menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   アート   >   イベント

高畑勲の初回顧展、東京国立近代美術館で開催 - ハイジや火垂るの墓などアニメ作品とともに功績を辿る

東京国立近代美術館は、展覧会「高畑勲展―日本のアニメーションに遺したもの Takahata Isao : A Legend in Japanese Animation」を開催する。会期は、2019年7月2日(火)から10月6日(日)まで。

展覧会「高畑勲展―日本のアニメーションに遺したもの」

高畑勲は、日本人なら誰もが知っている『アルプスの少女ハイジ』(1974年)や『赤毛のアン』(1979年)などのTV名作シリーズ、『火垂るの墓』(1988年)などを手掛けてきたアニメーション映画監督。また、日常生活を描くという新たな表現領域の開拓や、あらゆる芸術ジャンルの知識を生かした表現スタイルの探究に関わるなど、戦後の日本のアニメーションの発展に大きく影響を与えた人物だ。

彼の功績は今のアニメーションの礎となっている。他の制作者にも大きな影響を与えたことは言わずもがな、 2018年、この世を去った今でも彼の多大な功績は日本のアニメーション業界に受け継がれ続けるだろう。

「高畑勲展―日本のアニメーションに遺したもの」は、戦後の日本のアニメーションの基礎を築いた彼が現代に遺したもの、その業績を総覧する初の回顧展。絵を描かない高畑の“演出”に注目し、多数の未公開資料も紹介しながら、その多面的な作品世界の秘密を紐解いていく。

展覧会のみどころ

未公開資料などから高畑勲の活躍を辿る

高畑勲の出発点は、初の長編演出(監督)を務めた『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1968年)。その後は『アルプスの少女ハイジ』、『母を訪ねて三千里』(1976年)といったTV名作シリーズを手掛けた。毎週1話作るという時間的制約の中で、日常生活を丹念に描写した豊かな人間ドラマは如何に演出されたのか。展覧会では、宮崎駿らとのチームワークを絵コンテなどの資料から検証し、その演出の秘密に迫る。

日本を舞台にした作品へ特化

スタジオジブリ参画後の高畑勲は、日本を舞台にした作品に特化し、『火垂るの墓』(1988年)や『おもひでぽろぽろ』(1991年)の中で日本の風土や庶民の生活のリアリティーを描いた。本展では、作中で用いられている、日本の過去と現在を結び付けて語りなおす話法に注目した展示を行う。

アニメーションの新境地への挑戦

高畑勲は、新しい表現スタイルを常に追い求めていた革新者でもあった。遺作『かぐや姫の物語』(2013年)ではデジタル技術を駆使し、手描きの線を生かした水彩画風の描法に挑戦。従来の方法とは一線を画した革新的な表現を生み出した。展覧会では、高畑勲の新しい表現方法の根底にある美術の知識から、新しいイメージを組み立てるプロセスを探っていく。

詳細

展覧会「高畑勲展―日本のアニメーションに遺したもの Takahata Isao: A Legend in Japanese Animation」
会期:2019年7月2日(火)~10月6日(日)
開館時間:10:00~17:00(金、土曜日は~21:00)※入館は閉館30分前まで
会場:東京国立近代美術館 1階 企画展ギャラリー(東京都千代田区北の丸公園3-1)
休館日:月曜日、7月16日(火)、8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)
※7月15日、8月12日、9月16日、9月23日は開館
観覧料:一般 1,500円(1,300円)、大学生 1,100円(900円)、高校生 600円(400円)
※全て消費税込。
※()内は、前売りおよび20名以上の団体料金。
※前売券の販売期間:2019年4月23日(火)~7月1日(月)を予定。
※中学生以下および障害者手帳を提示の方とその付添者(1名)は無料。
※本展の観覧料で入館当日に限り、同時開催の所蔵作品展「MOMAT コレクション」(4F-2F)も観覧可能。
※今後、岡山で巡回展開催を予定。

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

Photos(3枚)

高畑勲の初回顧展、東京国立近代美術館で開催 - ハイジや火垂るの墓などアニメ作品とともに功績を辿る 画像1 高畑勲の初回顧展、東京国立近代美術館で開催 - ハイジや火垂るの墓などアニメ作品とともに功績を辿る 画像2 高畑勲の初回顧展、東京国立近代美術館で開催 - ハイジや火垂るの墓などアニメ作品とともに功績を辿る 画像3

Photos(3枚)

高畑勲の初回顧展、東京国立近代美術館で開催 - ハイジや火垂るの墓などアニメ作品とともに功績を辿る 画像1 高畑勲の初回顧展、東京国立近代美術館で開催 - ハイジや火垂るの墓などアニメ作品とともに功績を辿る 画像2 高畑勲の初回顧展、東京国立近代美術館で開催 - ハイジや火垂るの墓などアニメ作品とともに功績を辿る 画像3

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
ファッション業界を描いたドキュメンタリー映画特集 - 波乱の人生を歩むデザイナーたち
ファッション業界を描いたドキュメンタリー映画特集 - 波乱の人生を歩むデザイナーたち
【映画】2019年 邦画作品を一挙紹介 - 人気コミックや小説の実写化作など注目作が満載
【映画】2019年 邦画作品を一挙紹介 - 人気コミックや小説の実写化作など注目作が満載
ミュシャ特集 - アール・ヌーヴォーのポスター作品から《スラヴ叙事詩》まで、展覧会の情報も
ミュシャ特集 - アール・ヌーヴォーのポスター作品から《スラヴ叙事詩》まで、展覧会の情報も
2019年おすすめのハリウッド大作映画を一挙紹介
2019年おすすめのハリウッド大作映画を一挙紹介

スケジュール

「大哺乳類展2」国立科学博物館で開催、500点以上の剥製や骨格標本で紐解く、哺乳類の“生き残り戦略”
3月21日(木)~6月16日(日)開催
「大哺乳類展2」国立科学博物館で開催、500点以上の剥製や骨格標本で紐解く、哺乳類の“生き残り戦略”
特別展「明恵の夢と高山寺」中之島香雪美術館で - 夢の中のモチーフを表した美術品や《鳥獣戯画》
3月21日(木)~5月6日(月)開催
特別展「明恵の夢と高山寺」中之島香雪美術館で - 夢の中のモチーフを表した美術品や《鳥獣戯画》
「印象派、記憶への旅」ポーラ美術館とひろしま美術館で、ピカソやゴッホなど印象派の風景画74点
3月23日(土)~7月28日(日)開催
「印象派、記憶への旅」ポーラ美術館とひろしま美術館で、ピカソやゴッホなど印象派の風景画74点
特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」東京国立博物館で、国宝含む史上最多15体の仏像曼荼羅が登場
3月26日(火)~6月2日(日)開催
特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」東京国立博物館で、国宝含む史上最多15体の仏像曼荼羅が登場
現代水墨画家・山岸千穂の個展「前へ」銀座で、勇ましい獅子を描いた大型屏風作品など
3月28日(木)~4月27日(土)開催
現代水墨画家・山岸千穂の個展「前へ」銀座で、勇ましい獅子を描いた大型屏風作品など
 スケジュール一覧