menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現

展覧会「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」が、東京・国立新美術館で2019年6月12日(水)から2019年9月2日(月)まで、長崎県美術館で2019年10月18日(金)から2020年1月5日(日)まで開催される。

クリスチャン・ボルタンスキー、日本では過去最大規模の大回顧展

《黄昏》 2015 / ソケット、電球、電気コード / 作家蔵
《黄昏》 2015 / ソケット、電球、電気コード / 作家蔵
© Christian Boltanski / ADAGP, Paris, 2019, © Oude Kerk, Amsterdam, Photo by Gert Jan Van Rooij

「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」は、ボルタンスキーの50年に渡る活動の全貌を紹介する、日本では過去最大規模の回顧展。会場には、初期から最新のものまで約46点もの作品を展示予定。「展覧会をひとつの作品のように見せる」と語るボルタンスキー自身がそれら個々の作品を組み合わせ、展覧会場に合わせた1つの大きなインスタレーションとして構成した。

写真・衣服などを使った“記憶”にまつわる作品

《合間に》 2010 / ビデオプロジェクション、ストリングス・カーテン / 作家蔵
《合間に》 2010 / ビデオプロジェクション、ストリングス・カーテン / 作家蔵
© Christian Boltanski / ADAGP, Paris, 2019, Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Elie Posner

ボルタンスキーの創作活動は、短編フィルムの制作に始まる。後に人が歩んできた歴史や文化人類学への関心を土台とし、写真やドキュメント、ビスケット缶などの日用品を組み合わせることで、自己あるいは他者の記憶に関連する作品を多数制作するようになる。

《モニュメント》 1986 / 写真、フレーム、ソケット、電球、電気コード / 作家蔵
《モニュメント》 1986 / 写真、フレーム、ソケット、電球、電気コード / 作家蔵
© Christian Boltanski / ADAGP, Paris, 2019, Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Elie Posner

子どもの肖像写真と電球を祭壇のように組み合わせて展示した「モニュメント」シリーズでは、宗教的なテーマに取り組んだ。それを発展させた《保存室(プーリム祭)》では、骨壺を暗示するブリキ缶が使用されており、ホロコーストの犠牲者を間接的に表現している。

《保存室(カナダ)》 1988 / 衣類 / 作家蔵
《保存室(カナダ)》 1988 / 衣類 / 作家蔵
© Christian Boltanski / ADAGP, Paris, 2019, © Ydessa Hendeles Art Foundation, Toronto, Photo by Robert Keziere

古着で壁を埋め尽くした《保存室(カナダ)》は、存在が消えてしまうこと、そしてその記憶を留めることの必要性を示した作品。床から天井まで隙間なく衣服を吊り下げることで、今は不在となった人間の痕跡を浮かび上がらせた。

国際的な芸術祭に出展

《コート》 2000 / コート、ソケット、電球 / 作家蔵
© Christian Boltanski / ADAGP, Paris, 2019, Courtesy Power Station of Art, Shanghai, Photo by Jiang Wenyi
《コート》 2000 / コート、ソケット、電球 / 作家蔵
© Christian Boltanski / ADAGP, Paris, 2019, Courtesy Power Station of Art, Shanghai, Photo by Jiang Wenyi

ボルタンスキーは、1970年代からドイツ・カッセルのドクメンタやヴェネチア・ビエンナーレなどの国際現代美術展に招待されるなど、世界的に活躍。日本では、1990~91年に名古屋のICA, Nagoyaと水戸芸術館で個展を開催した後、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」や「瀬戸内国際芸術祭」などに参加。2016年にも、東京都庭園美術館で個展が開催されている。

特に日本国内の作品であれば、ベネッセアートサイト直島で2008年より実施している「心臓音のアーカイブ」が有名だろう。「心臓音のアーカイブ」とは、世界中の人々の心臓音を恒久的に保存し、それらの心臓音を聴くことができる小さな美術館。自身の心臓音も採録し、美術館に“生きた証”を残すことができる。

詳細

【詳細】
クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime
■東京会場
会期:2019年6月12日(水)~9月2日(月) ※毎週火曜日休館
会場:国立新美術館 企画展示室2E
住所:東京都港区六本木7-22-2
開館時間:10:00~18:00
※毎週金・土曜日は、6月は20:00まで、7・8月は21:00まで
※入場は閉館の30分前まで
観覧料:
・当日
一般 1,600円(税込)、大学生 1,200円(税込)、高校生 800円(税込)
・前売/団体
一般 1,400円、大学生 1,000円(税込)、高校生 600円(税込)
※中学生以下は入場無料
※障害者手帳を持参の人(付添者1名含む)は入場無料
※8月10日(土)~8月12日(月・祝)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)
※前売券は2019年3月16日(土)~6月11日(火)までの販売。ただし、国立新美術館では6月10日(月)まで
※チケットの取扱いは、国立新美術館(開館日のみ)、展覧会ホームページ、チケットぴあ(Pコード:769-630)
※チケット購入に手数料がかかる場合あり
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)

■長崎会場
期間:2019年10月18日(金)~2020年1月5日(日)
場所:長崎県美術館
住所:長崎県長崎市出島町2−1
開館時間:10:00~20:00(最終入場19:30) ※1月2日(木)と3日(金)は18:00閉館(最終入場17:30)
休館日:10月28日(月)、11月11日(月)、25日(月)、12月9日(月)、23日(月)、12月29日(日)~2020年1月1日(元日)
観覧料:一般 1,400(1,200)円、大学生・70歳以上 1,100(900)円、高校生以下無料
※( )内は前売りおよび15名以上の団体割引料金。
※障害者手帳保持者および介護者1名までは5割減。
※当日に限り再入場可。
※前売り券の販売は2019年8月中旬~10月17日(木)。
※夜間割引・正月割引:(17:00~20:00)および1月2日(木)・3日(金)(終日)は当日料金から200円引き。(割引併用不可)
問い合わせ先:095-833-2110

Photos(11枚)

クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像1 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像2 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像3 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像4 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像5 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像6 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像7 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像8 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像9 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像10 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像11

Photos(11枚)

クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像1 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像2 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像3 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像4 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像5 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像6 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像7 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像8 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像9 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像10 クリスチャン・ボルタンスキーの大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で歴史・記憶などを表現 画像11

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
東京都内のおすすめ展覧会特集 - 美術館・博物館で楽しめるアート作品&開催スケジュール
東京都内のおすすめ展覧会特集 - 美術館・博物館で楽しめるアート作品&開催スケジュール
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
東京駅でお土産探しなら「東京ギフトパレット」へ、人気店から新ブランドまでおすすめスイーツ紹介
東京駅でお土産探しなら「東京ギフトパレット」へ、人気店から新ブランドまでおすすめスイーツ紹介
日本美術の展覧会〈東京・京都・大阪ほか〉美術館での開催スケジュール&伊藤若冲の日本画など展示作品も
日本美術の展覧会〈東京・京都・大阪ほか〉美術館での開催スケジュール&伊藤若冲の日本画など展示作品も

スケジュール

東京・岡本太郎記念館で「対峙する眼」展 - 岡本太郎の絵画の“向かい合ういのち”に焦点
2020.9.30(水)~2021.1.31(日)
東京・岡本太郎記念館で「対峙する眼」展 - 岡本太郎の絵画の“向かい合ういのち”に焦点
東京・サントリー美術館「日本美術の裏の裏」展 - 生活を彩る美の“愉しみ方”、日本画や着物など展示
2020.9.30(水)~2020.11.29(日)
東京・サントリー美術館「日本美術の裏の裏」展 - 生活を彩る美の“愉しみ方”、日本画や着物など展示
文化学園服飾博物館の展覧会「世界の藍」約40カ国の衣装や布から見る“多彩な藍染の世界”
2020.10.2(金)~2020.12.18(金)
文化学園服飾博物館の展覧会「世界の藍」約40カ国の衣装や布から見る“多彩な藍染の世界”
絵本『ねずみくんのチョッキ』初の大規模展覧会が横浜赤レンガ倉庫で、絵本原画やスケッチなど約150点
2020.10.3(土)~2020.11.29(日)
絵本『ねずみくんのチョッキ』初の大規模展覧会が横浜赤レンガ倉庫で、絵本原画やスケッチなど約150点
「没後220年 画遊人・若冲 ─光琳・応挙・蕭白とともに─」岡田美術館で開催
2020.10.4(日)~2021.3.28(日)
「没後220年 画遊人・若冲 ─光琳・応挙・蕭白とともに─」岡田美術館で開催
 スケジュール一覧