ホーム > ニュース > ライフスタイル・カルチャー > 東京スカイツリータウンのプラネタリウム“天空”がリニューアル - 三日月形の特別席&3D音響を導入

東京スカイツリータウンのプラネタリウム“天空”がリニューアル - 三日月形の特別席&3D音響を導入

「コニカミノルタプラネタリウム“天空”in東京スカイツリータウン」が、フルリニューアルを実施し、2017年11月22日(水)より装い新たにオープンする。

2012年5月にオープン、累計230万人以上の来場者数を誇る“天空”が、「Magic Blue(マジック・ブルー)」をメインコンセプトに生まれ変わる。「Magic Blue」とは、夕暮れから星々が煌めき始める僅かな時間に訪れる、全てが青に染まる特別な瞬間。コニカミノルタプラネタリウムが誇るリアルな星々と全天周のエンターテイメント空間の演出にも改良を加え、来場者がより“今、ここにいる奇跡”を体感出来るような施設を目指すという。

今回のリニューアルに伴い、三日月を模した大人二人掛けのプレミアムシートを設置。まるで三日月に腰掛けながら星空を眺めているような体験が出来る、特別なシートだ。

さらに、最新の3D音響システム「サウンド・ドーム」をプラネタリウムドームに導入。球体のドームを埋め尽くすように43個のスピーカーを配置することで、前後左右の音の移動だけでなく、上下や回転など、従来のサラウンドシステムでは成し得なかったきめ細かい音の移動を再現。他の施設では体験できない極上の音質空間を構築する。

リニューアルを記念して上映される作品は「フランス 星めぐりの空で」。『星の王子さま』の作者・サン=テグジュペリの故郷フランスの星空を、フランス現地で収録された街の環境音など臨場感あふれる効果音とともに描き出す。セーヌ川越しのパリの夜景、夜空に浮かぶモンサンミッシェル、ピック・デュ・ミディ天文台から見える満天の星々など、息を呑むような美しい光景が広がる。

【概要】
「コニカミノルタプラネタリウム“天空”in東京スカイツリータウン」リニューアル
リニューアルオープン日:2017年11月22日(水)
工事に伴う休館:2017年10月2日(月)〜2017年11月21日(火)
所在地:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ7階
営業時間:10:00の回〜21:00の回
料金:
・サウンドドーム対応作品 三日月シート 一律4,400円 /シート、一般シート(大人) 1,700円+税 /人、一般シート(子供:4歳以上中学生未満) 900円 /人
・ヒーリングプラネタリウム作品 三日月シート 一律4,400円 /シート、一般シート(小学生~大人) 1,700円+税 /人
・プラネタリウム作品 三日月シート 一律4,000円 /シート、一般シート(大人) 1,500円+税 /人、一般シート(子供:4歳以上中学生未満) 900円 /人
※2017年11月22日(水)~2018年1月31日(水)はリニューアル記念特別価格として、サウンドドーム対応作品の一般シート(大人)の料金を1500円で提供。
※三日月シートは1シート小学生以上2名まで。
※障害者手帳提示による割引あり。介助者1名にも割引適用。

■リニューアル記念作品
・「フランス 星めぐりの空で」 ※サウンドドーム対応作品
・「きみを乗せたこの列車の向かう先には 美しい星空が待っている~Ticket to Starry Night~」 ※ヒーリングプラネタリウム作品
上映期間:2017年11月22日(水)~2018年9月17日(月)

【問い合わせ先】
インフォメーション
TEL:03-5610-3043(受付時間 10:00〜19:00)

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

東京スカイツリータウンのプラネタリウム“天空”がリニューアル - 三日月形の特別席&3D音響を導入 画像1
東京スカイツリータウンのプラネタリウム“天空”がリニューアル - 三日月形の特別席&3D音響を導入 画像2
東京スカイツリータウンのプラネタリウム“天空”がリニューアル - 三日月形の特別席&3D音響を導入 画像3
東京スカイツリータウンのプラネタリウム“天空”がリニューアル - 三日月形の特別席&3D音響を導入 画像4

ニュースデータ

日時:2017-10-25 12:35