menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開

企画展「富山県美術館開館5周年記念 宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022」が、富山県美術館にて、2022年5月28日(土)から7月5日(火)まで開催される。その後、山梨県立美術館に巡回する。

「こどものとも」初期の絵本原画が一堂に

山脇百合子《ぐりとぐら》26-27頁原画 宮城県美術館蔵
1963年12月「こどものとも」93号掲載
山脇百合子《ぐりとぐら》26-27頁原画 宮城県美術館蔵
1963年12月「こどものとも」93号掲載

上質な美術体験を与える絵本づくりを目指して、福音館書店から1956年に創刊された月刊誌「こどものとも」。画家や彫刻家、漫画家など幅広い分野の作家が絵を寄せるなど、優れた月刊絵本として刊行を重ね、『ぐりとぐら』や『はじめてのおつかい』をはじめとする名作絵本を数多く生みだしてきた。

林明子《はじめてのおつかい》表紙・裏表紙原画 宮城県美術館蔵
1976年3月「こどものとも」240号掲載
林明子《はじめてのおつかい》表紙・裏表紙原画 宮城県美術館蔵
1976年3月「こどものとも」240号掲載

企画展「富山県美術館開館5周年記念 宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022」では、宮城県美術館が所蔵する初期の原画コレクションから、山脇百合子や林明子、朝倉摂など、選りすぐりの34作家による約350点の絵本原画を紹介する。

美術表現としての絵本

馬場のぼる《ぴかくんめをまわす》10-11頁原画 宮城県美術館蔵
1960年4月「こどものとも」49号掲載
馬場のぼる《ぴかくんめをまわす》10-11頁原画 宮城県美術館蔵
1960年4月「こどものとも」49号掲載

「こどものとも」に携わった作家は、画家や彫刻家ばかりでなく、商業美術や漫画など幅広い美術・芸術分野を背景に持っており、そこから絵本を軸に活躍する作家も育っていった。また、同誌は作家たちにとって、思い思いの手法や可能性を試す表現の場ともなった。本展の絵本原画は、絵画作品として美術的価値が高いばかりでなく、絵本という文化が広く親しまれるに至る足跡を物語るものだといえる。

絵本原画ならではの魅力を堪能

村山知義《しんせつなともだち》表紙・裏表紙原画 宮城県美術館蔵
1965年4月「こどものとも」109号掲載
村山知義《しんせつなともだち》表紙・裏表紙原画 宮城県美術館蔵
1965年4月「こどものとも」109号掲載

絵本原画は、印刷物としての絵本とは異なり、原画ならではの鮮やかな色彩や質感、技法や画材の組み合わせ、文字をのせるために設けられた余白、そして作家による絵の修正の痕跡などを見てとることができる。会場では、絵本原画をとおして絵本ができあがるまでの過程を垣間見ることができるだろう。

富山県美術館所蔵の作家による絵本原画も

池田龍雄《ろくとはちのぼうけん》18-19頁原画 宮城県美術館蔵
1958年8月「こどものとも」29号掲載
池田龍雄《ろくとはちのぼうけん》18-19頁原画 宮城県美術館蔵
1958年8月「こどものとも」29号掲載

本展では、富山県美術館も作品を所蔵している、日本画家の秋野不矩(あきのふく)や洋画家の池田龍雄(いけだたつお)、彫刻家の佐藤忠良(さとうちゅうりょう)などによる絵本原画も展示。絵画や彫刻にはとどまらない、彼らの創作活動の一端にふれることができる。

また、TADギャラリーで「START☆2022」を同時開催するなど、会期中は美術館全体を「まるごとTADこども美術館」として、子ども向けイベントも多数開催する。

展覧会概要

企画展「富山県美術館開館5周年記念 宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022」
会期:2022年5月28日(土)〜7月5日(火)
会場:富山県美術館 2階展示室2・3・4
住所:富山県富山市木場町3-20
開館時間:9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:水曜日
観覧料:前売一般 700円、当日一般 900円(700円)、大学生 450円(350円)、高校生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金
※一般前売券は、5月27日(金)まで、富山県美術館、富山県水墨美術館、アーツナビにて販売

■出品作家
堀文子、松下紀久雄、山中春雄、太田大八、渡辺三郎、竹山博、朝倉摂、太田忠、池田龍雄、村田道紀、馬場のぼる、長新太、山本忠敬、串田孫一、山田三郎、三好碵也、土方久功、クロード岡本、山脇百合子、中谷千代子、村山知義、小野かおる、吉井忠、寺島龍一、水四澄子、中谷貞彦、齋藤眞成、佐藤忠良、秋野不矩、西巻茅子、なかのひろたか、林明子、矢吹申彦、小出保子

■巡回情報
・新潟市美術館
会期:2022年4月9日(土)~5月22日(日)
住所:新潟県新潟市中央区西大畑町5191-9
山梨県立美術館
会期:2022年年7月16日(土)~8月28日(日)
住所:山梨県甲府市貢川1-4-27
・宮城県美術館〈終了〉
会期:2022年2月5日(土)~3月27日(日) ただし2022年3月16日(水)の地震に伴う休館のため、会期途中で中止
住所:宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1

【問い合わせ先】
富山県美術館
TEL:076-431-2711

Photos(13枚)

企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真1 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真2 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真3 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真4 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真5 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真6 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真7 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真8 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真9 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真10 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真11 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真12 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真13

Photos(13枚)

企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真1 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真2 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真3 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真4 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真5 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真6 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真7 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真8 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真9 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真10 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真11 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真12 企画展「絵本原画の世界2022」富山県美術館で -『ぐりとぐら』など、絵本原画約350点を一挙公開|写真13

キーワードから探す

関連ショップ・スポット