Keith Haring

キース・ヘリング

キース・ヘリングについて

キース・ヘリング(Keith Haring)はアメリカのストリートアートアーティスト。「アート」というものを媒体として頻繁に社会的な問題について言及するアーティストであり、大衆に大きな影響を与えた活動家。

1958年、アメリカペンシルヴェニア州生まれ。

ニューヨークの地下鉄構内で行ったサブウェイ・ドローイングが有名。このチョーク描いた絵が評判となり有名となる。同時期に活躍していたのがジャン・ミッシェル・バスキアやアンディー・ウォーホル。

80年代のアーバンストリートカルチャーを反映する作品を作った若手アーティスト、映画監督、パフォーマー、ミュージシャンの中で最も有名な一人。

1988年にエイズと診断され、1990年に死去。

キースは、エイズ関連組織に資金や画像を提供し、彼の慈善活動のための遺産が永久に続くことを目的として1989年にキースへリング財団を設立した。死後も大きな影響を持ち、今なおキース・ヘリングの作品は様々なアイテムの中で登場している。

ファッションでもカステルバジャックなど様々なブランドのデザインに影響を与えたほかスウォッチ(時計)やユニクロ(Tシャツ)とコラボレーションでアイテムを発表している。

[ 続きを読む ]

Data - キース・ヘリングの関連データ

用語: アーバン ヨーク ブランド: カステルバジャック スウォッチ ユニクロ

ブランド・デザイナー紹介