット|写真6

Photos(6枚)

キーワードから探す