Les Copains

レ コパン

ブランドのはじまり

1950年代、マリオ・バンディエラが創業。

レ コパンについて

レ コパンは、1950年代、マリオ・バンディエラがイタリアのボローニャにて創業。

「レ コパン(Les Copains)」というブランド名は、フランスで人気のあったラジオ番組「Salut Les Copains」に由来している。創業者のマリオ・バンディエラは、フランスモードに刺激を受け、フランスに憧れていたという。60年代には高品質のニットブランドとしての地位を確立。

1970年にはメンズラインもスタート。80年代から90年代にかけてもブランドは成長し、4つの自社工場と、カシミア紡績工場もグループ内に抱えて、生産ラインをより強固なものとする。現在は、糸から製品までの一貫生産を行う。90年代にはグレエム ブラックがレディースウェアのデザイナーに就任している。

日本には90年代から積極進出し、法人(株式会社レ コパン ジャパン)を設立。伊勢丹新宿、松屋銀座などで取り扱いがある。

2000年以降、若手デザイナーを積極的に起用。アントニオ マラスを経て、2005年からアントニオ ベラルディがコレクションラインのデザイナーに就任。(就任当時のコレクションラインは、トレンド・レ コパンだった。)

2014年、ブルー・レ コパンのデザイナーにピーター・ソムが就任。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.lescopains.it/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

レ コパン取り扱い店舗

Data - レ コパンの関連データ

用語: カシミア モード ブランド: アントニオ ベラルディ アントニオ マラス グレエム ブラック

ブランド・デザイナー紹介