Whitehouse Cox

ホワイトハウスコックス

ブランドのはじまり

1860年、イギリスで創業。

ホワイトハウスコックスについて

「ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)」は1960年にイギリスで創業した老舗レザーグッズブランド。ホワイトハウスとサミュエル・コックスの2人が設立した。

ブライドルレザーを使用した財布や名刺入れなどの革小物、ベルト、バッグなどが有名。

もともと設立当初から1920年代までは乗馬用の鞍など馬具を製造していた。またイギリス軍用の革製品も納品していた。

1930年代からペット用の首輪をはじめ、小さな革小物を製造するようになる。それらの製品には使われることがなかったブライドルレザーを使用した。

1970年代、イギリスの高級百貨店ハロッズのペット用品売り場に来ていたラルフ ローレンが、ホワイトハウスコックスのアイテムを見て、ベルトの製作を依頼。これをラルフ ローレンのブランドで販売したことで、ホワイトハウスコックスの名が知れ渡る。

現在も伝統的な製法で作られるホワイトハウスコックスのレザーグッズは世界中で人気となっている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.whitehouse-cox.co.uk/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ホワイトハウスコックス取り扱い店舗

Data - ホワイトハウスコックスの関連データ

ブランド: ラルフ ローレン

ブランド・デザイナー紹介