MAXIME SIMOENS

マキシム シモアンス

ブランドのはじまり

2009年、自身のブランド「マキシム シモアンス」を設立

マキシム シモアンスについて

「マキシム シモアンス(MAXIME SIMOENS)」は、フランスのファッションブランド。

デザイナーのマキシム・シモアンス(Maxime Simoens)は、パリクチュール組合学校を卒業後、エリー サーブジャンポール・ゴルチエジョン ガリアーノの手掛けるクリスチャン ディオールニコラ・ジェスキエールの手掛けるバレンシアガにて経験を積んできた。

2009年に自身のブランド「マキシム シモアンス」を設立。 2011年1月パリのオートクチュールコレクションにデビュー。同年、レオナールの新クリエイティブ・ディレクターに就任。しかし、2012年4月5日に辞任し、1シーズンのみでレオナールを去ることになった。

若手女優やタレントのメラニー・ロラン、レイチェル・マクアダムスがカンヌ国際映画祭で着用した他、歌手のビヨンセがアルバム「4」のカバーでドレスを着用。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.maximesimoens.com/

ブランド・デザイナー紹介