menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「絵本原画の世界2022展」山梨県立美術館で - 『ぐりとぐら』など、名作絵本の原画354点を展示

特別展「宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022展」が、山梨県立美術館にて、2022年7月16日(土)から8月28日(日)まで開催される。

34作家・354点の絵本原画を展示

山脇百合子『ぐりとぐら』26-27頁原画 宮城県美術館所蔵
山脇百合子『ぐりとぐら』26-27頁原画 宮城県美術館所蔵

「こどものとも」は、子どもたちに上質な美術体験を与える絵本づくりを目指して、福音館書店から1956年に創刊された月刊誌だ。「こどものとも」には、さまざまな芸術分野の第一線で活躍する作家が携わり、『ぐりとぐら』や『はじめてのおつかい』をはじめとする名作絵本が数多く生み出されることになった。

長新太『三びきのライオンのこ』表紙・裏表紙原画 宮城県美術館所蔵
長新太『三びきのライオンのこ』表紙・裏表紙原画 宮城県美術館所蔵

「こどものとも」に絵を寄せた作家は、絵本づくりを重要な表現の場と捉え、思い思いの手法や可能性を試みた。また、そこからは、『ぐりとぐら』を手がけた山脇百合子をはじめ、絵本を主な活動の舞台とする作家も育っていった。

山脇百合子『そらいろのたね』2-3頁原画 宮城県美術館所蔵
山脇百合子『そらいろのたね』2-3頁原画 宮城県美術館所蔵

特別展「宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022展」では、「こどものとも」を語るうえで欠かせない名作絵本を紹介。34作家による354点の原画作品を一挙公開する。また、山梨県立美術館が所蔵するミレーの《種をまく人》にちなんで、山脇百合子『そらいろのたね』も特別出品される。

展覧会概要

特別展「宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022展」
会期:2022年7月16日(土)~8月28日(日)
会場:山梨県立美術館 特別展示室
住所:山梨県甲府市貢川1-4-27
開館時間:9:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
休館日:月曜日(7月18日(月・祝)、8月15日(月)は開館)、7月19日(火)
観覧料:一般 1,000円(840円)、大学生 500円(420円)
※( )内は20名以上の団体料金、県内宿泊者割引料金
※高校生以下の児童・生徒は無料(高校生は生徒手帳を持参)
※県内65歳以上は無料(健康保険証などを持参)
※障害者手帳の持参車および介護者は無料
※展覧会や各イベントは延期または中止となる可能性あり(来館時には美術館ホームページを確認のこと)
※入場制限を実施する場合あり

【問い合わせ先】
山梨県立美術館
TEL:055-228-3322

Photos(7枚)

「絵本原画の世界2022展」山梨県立美術館で - 『ぐりとぐら』など、名作絵本の原画354点を展示|写真1 「絵本原画の世界2022展」山梨県立美術館で - 『ぐりとぐら』など、名作絵本の原画354点を展示|写真2 「絵本原画の世界2022展」山梨県立美術館で - 『ぐりとぐら』など、名作絵本の原画354点を展示|写真3 「絵本原画の世界2022展」山梨県立美術館で - 『ぐりとぐら』など、名作絵本の原画354点を展示|写真4 「絵本原画の世界2022展」山梨県立美術館で - 『ぐりとぐら』など、名作絵本の原画354点を展示|写真5 「絵本原画の世界2022展」山梨県立美術館で - 『ぐりとぐら』など、名作絵本の原画354点を展示|写真6 「絵本原画の世界2022展」山梨県立美術館で - 『ぐりとぐら』など、名作絵本の原画354点を展示|写真7

Photos(7枚)

「絵本原画の世界2022展」山梨県立美術館で - 『ぐりとぐら』など、名作絵本の原画354点を展示|写真1 「絵本原画の世界2022展」山梨県立美術館で - 『ぐりとぐら』など、名作絵本の原画354点を展示|写真2 「絵本原画の世界2022展」山梨県立美術館で - 『ぐりとぐら』など、名作絵本の原画354点を展示|写真3 「絵本原画の世界2022展」山梨県立美術館で - 『ぐりとぐら』など、名作絵本の原画354点を展示|写真4 「絵本原画の世界2022展」山梨県立美術館で - 『ぐりとぐら』など、名作絵本の原画354点を展示|写真5 「絵本原画の世界2022展」山梨県立美術館で - 『ぐりとぐら』など、名作絵本の原画354点を展示|写真6 「絵本原画の世界2022展」山梨県立美術館で - 『ぐりとぐら』など、名作絵本の原画354点を展示|写真7

キーワードから探す

関連ショップ・スポット