ANNE KLEIN

アン クライン

アン クラインについて

アン クライン(ANNE KLEIN)。1923年、アメリカのニューヨークに生まれる。本名はハンナ・ゴロフスキ(Hannah Golofski)。専門学校であるトラファーゲン・スクール・オブ・ファッションでファッションを学ぶ。10代の頃からファッションのイラストを売り込む。

39年、ベン・クラインと結婚。48年に夫とともにジュニアソフィスティケーツ(Junior Sophisticates)を設立。55年にはコティ・ファッション・クリティック・アワードを受賞。

68年、2番目の夫のマシュー・ルーペンシュタインらとともに「アン クライン」を設立。

74年、アン クラインの死後、ダナ キャランがヘッド・デザイナーに就任。その後、ルイス・デロリオ、アイザック・フランコ、ケン・コフマン、パトリック ロビンソンナルシソ ロドリゲス(ダナキャランのアシスタントとして参加)など有名デザイナーが加わり、ブランドの再建を目指すも、大成功は収めていない。

75年、日本のタキヒヨー(Takihyo)社がアンクライン社を買収。アン クラインは、その後、キャスパーASL社を経て、現在、ジョーンズ・アパレル・グループ(JONES APPAREL GROUP)の傘下に入っている。

2006年、イザベル トレドがアン クラインのクリエイティブディレクターに就任。2007A/Wシーズンからコレクションを発表。ファーストシーズンはコーデュロイの赤いコートタイプのドレス、パッチワークを用いたかのようなカシミアのセータードレスを発表して高い評価を得た。

現在は、ディフュージョンラインの「アンクライン・ニューヨーク」や「AK アンクライン」などに注力しており、よりカジュアルな方面に進んでいる。

※ジョーンズ・アパレル・グループは、バーニーズ ニューヨークを傘下に置き、ユニクロを運営するファーストリテイリングに売却するかどうかで話題となった。(最終的には、投資会社イスティスマルに売却。)

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.anneklein.com/

ブランド・デザイナー紹介