menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『沈黙-サイレンス-』M・スコセッシ監督&原作・遠藤周作 - 窪塚洋介、浅野忠信、小松菜奈ら出演

マーティン・スコセッシ監督映画『沈黙-サイレンス-』が、2017年1月21日(土)に全国の劇場で公開される。

原作は戦後日本文学の最高峰とも称される遠藤周作の「沈黙」で、アカデミー賞監督のスコセッシが1988年に同小説と出会ってから28年の時を経て、ついに映画化が実現。

ストーリー

『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真1
Photo Credit Kerry Brown

17世紀江戸初期、幕府による激しいキリシタン弾圧下の⻑崎で、棄教したとされる宣教師フェレイラの真実を確かめるために日本にたどり着いた若き司祭ロドリゴとガルペ。⻑崎に潜⼊した彼らが⽬撃したのは、⻑崎奉⾏による想像を絶する弾圧の現状だった。

次々と犠牲になる⼈々。守るべきは⼤いなる信念か、⽬の前の弱々しい命か。⼼に迷いが⽣じた事でわかった、強いと疑わなかった⾃分⾃⾝の弱さ。追い詰められた彼の決断とはー。

彼の目に映る想像を絶する日本を舞台に、人間にとって本当に大切なものとは何かを、壮大な映像で描きだす。

『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真4
Photo Credit Kerry Brown

キャストには、アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバーに加え、日本からも窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシら実力派俳優が出演し脇を固める。

『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真2
Photo Credit Kerry Brown

また本作は、11月29日(現地時間)に発表された、世界の映画賞レースの前哨戦となるナショナル・ボード・オブ・レビューでは「トップ10作品」に選ばれ、見事「脚色賞」に輝いた。そして、12月4日(現地時間)に発表されたLA批評家協会賞では、激しいキリシタン弾圧を推し進める井上筑後守を演じた日本人俳優、イッセー尾形が、助演男優賞の次点に選ばれている。

キャスト・スタッフ

マーティン・スコセッシ監督

『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真21
Photo Credit Kerry Brown

1970 年代初めからアメリカ映画界の新進として注目されたマーティン・スコセッシ監督。

信仰、誘惑、罪や贖罪など、道徳や宗教的な テーマを通じて、社会の暗部や人間精神の奥底をあぶり出していくのが特徴。1976年に主演 ロバート・デ・ニーロの『タクシードライバー』でカンヌ映画祭パルム・ドールを受賞。2006年にレオナルド・ディカプリオ主演の『ディパーテッド』で アカデミー賞を初受賞。

そんなマーティン・スコセッシは、『沈黙-サイレンス-』の描き方、また心身ともに変わる主人公に対して、次のようにコメントしている。

「日本の文化やキリシタンの皆さんの勇気を損なうことないよう描いたつもりです。忠実に敬意を持って、そして共感と慈悲心を持って描こうと、力の限りを尽くしました。」
「宣教師の傲慢さを一つずつ崩して行った。だから単に信者を弾圧するのではなく、リーダーにプレッシャーを与えて上から崩して行くという手法を取ったのではないか。映画の中でもロドリゴが踏絵を踏めば、彼の傲慢が崩されます。そこで彼の誤ったキリスト教の考えが覆され、自分を一度空っぽにして自分は仕える人になり、ロドリゴは真のクリスチャンになりえたのではないでしょうか」

アンドリュー・ガーフィールド

『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真16
アンドリュー・ガーフィールド

映画『沈黙-サイレンス-』の主演を務めるアンドリュー・ガーフィールド。本作では、宣教師フェレイラを追って日本にやってくる弟子のロドリゴを演じる。ぼろぼろの衣服を着た宣教師の場面写真が印象的だ。

これまでには、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズで主人公ピーター・パーカー役を務め上げ、デヴィッド・フィンチャー監督の『ソーシャル・ネットワーク』、スパイク・ジョーンズ監督の『アイム・ヒア』などに出演している。

イッセー尾形

『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真17
イッセー尾形

イッセー尾形は、キリシタン弾圧の中心人物・井上筑後守を演じきり、LA批判家協会賞《助演男優賞》次点となる。

演劇活動から芸能のキャリアを始め、一人芝居の舞台から映画、ドラマ、ラジオ、ナレーション、CMまで幅広く活動。 最近では、フジテレビ『カインとアベル』、TBSドラマ『ナポレオンの村』、映画『先生と迷い猫』に出演した。

窪塚洋介

『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真20
窪塚洋介

俳優、そして卍LINEとしてのレゲエシンガー活動も忘れられない窪塚洋介。日米のキャスト陣が肩を並べて公の場に現れたLAプレミアイベントでは、藍色調の着物で登場し、精悍な姿を披露した。『沈黙』では、宣教師二人を長崎へと導いたキチジロー役に。

2000年頃は、TBSドラマ『池袋ウエストゲートパーク』や、『ロング・ラブレター~漂流教室~』、映画『ピンポン』などから、現在は舞台や映画へ俳優の活動が移ってきている。

Photos(22枚)

『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真1 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真2 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真3 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真4 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真5 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真6 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真7 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真8 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真9 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真10 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真11 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真12 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真13 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真14 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真15 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真16 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真17 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真18 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真19 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真20 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真21 『沈黙-サイレンス-』場面カット|写真22

関連用語