ホーム > ファッションニュース > アート > 「PARIS オートクチュール展」が東京・丸の内で開催 - ディオールやシャネル、サンローラン登場

「PARIS オートクチュール展」が東京・丸の内で開催 - ディオールやシャネル、サンローラン登場

「PARIS オートクチュール展—世界に一つだけの服」が東京・丸の内の三菱一号美術館で開催。期間は、2016年3月4日(金)から5月22日(日)まで。


左)クリスチャン・ラクロワ《クー・ド・ルーリ》1991年秋冬 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵
右)クリスチャン・ディオール《パルミール》1952年秋冬 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵
©Katerina Jebb @ mfilomeno.com

19世紀後半、フランス・パリで誕生したオートクチュール。選び抜かれた数少ないブランドににより、顧客の注文に合わせてデザイナー手動で仕立てる高級服として知られている。

本展は、そんなオートクチュールの誕生から現代に至る歴史を概観するもの。ガリエラ宮パリ市立モード美術館館長のオリヴィエ・サイヤール監修のもと、2013年パリ市庁舎で開催され好評を博した展覧会を再編成した。

シャネル(CHANEL)やクリスチャン・ディオール(Christian Dior)、バレンシアガ(BALENCIAGA)、ジバンシィ(Givenchy)、イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)、ジャン=ポール・ゴルチエ(JEAN PAUL GAULTIER)などが生み出した、時代を映し出す美しいシルエットの数々。そして刺繍や羽根加工、コサージュなど、脈々と受け継がれる世界最高峰の職人技を名品を通して紹介する。

展示品は、ドレスや小物、デザイン画、写真など約130点。オートクチュールと一口にいうものの、時代毎の表情を色濃く描き出した作品の数々を、その目で確かめることができる。

【展覧会概要】
PARIS オートクチュール展—世界に一つだけの服
会期:2016年3月4日(金)〜5月22日(日)
会場:三菱一号美術館
住所:東京都千代田区丸の内2-6-2
開館時間:10:00〜18:00
※入館は閉館30分前まで。
※祝日を除く金曜、会期最終週平日は20:00まで。
休館日:月曜日(祝日と5月2日、5月16日は開館)
入館料:
当日券 一般 1,700円、高校・大学生 1,000円、小・中学生 500円
前売券 一般 1,500円 ※大学生以下、ペアの前売券は無し。

■前売券
・2015年10月10日(土)〜2016年1月31日(日)
販売場所:Store 1894
住所:東京都千代田区丸の内2-6-2 三菱一号美術館1F
※休業日は美術館に準ずる。
・2015年10月10日(土)〜2016年3月3日(金)
ローソンチケット、チケットぴあ他

【問い合わせ先】
三菱一号美術館
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

「PARIS オートクチュール展」が東京・丸の内で開催 - ディオールやシャネル、サンローラン登場 画像1
「PARIS オートクチュール展」が東京・丸の内で開催 - ディオールやシャネル、サンローラン登場 画像2
「PARIS オートクチュール展」が東京・丸の内で開催 - ディオールやシャネル、サンローラン登場 画像3
「PARIS オートクチュール展」が東京・丸の内で開催 - ディオールやシャネル、サンローラン登場 画像4
「PARIS オートクチュール展」が東京・丸の内で開催 - ディオールやシャネル、サンローラン登場 画像5
「PARIS オートクチュール展」が東京・丸の内で開催 - ディオールやシャネル、サンローラン登場 画像6

ニュースデータ

日時:2015-10-15 19:35