Elsa Schiaparelli

エルザ スキャパレリ

ブランドのはじまり

30年、「エルザ スキャパレリ」の名前でブティックをオープン。20世紀で最も影響を与えたデザイナーの一人と言われている。

エルザ スキャパレリについて

エルザ スキャパレリ(Elsa Schiaparelli)は1890年イタリアのローマに生まれる。父は王立図書館長を務めた東洋語学者、母も貴族出身という裕福な家庭に生まれる。従兄弟に考古学者として有名なジオバンニ・スキャパレリがいる。父の影響もあり、多くの文化、芸術などが身近にある環境で育つ。

1914年、ロンドンに遊学している最中に出会ったケルロル伯爵と結婚。結婚後、夫の仕事の都合でニューヨークへ渡る。アメリカの自由な雰囲気、女性の地位は、保守的なヨーロッパにはないもので、このときの経験が後のスキャパレリのファッションに大きく影響しているという。

結局夫とはうまくいかず、子供の医療費を払うために働くことになり、ファッション業界に入る。始めはフランスからアメリカに服やそのデザインを輸入する業務だった。その後パリへ移住。

ポール ポワレの元で働く友人のためにスキャパレリが作ったドレスを、ポワレがたまたま目撃。ポワレはスキャパレリの才能を見抜いて、支援を申し出る。これを機にスキャパレリはファッションデザイナーの仕事をすることになる。

25年にショップをオープンし、27年に初のコレクションを発表。30年に「エルザ スキャパレリ」の名前でブティックをオープン。

縫製などの経験はなかったが、スポーツウェア(主にカジュアルウェア)に焦点を当て、幾何学模様の生地を使用するなど、芸術的な感性で勝負した。この年、「だまし絵」というセーターにリボンなどの模様を編み込んだグラフィカルな表現で話題となり、アメリカからも発注が入った。

エルザ スキャパレリは、ファッションとアートを融合させたスタイルで、前衛芸術、シュールレアリズムを自身のデザインに取り入れていった。(シュールレアリストの芸術家、ダリなどとの親交も深かったと言われている)20年代に主流だったギャルソンヌ・ルックに対抗して、肩幅を広げ、ウエストを絞るシルエットを発表。

同じ時期に活躍していたシャネルが、装飾を削ぎ落とす、男性服の素材を応用させたシンプルなデザイン、ベージュなど、決して派手とは言えないカラーを用いたのに対して、スキャパレリはショッキングピンクなど派手なカラーで既成概念に捕らわれない様々な手法をファッションに組み込む、全く反対のスタイルを展開した。(両者とも反対のスタイルではあるが、新しい挑戦をしていた。)

このようなスキャパレリの斬新でアバンギャルドな発想は、アメリカの裕福層に指示を得る。

第二次大戦中にはニューヨークに渡り、45年にパリに戻り、メゾンを再開。しかし、ディオールなど新しい流れがある中、スキャパレリのスタイルが時代に合わなくなり、54年のショーを最後にメゾンを閉店し引退。

スキャパレリのメゾンからは、ピエール カルダンジバンシィなどのデザイナーが経験をつみ、後に活躍をしている。

73年パリにて死去。

2013年、ゲストデザイナーにクリスチャン・ラクロワを迎え、再デビュー。同年、キャパレリのクリエイティブ・ディレクターにマルコ・ザニーニが就任。2014年にマルコ・ザニーニが退任。

[ 続きを読む ]

Collection - エルザ スキャパレリのコレクション

ブランド・デザイナー紹介