ホーム > ニュース > ライフスタイル・カルチャー > 映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』伝説のロボットアニメが45年ぶりに復活

映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』伝説のロボットアニメが45年ぶりに復活

1970年代にテレビ放送され、最高30%を超える視聴率を記録した大ヒットアニメ「マジンガーZ」が45年ぶりに復活。長編アニメーション映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』として、2018年1月13日(土)より全国の劇場で公開される。

ロボットアニメの祖「マジンガーZ」が長編アニメ映画化

原作は、1972年に漫画家・永井豪によって「週刊少年ジャンプ」に連載された同名の漫画。搭乗型巨大ロボットの祖となる作品で、多彩な武器と圧倒的な強さを誇る「マジンガーZ」の迫力と存在感、主人公の兜甲児をはじめとする個性的なキャラクターなど、永井豪の魅力がつまった作品だ。

連載当時から爆発的な人気を博し、国内のみならずアジア、ヨーロッパ各地で多数のファンを獲得。未知の怪獣と、人類が操る巨大ロボットの戦いを描いた人気ハリウッド映画『パシフィック・リム』のギレルモ・デルトロなど、今もなお熱狂的なファンが多く存在する。

悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。あれから10年。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児が、富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇。新たな出会いと新たな脅威、そして人類を待ち受ける新たな運命が描かれる。

アニメ映画界を支える制作陣が集結

なお、監督として「ワンピース」や「プリキュア」の劇場版シリーズを手掛けてきた志水淳児、メカニックデザインとして「機動戦士ガンダム」や「エウレカセブン」を手掛けてきた柳瀬敬之らが参加。

オープニングテーマはもちろん、水木一郎が務める。予告編では彼の歌声とともに、本作の一部が公開されている。また、エンディングテーマは、少年時代にテレビでオリジナル「マジンガーZ」を観ていたという吉川晃司の書き下ろし楽曲が決定した。

ストーリー

かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。それは神にも悪魔にもなれる―。再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

作品情報

映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』
公開日:2018年1月13日(土)
声優:森久保祥太郎 茅野愛衣
原作:永井豪 
監督:志水淳児 脚本:小沢高広(うめ) 
メカニックデザイン:柳瀬敬之 キャラクターデザイン:飯島弘也
美術監督:氏家誠(GREEN) 助監督:なかの★陽
音楽:渡辺俊幸 オープニングテーマ:水木一郎 エンディングテーマ:吉川晃司
制作:東映アニメーション
配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会 mazinger-z.jp

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』伝説のロボットアニメが45年ぶりに復活 画像1
映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』伝説のロボットアニメが45年ぶりに復活 画像2
映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』伝説のロボットアニメが45年ぶりに復活 画像3
映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』伝説のロボットアニメが45年ぶりに復活 画像4
映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』伝説のロボットアニメが45年ぶりに復活 画像5
映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』伝説のロボットアニメが45年ぶりに復活 画像6
映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』伝説のロボットアニメが45年ぶりに復活 画像7

ニュースデータ

日時:2017-10-14 17:50