menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   セレナテラ

Sellenatelaセレナテラ

ブランドのはじまり

2007年ブランドスタート。

セレナテラについて

セレナテラ(Sellenatela)は日本の東京を拠点とするシューズブランド。

"Liberated life -とらわれずに生きる" をセレナテラのメインコンセプトに、普遍的な女性らしさにモダンな感性を組み合わせた表現。無理をしないで自分の足で歩む、自分らしい物語をつくる、そんな気持ちになれる靴を提案する。

セレナテラの沿革・歴史

榎本郁栄(Ikue Enomoto)と榎本もえ(Moe Enomoto)の姉妹が2007年にブランドをスタート。2015年に榎本郁栄が会社及びセレナテラのブランドを全て引き継いだ。合わせてブランド名を「Sellenatela?」から「Sellenatela」に変更。2015年秋冬コレクションよりリブランディングを行い、コンセプトも刷新した。

セレナテラのデザイナープロフィール

創業者兼デザイナーの榎本郁栄は、東京工芸大学でグラフィックデザインを専攻。榎本もえの誘いで大学4年生の時にセレナテラの立ち上げに参画。2005年に渡米しサンフランシスコ州立大学に入学。その後もセレナテラのデザイナーとして活動を続ける。2010年Industrial Designの修士号を取得し本帰国。靴の「美しい横顔」に拘り、職人の手仕事をグラフィカルなアプローチで魅せるシューズデザイナー。

公式サイト

http://www.sellenatela.com/

Shop - セレナテラ 店舗・取り扱いコーナー

レイシー
富山県富山市新根塚町1-1-50
インターナショナルリレーション
岡山県岡山市北区磨屋町2-5
リゴレット
岡山県岡山市北区表町2-2-6

Shop Search - セレナテラ 店舗・取り扱いコーナー検索

セレナテラ取り扱い店舗・コーナー

スナップ

スケジュール

「春・さくら、咲クヤat百段階段」古典歌舞伎の衣装や江戸のかんざし、工芸品など桜がテーマの作品集結
3月28日(木)~4月21日(日)開催
「春・さくら、咲クヤat百段階段」古典歌舞伎の衣装や江戸のかんざし、工芸品など桜がテーマの作品集結
現代水墨画家・山岸千穂の個展「前へ」銀座で、勇ましい獅子を描いた大型屏風作品など
3月28日(木)~4月27日(土)開催
現代水墨画家・山岸千穂の個展「前へ」銀座で、勇ましい獅子を描いた大型屏風作品など
銀座メゾンエルメス フォーラム「うつろひ、たゆたひといとなみ」湊 茉莉展、文明の痕跡を浮き彫りに
3月28日(木)~6月23日(日)開催
銀座メゾンエルメス フォーラム「うつろひ、たゆたひといとなみ」湊 茉莉展、文明の痕跡を浮き彫りに
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る