ホーム > ニュース > アート > 「竹久夢二の春・夏・秋・冬」東京・竹久夢二美術館で - 季節を描いた日本画や挿絵原画など200点展示

「竹久夢二の春・夏・秋・冬」東京・竹久夢二美術館で - 季節を描いた日本画や挿絵原画など200点展示

竹久夢二の展覧会「竹久夢二の春・夏・秋・冬― 四季の抒情 夢二絵ごよみ ―」が、2017年1月3日(火)から3月26日(日)まで、東京・文京区の竹久夢二美術館で開催される。

 
左)『春のおくりもの』 昭和3年
右)夏姿 大正4年頃

竹久夢二(1884-1934)の人気を決定的なものとした、彼の最初の著書のタイトルは『夢二 画集 春の巻』。その後も『夏の巻』『秋の巻』『冬の巻』と季節を冠した画集を発表している夢二にとって、四季への深い愛着は、創作に多彩な影響を与えている重要な要素だ。

本展では、季節の風物が描かれた日本画や挿絵、四季の詩情をうたった詩や短歌など、春夏秋冬それぞれの情趣が表現された作品を紹介。

夢二本人の著作による最後の単行本『春のおくりもの』の函に描かれた作品や、恋人・笠井彦乃をモデルに、市松模様の涼しげな浴衣姿を描いた美人画「夏姿」、秋のセンチメンタルな感情を思い起こさせる、物憂げな少女の画「あきつ」など、夢二がくり返し描いた季節にまつわる作品約200点が展示される。

季節の変化を楽しみ、過ぎ行く季節を惜しむ日本の美的感性。移ろう季節を愛おしんだ夢二の抒情溢れる絵や詩は、季節感の薄れつつある現代に生きる人々にとっては、より一層心に響くものとなりそうだ。

【開催概要】
「竹久夢二の春・夏・秋・冬― 四季の抒情 夢二絵ごよみ ―」
会期:2017年1月3日(火)〜3月26日(日)
会場:竹久夢二美術館
住所:東京都文京区弥生2-4-2
TEL:03-5689-0462
休館日:月曜日
※ただし1月9日(月・祝)開館、翌10日(火)休館。3月20日(月・祝)開館、翌21日(火)休館。
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
入館料:一般 900円/大・高生 800円/中・小生 400円
※弥生美術館と二館併せて観覧可能。
※20名以上の団体は100円割引。

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

「竹久夢二の春・夏・秋・冬」東京・竹久夢二美術館で - 季節を描いた日本画や挿絵原画など200点展示 画像1
「竹久夢二の春・夏・秋・冬」東京・竹久夢二美術館で - 季節を描いた日本画や挿絵原画など200点展示 画像2
「竹久夢二の春・夏・秋・冬」東京・竹久夢二美術館で - 季節を描いた日本画や挿絵原画など200点展示 画像3
「竹久夢二の春・夏・秋・冬」東京・竹久夢二美術館で - 季節を描いた日本画や挿絵原画など200点展示 画像4
「竹久夢二の春・夏・秋・冬」東京・竹久夢二美術館で - 季節を描いた日本画や挿絵原画など200点展示 画像5
「竹久夢二の春・夏・秋・冬」東京・竹久夢二美術館で - 季節を描いた日本画や挿絵原画など200点展示 画像6
「竹久夢二の春・夏・秋・冬」東京・竹久夢二美術館で - 季節を描いた日本画や挿絵原画など200点展示 画像7
「竹久夢二の春・夏・秋・冬」東京・竹久夢二美術館で - 季節を描いた日本画や挿絵原画など200点展示 画像8
「竹久夢二の春・夏・秋・冬」東京・竹久夢二美術館で - 季節を描いた日本画や挿絵原画など200点展示 画像9
「竹久夢二の春・夏・秋・冬」東京・竹久夢二美術館で - 季節を描いた日本画や挿絵原画など200点展示 画像10
「竹久夢二の春・夏・秋・冬」東京・竹久夢二美術館で - 季節を描いた日本画や挿絵原画など200点展示 画像11
「竹久夢二の春・夏・秋・冬」東京・竹久夢二美術館で - 季節を描いた日本画や挿絵原画など200点展示 画像12

ニュースデータ

日時:2017-01-05 10:05