menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

ドキュメンタリー映画『ディオールと私』ラフ・シモンズが初めて手かげるオートクチュール

2014年4月にニューヨークのトライベッカ映画祭で、ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)が初めて手掛けたディオール(Dior)のオートクチュールコレクションの舞台裏に迫るドキュメンタリー『ディオールと私 (原題:Dior and I )』が上映された。2015年3月14日(土)より全国で順次上映される。

『ディオールと私』場面カット|写真1

フレデリック・チェン(Frederic Tcheng)監督による『ディオールと私』は、トライベッカ映画祭で、コンペティションのオープニングナイトドキュメンタリーとして公開。ラフ・シモンズがディオール就任後、初となるオートクチュールコレクションの舞台裏を描いたドキュメンタリーは、数々の伝説に彩られたメゾン、クリスチャン・ディオールの世界へと観客を誘う。そこには、オートクチュールを支える多くの人々が、苦労を厭わず献身的に仕事に取り組む姿がある。

プレッシャーにさらされるファッション界の日常と、ブランドの象徴的な過去との不思議な共鳴を織り交ぜながら展開される映画は、ラフ・シモンズのビジョンを形にする職人たちへ、色鮮やかにオマージュを捧げる作品にもなっている。

『ディオールと私』場面カット|写真10

『ディオールと私』では、通常は公開されていないところまで踏み込み、ラフ・シモンズがデビューコレクションを完成させるまでのストレスフルな8週間を記録。アーティスティック・ディレクターであるラフのクリエイティブなプロセスから、疲れを見せず精力的に作業するアトリエの職人たちまで、デザインハウス内部で行われる作業を映し出しながら、オートクチュールに携わる人々、彼らの仕事、そしてクリスチャン ディオールの伝説を結ぶ絆を深く掘り下げている。

公開された貴重な場面写真では、悩ましい表情でドレスを見つめるラフ・シモンズ、偉大な伝統を支えて続けているお針子たちの様子、一枚のドレスが出来上がるまでの裏舞台の様子が分かる。苦労の末にアトリエから誕生したドレスをモデルたちが身に纏い、エレガンスなコレクションを披露しており、そのどれもが一流であり、人々を魅了する。


左) 当初は白だったが、シモンズの意向により変更された黒ジャケット
右) スターリング・ルビーの作品にインスパイアされたドレス
ディオール 2012-13年秋冬オートクチュールコレクション より

劇中で制作の様子が明かされる、2012年秋冬オートクチュールコレクションは全54体。ラフ・シモンズがスタッフに無理だと言われながらも実現したドレスの数々は、どれもクチュリエとシモンズらの計り知れない試行錯誤のもとに生み出されたものだ。

たとえばオープニングを飾ったジャケットスタイルも、当初は白だったが、シモンズの意向により新しく作成された黒いジャケットを採用。また現代アーティスト、スターリング・ルビーの作品を再現しようと試みたドレスの数々は、色が多すぎて再現が難しい上に時間がないと断られてしまうものの、シモンズが「本番直前のギリギリまであきらめない」と語り、土壇場ですばらしいプリントを完成させたもの。


左) 徹夜で完成させたロングドレス 右) 初めてショーを経験した、モデル・エステル

そして本番直前にシモンズの修正をうけ、スタッフがほぼ徹夜で完成させた至高のドレスも。美しいピンク色のロングドレスは、なんとコレクション当日の朝に完成したそうだ。ディオールはおろかショーの経験が初めてだったモデル・エステルは、本番前にシモンズに「歩き方がイマイチだ」と指摘されてしまい、舞台裏で緊張の表情を見せるが、最後は白い華麗なドレスで見事にウォーキングを披露した。

また日本での映画公開日決定とともに、未公開だった映画の場面画像も続々公開。その中には、生誕110周年を迎えるクリスチャン・ディオールがデッサンする姿も。その他、米ヴォーグ編集長のアナ・ウィンターとラフがコレクション会場でキスする様子など、ディオールのコレクションが世界で注目されていることを表す貴重な写真が解禁された。

ニューヨークを拠点に活動するフレデリック・チェンは、この『ディオールと私』で、単独での監督デビューを果たした。チェンは2009年にヒットしたドキュメンタリー映画「VALENTINO:THE LAST EMPEROR」で共同プロデュース・編集・撮影を手掛け、「DIANA VREELAND: THE EYE HAS TO TRAVEL(ダイアナ・ヴリーランド 伝説のファッショニスタ)」では共同監督を務めている。

【作品情報】
『ディオールと私』
公開日:2015年3月 Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショー
配給:アルシネテラン/オープンセサミ
提供:アルシネテラン/オープンセサミ/Bunkamura

Courtesy of CIM Productions

Photos(27枚)

『ディオールと私』場面カット|写真1 『ディオールと私』場面カット|写真2 『ディオールと私』場面カット|写真3 『ディオールと私』場面カット|写真4 『ディオールと私』場面カット|写真5 『ディオールと私』場面カット|写真6 『ディオールと私』場面カット|写真7 『ディオールと私』場面カット|写真8 『ディオールと私』場面カット|写真9 『ディオールと私』場面カット|写真10 『ディオールと私』場面カット|写真11 『ディオールと私』場面カット|写真12 『ディオールと私』場面カット|写真13 『ディオールと私』場面カット|写真14 『ディオールと私』場面カット|写真15 『ディオールと私』場面カット|写真16 『ディオールと私』場面カット|写真17 『ディオールと私』場面カット|写真18 『ディオールと私』場面カット|写真19 『ディオールと私』場面カット|写真20 『ディオールと私』場面カット|写真21 『ディオールと私』場面カット|写真22 『ディオールと私』場面カット|写真23 『ディオールと私』場面カット|写真24 『ディオールと私』場面カット|写真25 『ディオールと私』場面カット|写真26 『ディオールと私』場面カット|写真27

関連ニュース

キーワードから探す

ブランドプロフィール

関連用語

ピックアップ

映画『ドーナツキング』全米ドーナツ王のスイートでビターなドキュメンタリー
2021.11.12(金) 公開予定
映画『ドーナツキング』全米ドーナツ王のスイートでビターなドキュメンタリー
嵐の初ライブフィルム『ARASHI 5×20 FILM』20周年コンサートを映画化、監督は堤幸彦
2021.11.26(金) 公開予定
嵐の初ライブフィルム『ARASHI 5×20 FILM』20周年コンサートを映画化、監督は堤幸彦
映画『ほんとうのピノッキオ』美しくも残酷な“大人のおとぎ話”、アカデミー賞ノミネート作品
2021.11.5(金)
映画『ほんとうのピノッキオ』美しくも残酷な“大人のおとぎ話”、アカデミー賞ノミネート作品
映画『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』“最後の傑作”を巡る謎&アート界の闇取引を暴くノンフィクション
2021.11.26(金) 公開予定
映画『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』“最後の傑作”を巡る謎&アート界の闇取引を暴くノンフィクション
ゲルハルト・リヒターの展覧会、エスパス ルイ・ヴィトン大阪で - 初公開を含む抽象作品を紹介
2021.11.19(金)~2022.4.17(日) 開催予定
ゲルハルト・リヒターの展覧会、エスパス ルイ・ヴィトン大阪で - 初公開を含む抽象作品を紹介

スケジュール

映画『スウィート・シング』アレクサンダー・ロックウェル最新作、姉弟2人の悲しいけれど幸福な旅
2021.10.29(金)
映画『スウィート・シング』アレクサンダー・ロックウェル最新作、姉弟2人の悲しいけれど幸福な旅
映画『そして、バトンは渡された』永野芽郁×田中圭×石原さとみ、令和ベストセラーを実写化
2021.10.29(金)
映画『そして、バトンは渡された』永野芽郁×田中圭×石原さとみ、令和ベストセラーを実写化
ホラー映画『ハロウィン KILLS』“ブギーマン”が再び街に!恐怖度UPで前作のその後を描く
2021.10.29(金)
ホラー映画『ハロウィン KILLS』“ブギーマン”が再び街に!恐怖度UPで前作のその後を描く
映画『モーリタニアン 黒塗りの記録』9.11同時多発テロ“衝撃の真実”を暴く法廷サスペンス
2021.10.29(金)
映画『モーリタニアン 黒塗りの記録』9.11同時多発テロ“衝撃の真実”を暴く法廷サスペンス
アニメ映画『アイの歌声を聴かせて』転校生してきた美少女は“ポンコツAI”?!土屋太鳳が主演
2021.10.29(金)
アニメ映画『アイの歌声を聴かせて』転校生してきた美少女は“ポンコツAI”?!土屋太鳳が主演
 スケジュール一覧