menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『355』女性エージェントが世界を救うスパイ・アクション、ジェシカ・チャステインら集結

映画『355(スリー・ファイブ・ファイブ)』が、2022年2月4日(金)、TOHO シネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

ジェシカ・チャステインやペネロペ・クルスら豪華キャスト

『355』場面カット|写真2

映画『355』は、『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー賞にノミネートされたジェシカ・チャステイン、『それでも夜は明ける』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴ、カンヌ映画祭での受賞歴のあるダイアン・クルーガーとペネロペ・クルス、アジアを代表するファン・ビンビンら豪華キャストが集結したスパイ・アクション大作。

女性エージェントが世界を救うスパイ・アクション

彼女たちが演じるのは、アメリカ、イギリスなどの凄腕エージェント。各国から集結した5人の女性エージェントがライバルからチームとなり、コードネーム「355」を結成。それぞれの才能を駆使して、世界をカオスに陥れるテクノロジーデバイスを利用しようとする国際テロ組織に立ち向かっていく。

<登場人物&キャスト>

『355』場面カット|写真11

メイソン・“メイス”・ブラウン...ジェシカ・チャステイン
ベテラン兵士であると同時に、熟練したCIA諜報員。情熱的で衝動的、乱暴になる傾向がある。目的を達成し、全ての任務を完結するまで彼女を止めることができるものは誰もいない。鋭いユーモアのセンスの持ち主で、フットワークが軽い。マリーにライバル要素を感じている。

『355』場面カット|写真4

マリー...ダイアン・クルーガー
ドイツ版CIAのドイツ連邦情報局(BND)で長年働く諜報員。一匹狼で、誰も信用しない。どんな任務でも、武器を自由に使って、単独で働きたいと考えている。過去にトラウマを抱えている。

『355』場面カット|写真12

ハディージャ...ルピタ・ニョンゴ
極めて有能な天才ハッカーで、スパイの世界に精通している。MI6諜報員の勤務を終えたばかりで、 IT 会社を設立するため諜報の世界をあとにした。

『355』場面カット|写真13

ドクター・グラシエラ...ペネロペ・クルス
コロンビアの諜報組織に所属する優秀な心理学者。鋭い知性と、感情を読み取る能力を持つ。危険な状況に身を置くことを好まず、治療とサポートが本来の役割。戦いに巻き込まれたくないと考えているが、“355”という女性エージェントたちにとって不可欠な存在になっていく。

『355』場面カット|写真14

リン・ミーシェン...ファン・ビンビン
中国政府で働く謎多き女。並外れたコンピュータースキルを持っている。さらに、中国医学にも精通し、高い運動能力を持ったエージェント。チームの一挙一動を監視し、敵か味方かさえも謎に満ちている。

『ジェイソン・ボーン』シリーズの製作チームが贈る

『355』場面カット|写真9

映画『355』を手掛けるのは、『ジェイソン・ボーン』シリーズの製作チーム。監督は『X-MEN:ダーク・フェニックス』のサイモン・キンバーグが担当する。『マッド・マックス怒りのデスロード』『ゴジラ VS コング』を手掛けたトム・ホーケンバーグによる音楽にも注目だ。

Photos(14枚)

『355』場面カット|写真2 『355』場面カット|写真3 『355』場面カット|写真4 『355』場面カット|写真5 『355』場面カット|写真6 『355』場面カット|写真7 『355』場面カット|写真8 『355』場面カット|写真9 『355』場面カット|写真10 『355』場面カット|写真11 『355』場面カット|写真12 『355』場面カット|写真13 『355』場面カット|写真14 『355』場面カット|写真15

Photos(14枚)

キーワードから探す