JEANPAULKNOTT

ジャンポールノット

ブランドのはじまり

2000年、自身の名を冠したブランド「ジャンポールノット(JEANPAULKNOTT)」を設立。

ジャンポールノットについて

ジャン=ポール・ノットは1966年、ベルギー・ブリュッセル生まれ。1988年、ニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)を卒業。イヴ・サンローランのアシスタント・デザイナーとしてオートクチュールなどさまざまなラインのデザインを経験。2000年、自身の名を冠したブランド「ジャンポールノット(JEANPAULKNOTT)」を設立し、コレクションを発表。

その後、2001年にKriziaのアーティスティックディレクター。2002年、振付師として有名なモーリスぺジャール(MAURICE BEJART)とコラボでのバレエのためのコスチュームを制作、2003年にルイ フェローのデザインを手掛けた。2004年から2005年にかけては自身のブランド「ジャン ポール ノット」の強化に注力、アンダーウェア(下着)のライン、アクセサリーのラインを設立。その他にはベルギーのロイヤル・ウィンザー・ホテルの部屋をデザインした。

布の流れ、ドレープを意識した美しいシルエット(ライン)のデザインはエレガントそのもので、その布の動きは柔らかく、繊細でアートとしての美しさを漂わせる。コレクションの多くは黒を貴重にしており、そのほかでは白、グレーなどモノトーンな色を多く用いる。実際、アートとファッションのギャラリーをベルギー、ブリュッセルに持つことから、アートへの意識は高いように見える。このような試みから欧米ではジャーナリストからも高い評価を得ている。

2006年、トゥモローランドが展開するブランド、ギャルリー・ヴィー(GALERIE VIE)とのコラボレーションでノット・ギャルリー・ヴィー(KNOTT GALERIE VIE)を発表。さりげないイメージのシンプルなデザインが人気となる。2007年には広尾のギャラリートゥモローランドをメイン会場として「KNOTT GALERIE VIE 2007 WINTER COLLECTION」とベルギー人アーティストたちによるLOVEをテーマにしたアートの展示会、「LOVE the belgian way」を開催。

2007年、ニコラ アンドレア タラリスの後任としてセルッティのアーティスティック・ディレクターに就任、「Cerruti 1881」のレディース・メンズウェアともにをデザインを担当する。

2008S/S、「ノット・ギャルリー・ヴィー(KNOTT GALERIE VIE)」がパリ・オートクチュールコレクションでデビュー。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.jeanpaulknott.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ジャンポールノット取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介