menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

企画展「旅と想像/創造」東京都庭園美術館で - “旅”をテーマにアール・デコ作品や現代美術を紹介

企画展「旅と想像/創造 いつかあなたの旅になる」が、東京都庭園美術館にて、2022年9月23日(金・祝)から11月27日(日)まで開催される。

「旅」から広がる美術

相川勝「K2を登る」より 2021年 インクジェット・プリント
相川勝「K2を登る」より 2021年 インクジェット・プリント

企画展「旅と想像/創造 いつかあなたの旅になる」は、「旅」をテーマに、1920〜30年代の写真や絵葉書などから、現代作家による作品まで、幅広いジャンルの作品を紹介する展覧会だ。

《朝香宮家旧蔵絵葉書アルバム》 東京都庭園美術館蔵
《朝香宮家旧蔵絵葉書アルバム》 東京都庭園美術館蔵

東京都庭園美術館は、1933年に竣工した旧朝香宮邸を本館として活用している。当時のフランスの流行を反映したアール・デコ建築として今なお親しまれるこの建物の誕生には、朝香宮のヨーロッパ旅行が深く関わっていた。朝香宮は日本を離れて得た旅の記憶を、いわば自邸の装飾へと留めおこうとしたのだった。

宮永愛子《suitcase -key-》2019年 ナフタリン、樹脂、封蝋、ミクストメディア
高松市美術館「宮永愛子:漕法」展示風景 撮影:木奥恵三
宮永愛子《suitcase -key-》2019年 ナフタリン、樹脂、封蝋、ミクストメディア
高松市美術館「宮永愛子:漕法」展示風景 撮影:木奥恵三
©︎MIYANAGA Aiko, Courtesy of Mizuma Art Gallery

本展の前半では、朝香宮のこの旅を中心に、アール・デコ作品や資料を通して紹介。一方、後半では、髙田賢三やさわひらき、福田尚代、宮永愛子など、現代のアーティストの新作やインスタレーションによって、今という時代における旅の在りように光をあててゆく。

展覧会概要

企画展「旅と想像/創造 いつかあなたの旅になる」
会期:2022年9月23日(金・祝)〜11月27日(日)
会場:東京都庭園美術館 本館+新館
住所:東京都港区白金台5-21-9
開館時間:10:00〜18:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(10月10日(月・祝)は開館)、10月11日(火)
入館料:一般 1,400円(1,120円)、大学生(専修・各種専門学校含む) 1,120円(890円)、中学・高校生 700円(560円)、65歳以上 700円(560円)
※オンラインによる日時指定の予約制
※( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神 障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳の所持者とその介護者2名は無料
※内容は変更となる場合あり(最新情報については美術館公式サイトを確認のこと)

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600 (ハローダイヤル)

Photos(4枚)

企画展「旅と想像/創造」東京都庭園美術館で - “旅”をテーマにアール・デコ作品や現代美術を紹介|写真1 企画展「旅と想像/創造」東京都庭園美術館で - “旅”をテーマにアール・デコ作品や現代美術を紹介|写真2 企画展「旅と想像/創造」東京都庭園美術館で - “旅”をテーマにアール・デコ作品や現代美術を紹介|写真3 企画展「旅と想像/創造」東京都庭園美術館で - “旅”をテーマにアール・デコ作品や現代美術を紹介|写真4

Photos(4枚)

企画展「旅と想像/創造」東京都庭園美術館で - “旅”をテーマにアール・デコ作品や現代美術を紹介|写真1 企画展「旅と想像/創造」東京都庭園美術館で - “旅”をテーマにアール・デコ作品や現代美術を紹介|写真2 企画展「旅と想像/創造」東京都庭園美術館で - “旅”をテーマにアール・デコ作品や現代美術を紹介|写真3 企画展「旅と想像/創造」東京都庭園美術館で - “旅”をテーマにアール・デコ作品や現代美術を紹介|写真4

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語