ホーム > ニュース > 映画 > 映画『ビニー/信じる男』マーティン・スコセッシ製作総指揮、マイルズ・テラーが伝説のボクサーに

映画『ビニー/信じる男』マーティン・スコセッシ製作総指揮、マイルズ・テラーが伝説のボクサーに

マーティン・スコセッシ製作総指揮の最新作『ビニー/信じる男』が2017年7月より公開される。

「伝説のボクサー」ビニー・パジェンサの実話

伝説のボクサーである、ビニー・パジェンサの実話を元にした本作。生死をさまよう交通事故で重傷を負い、選手生命を絶たれながらも、世界のスポーツ史上類をみない超人的なカムバックを目指した、元世界チャンピオンの半生がドラマチックに描かれる。

巨匠マーティン・スコセッシが製作総指揮

製作総指揮は『沈黙-サイレンス-』が話題の巨匠マーティン・スコセッシ。そして脚本・監督は『マネー・ゲーム』のベン・ヤンガー、プロデューサーは『アメリカン・ビューティー』『世界にひとつのプレイブック』のブルース・コーエンが務めている。

『セッション』のマイルズ・テラーがボクサーに

アカデミー賞候補となった『セッション』のマイルズ・テラーが徹底した肉体改造を行い、ボクサーを熱演する。脇を固めるのは『沈黙ーサイレンスー』のキアラン・ハインズや『シャッター アイランド』のテッド・レヴィンだ。

アーロン・エッカートが約18kg増量してトレーナー役に

またマイク・タイソンを世界チャンプに押し上げた伝説のトレーナー、ケビン・ルーニー役を『ハドソン川の奇跡』にも出演したアーロン・エッカートが担当。

「ピープル誌」による「世界で最も美しい50人」にも選ばれ、主演作『アイ・フランケンシュタイン』では見事な肉体を披露したアーロン・エッカートは、『ビニー/信じる男』ではガラリと風貌を変えて登場する。

禿かかったトレーナーであるケビン役を演じるために 約18kgも増量し、頭を剃りあげ徹底した役作りに挑んだ。短期間での増量に関しては、「彼はとても落ち込み、酒に浸っていた。ギャンブルもやっていた。だから僕も、自分をああいう状態に持っていくのは、良かったんだ。」とコメントをしている。

ストーリー

アメリカ・ロードアイランド州プロヴィデンス。自惚れ屋のビニー・パジェンサは、世界スーパーミドル級のチャンピオンだ。ある日、交通事故で首を骨折し瀕死の重傷を負う。その痛々しい姿に、誰もがビニーの選手生命は絶たれたと思い、周囲の人間たちは離れていく。だがビニーは諦めていなかった。彼は命を懸けトレーナーのケビンと共に、どん底から王座奪還をめざす。

作品詳細

『ビニー/信じる男』
公開時期:2017年7月
監督・脚本:ベン・ヤンガー
製作総指揮:マーティン・スコセッシ
出演:マイルズ・テラー、アーロン・エッカート、ケイティ・セイガル、キアラン・ハインズ、テッド・レヴィン

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

映画『ビニー/信じる男』マーティン・スコセッシ製作総指揮、マイルズ・テラーが伝説のボクサーに 画像1
映画『ビニー/信じる男』マーティン・スコセッシ製作総指揮、マイルズ・テラーが伝説のボクサーに 画像2

ニュースデータ

日時:2017-05-02 14:30