ホーム > ニュース > ファッション > 新宿で「魔除け ―身にまとう祈るこころ―」展 - 民族の服飾に見られる多様な魔除けを紹介

新宿で「魔除け ―身にまとう祈るこころ―」展 - 民族の服飾に見られる多様な魔除けを紹介


「カパラミプ:白布切抜文衣」日本・北海道 アイヌ 20世紀

アジア・アフリカ地域を中心に、各民族の服飾に見られる多様な魔除けの役割を紹介する「魔除け ―身にまとう祈るこころ―」展が開催される。場所は、東京・新宿の文化学園服飾博物館で、期間は2015年12月17日(木)から2016年2月17日(水)まで。

暑さ寒さに対する温熱調節はもちろん、身を護る役割もある服。科学が発達する以前、生命を脅かす目に見えないものを人々は「魔」とみなした。病気や死、狂乱などは、目には見えない魔的なものが人の体に侵入することにより引き起こされると信じられていたのだ。そこで人々は、「魔」を追い払う力や神聖さを保つ力があるとされる文様や色、素材を衣服に使用していた。 


「虎をかたどった靴」 中国 20世紀

例えば、魔の侵入口と考えられた衣服の開口部や目の行き届かない背部には、刺繍やビーズなどで結界を築き、耳や額など人間の機能や生命にかかわる大事な部分には、護符の意味を持つアクセサリーを身につけ身の安全を祈った。本展は、そんな世界各地の民族衣装や日本の服飾に見る魔除けの役割を探っていく。

【開催情報】
魔除け ~身にまとう祈るこころ~
会期:2015年12月17日(木)~2016年2月17日(水)
開館時間:10:00~16:30
※2016年1月15日、2月12日は19:00まで開館
※年末年始休館:2015年12月29日~2016年1月4日
※入館は閉館の30分前まで。
会場:文化学園服飾博物館
住所:東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル 1階
休館日:日曜日・祝日・振替休日
入館料:一般 500円、大学・専門学校、高校生 300円、小中学生 200円
※20名以上の団体は100円引き、障がい者とその付添者1名は無料。

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

新宿で「魔除け ―身にまとう祈るこころ―」展 - 民族の服飾に見られる多様な魔除けを紹介 画像1
新宿で「魔除け ―身にまとう祈るこころ―」展 - 民族の服飾に見られる多様な魔除けを紹介 画像2
新宿で「魔除け ―身にまとう祈るこころ―」展 - 民族の服飾に見られる多様な魔除けを紹介 画像3
新宿で「魔除け ―身にまとう祈るこころ―」展 - 民族の服飾に見られる多様な魔除けを紹介 画像4
新宿で「魔除け ―身にまとう祈るこころ―」展 - 民族の服飾に見られる多様な魔除けを紹介 画像5
新宿で「魔除け ―身にまとう祈るこころ―」展 - 民族の服飾に見られる多様な魔除けを紹介 画像6
新宿で「魔除け ―身にまとう祈るこころ―」展 - 民族の服飾に見られる多様な魔除けを紹介 画像7

ニュースデータ

日時:2015-12-08 19:15