ホーム > ニュース > 映画 > 映画『サーミの血』北欧から届いた、自由を求めて生き抜いた少女の物語

映画『サーミの血』北欧から届いた、自由を求めて生き抜いた少女の物語

映画『サーミの血』が、2017年9月16日(土)より、新宿武蔵野館、アップリンク渋谷ほか全国で順次公開される。

北欧スウェーデンの美しい自然を舞台に描くのは、サーミ人の少女の成長物語。彼女が願ったのは、ただ、自由に生きていくこと。都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ち、外の世界に出ていく。差別に抗い、生き抜くいていく感動作だ。

サーミ人とは?

サーミ人とは、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族で、トナカイを飼い暮らす人々。その他の国では、フィンランドやノルウェーにも住んでいるそうだ。言語はスウェーデン語ではなく、フィンランド語に近い独自の言語を持つ。特に映画の舞台となる1930年代は、分離政策の対象、また劣等民族として差別されていた。例えば、寄宿学校ではサーミ語を使うことさえ許されなかった。そして今なお、支配階級と劣等民族の構図はまだ存在していると言う。

サーミ人による映画

監督のアマンダ・シェーネルはサーミ人の血を引き、主演のレーネ=セシリア・スパルロクは、今もノルウェーでトナカイを飼い暮らしているサーミ人だ。そのため、民族衣装や小道具に至るまで正確に再現されている。

なお、音楽は『ニンフォマニアック』『メランコリア』など、ラース・フォン・トリアーの作品を手掛けてきたデンマークの作曲家クリスチャン・エイドネス・アナスンが担当。

世界各国で称賛を受ける

2016年東京国際映画祭では審査委員特別賞と最優秀女優賞をダブル受賞を皮切りに、北欧最大の映画祭のヨーテボリ国際映画祭2017最優秀ノルディック映画賞を獲得。ヴェネツィア国際映画祭では新人監督賞を受賞した。

『サーミの血』あらすじ

-幻想的で美しい自然の大地ラップランドに、サーミの歌が響く-
1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た――。

作品情報

映画『サーミの血』
原題:Sameblod
監督・脚本:アマンダ・シェーネル
音楽:クリスチャン・エイドネス・アナスン
出演:レーネ=セシリア・スパルロク、ミーア=エリーカ・スパルロク、マイ=ドリス・リンピ、ユリウス・フレイシャンデル、オッレ・サッリ、ハンナ・アルストロム
2016年/スウェーデン、ノルウェー、デンマーク/108分/
配給・宣伝:アップリンク

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

映画『サーミの血』北欧から届いた、自由を求めて生き抜いた少女の物語 画像1
映画『サーミの血』北欧から届いた、自由を求めて生き抜いた少女の物語 画像2
映画『サーミの血』北欧から届いた、自由を求めて生き抜いた少女の物語 画像3
映画『サーミの血』北欧から届いた、自由を求めて生き抜いた少女の物語 画像4
映画『サーミの血』北欧から届いた、自由を求めて生き抜いた少女の物語 画像5
映画『サーミの血』北欧から届いた、自由を求めて生き抜いた少女の物語 画像6
映画『サーミの血』北欧から届いた、自由を求めて生き抜いた少女の物語 画像7

ニュースデータ

日時:2017-06-20 19:10