ホーム > ニュース > アート > 「ファイナルファンタジー(FF)」の回顧展が六本木で開催 - 30年の歴史を“別れ”で括る大規模展

「ファイナルファンタジー(FF)」の回顧展が六本木で開催 - 30年の歴史を“別れ”で括る大規模展

ファイナルファンタジー30年の歴史を“別れ”で括る回顧展「FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION -別れの物語展-」が、六本木ヒルズ森タワー52階・森アーツセンターギャラリーにて、2018年1月22日(月)から2月28日(水)まで開催される。

スクウェア・エニックスによって生み出され、全世界累計1億3,500万本以上の出荷・ダウンロード販売を誇るRPGシリーズ「ファイナルファンタジー」。誕生30周年を記念して、これまで横浜市とのコラボレーション企画をはじめ様々なプロモーションを展開してきた。「FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION -別れの物語展-」は、その集大成となる大規模展覧会だ。

世界で愛される「ファイナルファンタジー」

「ファイナルファンタジー」、通称FF(エフエフ)。据え置きゲーム機のRPGジャンルに多くの新しいコンセプトを導入したゲームシリーズ作品として誕生し、スーパーファミコンやニンテンドーDSなどのゲーム機をはじめ、CGアニメ、アニメでも展開されている。日本のみならず世界で愛され、最多の作品数を有するRPGシリーズとして2017年にはギネス世界記録に認定された。

シリーズの魅力を再考する回顧展

「FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION -別れの物語展-」では、シリーズの魅力を再考する。進化し続けるゲームエンジンやコンピュータグラフィックス、個性的なキャラクターたちはもちろん、記憶に残る別れの物語が「ファイナルファンタジー」のなかで数多く描かれてきた。同回顧展では、人生を歩むなかで切っても切り離せない「別れ」がもたらす多くのものを思い返し、切なくも美しい物語を体感することができる。

「人が生きていく上で、絆や友情が生まれるところには、おのずと別れが訪れる。この回顧展では、訪れた人たちが出会う。それはまさにファイナルファンタジーシリーズで経験した大切な誰かとの別れがもたらす感情。この物語に夢中になってきた人も、そうでない人も、切なくも美しい数々の物語を体験し、心を震わせてほしい。」ファイナルファンタジー30周年統括プロデューサーである橋本真司もそう語っている。

展覧会告知のため「東京ゲームショウ2017」の開催地、海浜幕張駅をジャック

展覧会開催決定に合わせ、2017年9月21日(木)から27日(水)までの期間限定で、「東京ゲームショウ2017」が開催される海浜幕張駅をジャックした展覧会告知スタート。「指先がチリチリする。口の中はカラカラだ。目の奥が熱いんだ!(クラウド-FFVII)」「ボクの記憶を空にあずけに行くよ……(ビビ-FFIX)」「最後かもしれないだろ?だから、ぜんぶ話しておきたいんだ(ティーダ-FFX)」「常に胸を張って 生きろ(ノクティス‐FFXV)」など、FFI〜XVの主要キャラクタービジュアルに加え、各タイトルを代表する名台詞が一斉に掲載される。

展覧会情報

「FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION -別れの物語展-」
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
住所:東京都港区六本木6-10-1
会期:2018年1月22日(月)~2月28日(水)
休館日:会期中無休
チケット情報:チケット情報、前売券の販売場所等詳細は順次展覧会公式サイト等で告知。

■開催告知ジャック
掲出期間:2017年9月21日(木)〜27日(水)の7日間限定
掲出場所:JR東日本 海浜幕張駅構内

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

「ファイナルファンタジー(FF)」の回顧展が六本木で開催 - 30年の歴史を“別れ”で括る大規模展 画像1
「ファイナルファンタジー(FF)」の回顧展が六本木で開催 - 30年の歴史を“別れ”で括る大規模展 画像2
「ファイナルファンタジー(FF)」の回顧展が六本木で開催 - 30年の歴史を“別れ”で括る大規模展 画像3
「ファイナルファンタジー(FF)」の回顧展が六本木で開催 - 30年の歴史を“別れ”で括る大規模展 画像4

ニュースデータ

日時:2017-09-21 19:40