menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド

BASSCOUTURバスクチュール

バスクチュールについて

バスクチュール(BASSCOUTUR)はフランスのファッションブランド。主にユニセックスで着用できるアイテムを展開している。

ミニマリスティックやマキシマリスティックの美的観点から、コレクションをデザイン。クラシックを再解釈し、エコに配慮したアップサイクリングのコンセプトからインスピレーションを受け、時代や環境を配慮しつつリサイクルファブリックとヴィンテージ素材を駆使するアプローチをとっている。

「BASSCOUTUR」とは、このブランドで表現したいことを踏まえてから考えられた造語でBASSとCOUTURから成り立っている。BASSは楽器のベースを意味しており、彼らの観点では、音楽の基本を作るとても重要な役割をベースが担っているとし、それは彼らがファッションにおいて、常に意識し目指しているアーバンカルチャーとストリートカルチャーと同じ役割を持つと考えている。また、COUTURは、オートクチュールの逆の意味で、彼らの目指すファッションを表している。

バスクチュールの沿革・歴史

2008年、Riad Trabelsiが「バスクチュール」創業。その後、しばらく活動を休止するが、2016年、Niukuの創設者の1人であるレニー・ゲリエ(Lenny Guerrier)と共に、「バスクチュール ニウク(BASSCOUTUR NÏUKU)」として再始動。

2018年にレニーはニウクから脱退。ブランド名が「バスクチュール」と当初の名前に戻り、Riad Trabelsiがデザインを行う。

Collections - バスクチュールのコレクション

News - バスクチュールのニュース

関連用語

関連ブランド

スケジュール

シャトレーゼの都市型ブランド「ヤツドキ(YATSUDOKI)」東京・青山 表参道に新店舗オープン
12月16日(月)オープン
シャトレーゼの都市型ブランド「ヤツドキ(YATSUDOKI)」東京・青山 表参道に新店舗オープン
東京・白金台の八芳園、秋の紅葉ライトアップ - 100本のもみじと光で演出する“紅い夜”
12月16日(月)~12月25日(水)開催
東京・白金台の八芳園、秋の紅葉ライトアップ - 100本のもみじと光で演出する“紅い夜”
コスメデコルテ最高峰スキンケアの19年クリスマスコフレ、洗顔から保湿までトータルで
12月16日(月)発売
コスメデコルテ最高峰スキンケアの19年クリスマスコフレ、洗顔から保湿までトータルで
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る