ZERO HALLIBURTON

ゼロハリバートン

ブランドのはじまり

1938年、アール・P・ハリバートン・シニアがハリバートン・ケース社を設立。

ゼロハリバートンについて

「ゼロハリバートン(ZERO HALLIBURTON)」はアメリカで創業したスーツケース・ラゲッジブランド。1938年、アール・P・ハリバートン・シニアがハリバートン・ケース社を設立する。

ハリバートンは世界中を旅する中で旅行鞄の中にしまった荷物が砂だらけになったり、湿ることに悩んでいた。そこでエンジニアとしての経験と、飛行機製造技術者のアドバイスから、自身で旅行鞄を作ることになる。ケース本体にアルミニウムを用い、砂やほこりを防ぐことができ、かつデザインも優れたハリバートンのケースは評判になる。

1938年、アメリカ・カリフォルニア州バーバンクにハリバートン・ケース社を設立する。

1952年、ゼロコーポレーションの傘下に入る。(もともとゼロコーポレーションはハリバートンの製造を行っていた。)1959年には、ケース名を「ハリバートン」から「ゼロハリバートン」に変更する。

1969年、アポロ11号が人類初の月面着陸に成功したが、そのときに月の石を収納したのがゼロハリバートンのケースだった。その時使用されたモデルは「月面採取標本格納器」というものだった。このことによって、ゼロハリバートンの名が知れ渡ることになる。

日本では大沢商会が代理店で販売していたが、2005年にエースが代理店になる。そして2006年にエースがハリバートンの商標と販売権を取得する。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.zerohalliburton.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ゼロハリバートン取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介