menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

岩合光昭の“野生動物”本格ドキュメンタリー写真展「パンタナール」大迫力な動物作品100点以上

動物写真家・岩合光昭の写真展「PANTANAL パンタナール 清流がつむぐ動物たちの大湿原」が、東京都写真美術館で開催。期間は2022年6月4日(土)から7月10日(日)まで。

“世界最大級の熱帯湿地”パンタナールが舞台

岩合光昭の“野生動物”本格ドキュメンタリー写真展「パンタナール」大迫力な動物作品100点以上|写真1

「PANTANAL パンタナール 清流がつむぐ動物たちの大湿原」は、世界的な動物写真家・岩合光昭による、本格的野生動物のドキュメンタリー写真展だ。これまでも"ネコ”を題材にした映画写真展をはじめ、あらゆる動物にカメラを向けてきた岩合光昭だが、本写真展では南米大陸中央部に位置する“世界最大級の熱帯湿地”パンタナールが舞台に。雨季と乾季でドラマチックな変化を見せるこの大自然で暮らす、多彩な野生動物たちの姿にフィーチャーしている。

“2メートル超え”大迫力な作品も

岩合光昭の“野生動物”本格ドキュメンタリー写真展「パンタナール」大迫力な動物作品100点以上|写真9

岩合がカメラに捉えたのは、ジャガーをはじめ、オオカワウソ、パラグアイカイマン、カピバラ、アメリカバク、オオアリクイといった、普段はなかなかお目にかかれない希少な野生動物たち。大迫力な写真の数々は100点以上にも及び、中には2メートルを超える大サイズの作品も展開される。

悲願の土地での撮影敢行&スペシャルトークも

岩合光昭の“野生動物”本格ドキュメンタリー写真展「パンタナール」大迫力な動物作品100点以上|写真3

なお本州の広さに匹敵するほどの壮大な湿地を誇るパンタナールは、岩合光昭が“いつか訪れたい場所”と長年願っていた思い入れの強い土地。後年になってようやく念願が叶い、2015年から3年半の期間に5回にわたる「パンタナール」撮影取材を敢行したという。会期中はそんな岩合光昭によるスペシャルトークイベントも開催されるので、是非合わせてチェックしてみてほしい。

【詳細】
「PANTANAL パンタナール 清流がつむぐ動物たちの大湿原」
期間:2022年6月4日(土)~7月10日(日)
開館時間:10:00-18:00(木・金は20:00まで) ※入館は閉館30分前まで
休館日:毎週月曜日
場所:東京都写真美術館 地下1階展示室
住所:東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
TEL:03-3280-0099
観覧料:一般800円、学生640円、中高生・65歳以上400円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生、障害者手帳の所持者とその介護者(2名まで)は無料。
※オンラインによる日時指定予約を推奨。詳細はホームページ等を参照。

<関連イベント>
岩合光昭スペシャルトーク
日時:2022年6月25日(土)11:00~/14:00~(各回30分前開場)
会場:東京都写真美術館1階ホール(先着150名)
料金:無料
※トーク終了後にサイン会を実施。
※両回ともに、当日10時より1階総合受付にて整理券を配布。番号順入場、自由席。
※諸般の事情により変更する場合あり。

Photos(10枚)

岩合光昭の“野生動物”本格ドキュメンタリー写真展「パンタナール」大迫力な動物作品100点以上|写真1 岩合光昭の“野生動物”本格ドキュメンタリー写真展「パンタナール」大迫力な動物作品100点以上|写真2 岩合光昭の“野生動物”本格ドキュメンタリー写真展「パンタナール」大迫力な動物作品100点以上|写真3 岩合光昭の“野生動物”本格ドキュメンタリー写真展「パンタナール」大迫力な動物作品100点以上|写真4 岩合光昭の“野生動物”本格ドキュメンタリー写真展「パンタナール」大迫力な動物作品100点以上|写真5 岩合光昭の“野生動物”本格ドキュメンタリー写真展「パンタナール」大迫力な動物作品100点以上|写真6 岩合光昭の“野生動物”本格ドキュメンタリー写真展「パンタナール」大迫力な動物作品100点以上|写真7 岩合光昭の“野生動物”本格ドキュメンタリー写真展「パンタナール」大迫力な動物作品100点以上|写真8 岩合光昭の“野生動物”本格ドキュメンタリー写真展「パンタナール」大迫力な動物作品100点以上|写真9 岩合光昭の“野生動物”本格ドキュメンタリー写真展「パンタナール」大迫力な動物作品100点以上|写真10

Photos(10枚)

キーワードから探す

関連ショップ・スポット